« オオベンケイソウとヒダカミセバヤの若芽 | トップページ | ビンズイにリベンジ »

2008/02/19

イタチに会いました

今日は天気もよし、風もあまり強くないので、少し遠い高崎地先の稲荷川の川辺を鳥身散歩しました。散歩をしてまもなく、ふと川岸に繁った草薮を見たら、黄色い動物がじっとしているのに気がつきました。最初は、タヌキかなと思いましたが、周囲の状況からイタチに違いないと思い、しばらく様子を見ました。

Do_01itachiinarigawas1080219007003
↑ 川岸の、枯れた草薮の穴の出入り口にいました。

Do_01itachiinarigawas2080219007002
↑ 巣穴でしょうか、出入りできます。

Do_01itachiinarigawas2080219012003
↑尾の長さが体長の半分を超えないので、チョウセンイタチではなくニホンイタチと判定できます。

Do_01itachiinarigawas3080219022002
↑ ちょっと、上を警戒しました。用心深いですね。

Do_01itachiinarigawas5080219019002
↑ 顔は可愛らしいですが、見かけによらず獰猛な肉食獣で、かっては農家の鶏小屋荒らしの害獣として恐れられた。周りに散らばっている黒いものは、このイタチのウンチでしようか? とすると、このイタチ、この辺を根城として生活しているのかも知れません。


|

« オオベンケイソウとヒダカミセバヤの若芽 | トップページ | ビンズイにリベンジ »

動物」カテゴリの記事

コメント

イタチですか!
川辺の草薮が棲家なのですか?
TVでしか見たこと無いのでビックリしました。
最後の写真、かわいいお顔ですネ♪
フェレットに似ていますネ

投稿: orenge | 2008/02/19 22:44

イタチがいたんですか!
私はまだ遭った事がありません。
近所で外来のハクビシンの目撃情報がありますので、
在来種の彼らが駆逐されないよう、祈るばかりです。

風邪が思いのほか長引いてしまい、
10日以上鳥見には行っていません。
ベニマシコはまだいるのでしょうか?
ちょっと気になっているのは、見間違いかもしれませんが、
カシラダカの群れの近くに、
ミヤマホウジロのように見える一羽がいたことです。
見かけてはいらっしゃいませんか?

投稿: kyara-mama | 2008/02/19 23:14

おはようございます。
肉食性のイタチがまだ生息しているということは、
まだまだ自然が豊かということですね。
わが家の近所でも昔は見ることができましたが、
今はタヌキすらなかなか見ることはできなくなりました。

投稿: どてかぼちゃ | 2008/02/20 05:56

おはようございます、
子供の頃、母が飼っていた鶏が
いたちの被害に遭ったと嘆いていたのを
思い出しました。
でもいたちを見たことがありません。
可愛いですね。

投稿: mico | 2008/02/20 07:39

orenge さん、お早うございます。
そーですよー イタチがいたのですよ~
川辺の草薮に巣を構えているようです。
魚は獲れるし、鳥達も集まってくるので、ここを棲みかとしたようです。

投稿: ぴょんぴょん | 2008/02/20 08:46

kyara-mamaさん、お早うございます。
この川に、思いがけない野生動物イタチが棲んでいることを知り、ビックリしました。
ご存知のように、この川は両岸がコンコリートブロックで護岸工事されているので、川岸には中・大型の動物は棲めないと思っていました。
ところが、どっこいイタチさん、河床にできた陸地部分に草が生えたり塵が溜まったりしてできた藪をうまく利用して生活の根拠地としたようですね。枝に、流水物が引っかかっている高さを見ると、洪水時には、水をかぶってしまうようなところですね。そのときは、どこかに逃げるのでしょうか。
ところで、お風邪を召されたようで、無理をしないよう、お身体、大事にしてください。
ベニマシコちゃんには、嫌われているようで、チラッと姿を見るだけで逃げられてしまっています。カシラダカの群れにミヤマホウジロのように見える一羽がいたのですか。今回もカシラダカの群れを観察しましたが、シメが群れの中にいるのには気がつきましたが、ミヤマホウジロには気がつきませんでした。今度は、もう少し注意して観察してみます。ほかに、ビンズイ、ヤマガラ、ルリビタキ(♀?若?)、カワセミなどに会いました。写真がイマイチなので、ボツになるかも知れませんが、できるだけUPしようと思っています。

投稿: ぴょんぴょん | 2008/02/20 09:27

どてかぼちゃ さん、お早うございます。
イタチが、まだこの辺りに生存していることを知りビックリしました。水はかなり汚れてきていますが、魚やザリガニなどがいるのでこれらを餌にしていると思われます。また、バンなどの水鳥も目撃しているので、野鳥達も捕まえて餌にしているかと思います。

投稿: ぴょんぴょん | 2008/02/20 09:36

mico さん、お早うございます。
むかし、多くの農家が鶏を飼っていたころ、飼っていた鶏の殆どが1晩のうちにイタチにかみ殺されてしまうというで、イタチは恐ろしがられ、憎まれていたようですね。
そんなことで、イタチという動物は怖いという印象を持っていたのですが、顔を見ると可愛らしいので、なんだか憎めなくなってしまいますね。

投稿: ぴょんぴょん | 2008/02/20 09:53

いたちをゲットされたとは凄い。私は野生の実物を見たことがありません。
見ることはできても写真に残すことは大変ですね。
いたちの表情も良く撮れているし全身が入っていて記録写真としてもいいですね。
いたちが野鳥の天敵と聞くと嫌いになりますが、自然の食物連鎖と考えれば仕方ないですね。

投稿: taka | 2008/02/20 20:09

わ~、イタチ君、バッチリ撮れましたね。
こうやって見ていると、とてもかわいいのですが、鳥たちには大変怖い存在ですね。
こちらの川原でも見かけました。あまり、住み心地良くないと思うのですが、うまく隠れてすんでいるのですね。

投稿: ジュリジュリ | 2008/02/26 00:19

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65909/40186684

この記事へのトラックバック一覧です: イタチに会いました:

« オオベンケイソウとヒダカミセバヤの若芽 | トップページ | ビンズイにリベンジ »