« アオサギのコロニー | トップページ | 梅にヒヨドリ、ムスカリと蕗の薹 »

2008/03/15

シンビジウム、タシギ

待ちに待ったシンビジウムが13日にようやく咲き出しました(蕾は2月10にUP)。昨年は2月9日に開花(2007/02/12 UP)したので、昨年より約1カ月遅れの開花です。しかし、1昨年の開花(2006/03/31 UP)より は、1週間ほど早い開花なので、我が家では、まあ順当な開花であるというべきでしょうか。

To_01jyobitaki080315002002
↑ シンビジウム(Cymbidium spp.):ラン科。 多年草。 原産地:インド、東南アジア、オセニア、中国、日本。本種はこれらのいくつかの原種を交配して作出された園芸品種。

To_01jyobitaki080315010002To_01jyobitaki080315016002_2
........................................................................................................................................................
↑ 開花が遅くても毎年元気に咲いてくれるので、嬉しいです。

To_01jyobitaki080315005002
↑ 2番花は未だつぼみです。あまり、遅くまで咲かすと、来年の開花に影響するので、4月に入ったら切花にして楽しもうと思っています。

T市の街中を流れる水路(排水路化した灌漑排水水路?)をふと覗くと、河床に何か餌を探している鳥がいるのに気がつきました。
嘴が長いので、シギであることは分かりましたが、それ以上のことはわかりませんでした。家に帰って図鑑やブログで調べた結果、タシギと判定しました。いかがでしょう。この小川はかっては清冷な水が流れていたと思われるが、現在は都市化の進んだ市街地を貫流するため、河床には空き缶やビニール類などが散乱しており、川水も大分汚れています。何とかならないでしょうか、野鳥がここを生活の場とするには少々可愛そうな気がします(2008/03/05 撮影)。

To_01tasigi080315001001

|

« アオサギのコロニー | トップページ | 梅にヒヨドリ、ムスカリと蕗の薹 »

ガーデニング」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

野鳥」カテゴリの記事

コメント

こんばんは
シンビジウムの開花、羨ましいです。
素敵な花色ですね。
我が家のは今年は咲きすになくてがっかりです。
去年遅くまで花をつけていたからでしょうね。

タシギ初めてです、
くちばしが随分長いですね。
河川の汚れ、かわいそうですね。

投稿: mico | 2008/03/15 20:24

こんばんは。
優しい色のシンビジウムですね。
蕾も沢山ついていて楽しみ!
実家にあったシンビジウムの鉢を友人にあげて面倒を見てもらっています。
黄色の花びらにオレンジ色のリップでしたが、もう咲いてるかもしれませんね。

タシギ 初めてです。
長い嘴ですね~。
環境が変わってもたくましく生き抜いているのですね。

投稿: zucca | 2008/03/15 21:49

ぴょんぴょんさんは毎年シンビジウムを美しく咲かせていらっしゃいますね。
一度枯らしてしまってから育てていなかったのですが、
この冬名前と香りに負けて一鉢買ってしまいました。
来春「プレアデス」のごとく花を咲かせられますかどうかsweat02

今日、実験植物園に行ってまいりました。
「ミニラン展」(23日まで)をやっていて、
先日世界ラン展で大賞を取ったランが展示されていました。
ヒスイカズラと福寿草が満開でしたよ!

投稿: kyara-mama | 2008/03/15 23:00

こんばんは
優しい花色のシンピジウムですネ♪
去年は暖冬だったせいか、いろいろな花の開花が早かったですよね。
去年株分けして花芽もついた株を頂いたのですが、花芽が枯れてしまいました~(~_~;)
どうも、ラン科のお花とは縁が無いようで寂しいです。
勉強不足ですネ(^^ゞ

投稿: orenge | 2008/03/16 00:00

mico さん、お早うございます。
今年はmico さんのおうちのシンビジウム、お花をパスしてしまいましたか。でも、株は元気のようですので、今年はゆっくり休養させてください。来年の開花を期待しています。
田んぼに野鳥が食べられるような生物が減ってしまって、食肉性水鳥たちは餌探しに苦労しているようです。

投稿: ぴょんぴょん | 2008/03/16 06:51

zucca さん、お早うございます。
シンビジウム、素人の温室なしの、居室を利用した無加温栽培ですので、開花はどうしても遅れがちになります。お正月の開花には間に合いませんので、市場価値はありませんが、個人的に花を楽しむには十分だと思って、この子の気の向くまま花を咲かせています。でも、4月に入ったら、来年の開花のことを考えて、切花として切ってしまうのはちょっとつらいところもありますね。

投稿: ぴょんぴょん | 2008/03/16 07:02

kyara-mama さん、お早うございます!
シンビジウムをお迎えしましたか。お仲間が増えて嬉しいですね。コツさえ会得すれは、比較的育てやすい植物かと思います。うまくすれば株分けして増やすこともできますし、来年のお花を期待しています。
実験植物園の「ミニラン展」(23日まで)知りませんでした。
世界ラン展で大賞を取った方は、地元のお医者さんですね。身近に住んでおられる方が大賞をとられて嬉しく思っています。「大賞を取ったラン」が展示されているのですか。東京の「世界ラン展」には行けなかったので、「ミニラン展」には早速、出かけてみたいと思っています。情報、どうも有難うございました。

投稿: ぴょんぴょん | 2008/03/16 07:28

orenge さん、お早うございます!
ランは、暖かいところが好きなので、冬場は温室がないとつらいかも知れませんね。我が家も温室がないので、冬場は室内に取り込んでいますが、保温には苦労しています。我が家は、冬のシンビちゃんは、花の咲き出すまでは、部屋の最も日当たりの良い特等席に置いて、人間様より上の貴賓客待遇です(笑)。

投稿: ぴょんぴょん | 2008/03/16 07:56

優しいきれいな色のシンビジウムですね。
昔、実家で、いただいたシンビを育てていましたが、ついに咲かせたことはなかったと記憶しています。葉っぱばかり育ていたようです。ランは難しいそうですね。
タシギ、かわいくバッチリ撮れましたね。背中の模様もきれいです。以前葛西臨海公園で見たことあるのですが、改めて、嘴の長い子だなって思いました。こちらでは、見たことがありません。
そちらの川も、ゴミで汚されているのですね。こちらの武庫川も、悲しいくらいゴミだらけです。そんなゴミをセグロカモメがあさっていました。何とかしたいものです。

投稿: ジュリジュリ | 2008/03/18 21:14

ジュリジュリさん、今日は
気が付くのが、大分遅れてごめんなさい。
かつては、農業用灌漑水路だったと思われますが、都市化の進展とともに、排水路化してしまったのですね。
この水路、その後、2009年に市が大掃除をして綺麗になりました。そして2010年に再び、タシギに会うことができました。このタシギが、↑ のタシギと同じタシギだと嬉しいのですが・・・。見定める術がありません。

投稿: ぴょんぴょん | 2010/03/01 14:14

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65909/40507232

この記事へのトラックバック一覧です: シンビジウム、タシギ:

« アオサギのコロニー | トップページ | 梅にヒヨドリ、ムスカリと蕗の薹 »