« ヤマボウシの花 | トップページ | カンボク(肝木)の花 »

2008/05/14

ミズキ

ミズキは、階段状(輪生状)に枝が広がって伸びてゆき、その先に白い花を層状に咲かせるという特徴を持っています。
ですから、遠くからでもミズキの花は見分けがつき易い。そして、近くによって見て「やっぱり、ミズキでした」と嬉しく思ったことはありませんか?

Ha_01mizukis1080509001001ミズキ:ミズキ科ミズキ属。
落葉高木。 
花期:4~6月。
俗に「ダンダンの木」とも言っています。 

Ha_01mizukis1080509002001段々畑のように白い花を咲かせています。 
花弁は4枚で、果実は熟すと黒色になる。
東北地方では材は「こけし」や「独楽」などに使われています。

Ha_01mizukis1080509003001似たような花にガマズミ(スイカズラ科)があるが、ガマズミの花は花弁が5枚で、果実は赤色になるので区別がつく。

|

« ヤマボウシの花 | トップページ | カンボク(肝木)の花 »

樹木」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

ミズキの満開は目を惹きそうですね。
出合って見たくなりました。

投稿: mico | 2008/05/14 14:16

micoさんお早うございます。
ミズキの花が咲き出すと、初夏の香りが漂ってきます。
段々になった白い花と、葉に深く刻まれた葉脈の筋が目に鮮やかで印象的です。

投稿: ぴょんぴょん | 2008/05/15 05:45

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65909/41202341

この記事へのトラックバック一覧です: ミズキ:

« ヤマボウシの花 | トップページ | カンボク(肝木)の花 »