« 梅、ムクドリ、菜の花 | トップページ | クモマグサ(雲間草) »

2008/02/24

イソシギとカワセミ

蓮沼川沿いの散歩で、昨日(2月23日)はイソシギに出会いました。イソシギは昨年(2007/02/07 UP)、この川で初めて見て、メダイチドリかと思ったのですが、ボンドさんのご教示で、イソシギであることが判りました。

To_01isosigihasunuma01080222001003
↑ イソシギ:チドリ目シギ科。日本(北海道、本州、四国)の河川中流の河川敷きや湖沼畔の草地で営巣・繁殖するそうです。

To_01isosigihasunuma01080223002001
↑ イソシギは海鳥で、海岸や干潟にばかり住んでいるのかと思ったら、かなり内陸部まで入り込んで生活する鳥であることをこのとき知りました。

↓ イソシギに出会ったすぐ近くで、カワセミも生活しているらしいことも知りました。しかし、川のこの場所は最近護岸工事が行われ、カワセミたちの野鳥にとっては必ずしも棲みよい環境になったとは言えなくなりました。

To_01kawasemihasunuma01080222003003
↑ 新しく造られた護岸の石ブロックに止まったカワセミ:身を隠す草や木がないので、石ブロックに生えた1本の枯れた雑草を楯にして止まりました。

|

« 梅、ムクドリ、菜の花 | トップページ | クモマグサ(雲間草) »

野鳥」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。
美しいカワセミのステージとしては、
実に不粋な護岸ブロックですね。
最近は、生態系の保護を意識した
護岸工事をするところが増えているのに…。
カワセミが細い枯れ草を楯にしている姿が、
実に痛々しいというか、健気ですね。

投稿: どてかぼちゃ | 2008/02/24 19:25

どてかぼちゃさん、今晩は!
自然の河川も、人間の活動が活発化してゆくと次第に護岸工事などもせざるを得なくなるようです。従来は、護岸工事もコンクリート壁やコンクリートブロック工事一点張りでしたが、この石詰の護岸ブロックは、2~3年経つと雑草が生えて、虫や小動物が生息し、野鳥たちの隠れや家になることも期待して工事が進められたように見えます。そのようなわけで、この石詰めブロックの護岸は、自然堤防よりは劣るが、今までのコンクリートブロックの護岸よりは生物の生活にとってやさしいかな~と思っています。でも、今は雑草もあまり生えていない丸裸の石がむき出しで、ここ1~2年は、生物たちにとって棲み心地のよいところとはなっていないようですね。

投稿: ぴょんぴょん | 2008/02/24 20:59

こんばんは。
護岸工事で ずいぶん味気ない川になってしまいますね。
護岸した後 自然の形に近づけて復旧させるのが主流ではないのかな。
ここにいる鳥たちにとっては 住み心地悪くなりそうですね。
それでもカワセミが生活してるのですね、またちょくちょく見られますね♪

これが イソシギなんですね。
movie同名の映画があったのを思い出しました。ストーリーなどすっかり忘れていますが・・・(^^ゞ

投稿: zucca | 2008/02/24 21:53

zucca さん、お早うございます。
イソシギは昨年と、ほぼ同じ場所で会いました。ひょっとすると、昨年と同じ鳥かもしれません。夏は、どこに行くのか知りませんが、姿は見かけません。
カワセミさんは、うまく生活して行けるるのか、これから見守っていこうと思っています。

投稿: ぴょんぴょん | 2008/02/25 10:22

イソシギとカワセミをゲットされましたね。
カワセミは意外に人工物にとまるのが好きですね。水門とか弁のハンドルなんかに好んでとまります。それだけ都会の鳥になっていると言うことでしょうか。小魚が居れば食糧には困らないと思いますが、いつも疑問に思うのは巣穴を作る土の崖はどこにあるのだろうということなんです。カワセミ池の近くでそんな環境は見当たりませんのでかなり遠くから出勤しているのでしょうか。

投稿: taka | 2008/02/25 21:17

こんばんは!
イソシギは、こちらの川原でも、良く見かけます。でも、遠くて、なかなか写真には撮れません。尾を上下に振る様はセキレイみたいで、かわいいですね。
護岸壁にカワセミは似合いませんね。かわいそうな気がします。これでは巣穴が掘れないけど、カワセミのための穴とかも作られているのでしょうか。
こちらにもカワセミがいます。浅く広い川で、巣作りによさそうな土の壁は見当たりません。繁殖しているのか気になるところです。

投稿: ジュリジュリ | 2008/02/25 23:31

イソシギ・・・映画はよく覚えていませんが、
テーマ曲は有名ですよね。
コチドリより、ちょっとスマートな感じがする鳥ですね。
2枚目の写真、足の踏み出し具合がいいですね~。
身を乗り出して、エサを探しているのでしょうか。

今年はシメが多いなと思っていたら、
今日遂にうちにも来てくれました!
うれしくて、ヒマワリを奮発してしまいましたhappy02

投稿: kyara-mama | 2008/02/28 09:29

 ぴょんぴょんさん、お久しぶりです。こちらのブログ、殺伐とした世の中で、清涼剤とさせていただいています。
 私も自然観察のブログを作ろうと思っていましたが、身の回りにいろいろなトラブルが起きて、なかなかそういう気になりません。それに、嫌がらせのコメント対策が大変そうで…。
 一般の方の自然観察のブログとして良いと思います。がんばってください。

投稿: ボンド | 2008/03/06 07:10

ボンドさん、お早うございます。
ご無沙汰しております。昨年は、このイソシギの名前のご教示、有難うございました。今年も昨年見たところの少々下流の方ですが、イソシギの姿が見られました。昨年と同じイソシギでしたら、1年ぶりの再会ですので嬉しいですね。
ブログ、少々体調を崩して休みましたが、元気ですのでお安心ください。またいろいろな花や鳥たちを撮り続けますのでよろしくお願いします。

投稿: ぴょんぴょん | 2008/03/06 10:15

taka さん、今日は!
ちょっと体調を崩して、ブログを休みました。ご返事送れてごめんなさい。もう大丈夫です。
カワセミは、4kmくらいの流路区間で、2羽目撃しました。オスかメスか区別が付きませんが、今のところはそれぞれの流路区間を縄張りとして住み分けているように見えますが、詳しい生態は不明です。しばらくウオッチングを続けようかと思っています。
 

投稿: ぴょんぴょん | 2008/03/07 17:38

ジュリジュリ さん、今日は!
ご返事、遅くなってごめんなさい。
カワセミの川は、その後まだ行っていませんが、
護岸工事されてところと、土の土手になっているところがあるので、カワセミさん、護岸工事のところを餌場にして、巣造りは土手でするかも知れませんね。注意して観察してみます。

投稿: ぴょんぴょん | 2008/03/07 17:47

kyara-mama さん、今日は!
イソシギさん、今年もほぼ同じところに来ていました。
来年も着てくれるといいなと祈っています。
シメさん、訪ねてきてくれましたか。良かったですね。
顔の表情が面白いので、いつも見入っています。

投稿: ぴょんぴょん | 2008/03/07 17:54

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65909/40241397

この記事へのトラックバック一覧です: イソシギとカワセミ:

« 梅、ムクドリ、菜の花 | トップページ | クモマグサ(雲間草) »