« ニシキウツギ | トップページ | カンパニュラ・メディウム(風鈴草) »

2008/05/25

ジャックマニー・ビオラ

ジャックマニー・ビオラ(Jackmanii ' Viola')が咲きだしました。うつむいて咲くので梅雨も凌ぐことができます。花は、黄色いシベ(蕊)と濃い紫の花弁が鮮やかです。

Ha_01clemaviola0805250200s2
↑ クレマチス・ジャックマニー・ビオラ:うつむいて咲くが雨に打たれ強い。中国析江省原産のラヌギノーサ種とビセチラ種を交配の親として作出されたジャックマニー系です。別名:ビチセラ・ビオラ(viticella 'Viola')と呼ばれることもある。(2008/05/25 撮影)

Ha_01clemaviola0805220010s2Ha_01clemaviola0805220290s2
...................................................................................................................................................
↑ 晴天時の’ビオラ’。6弁の剣弁花を咲かせます。蕊は黄色い。(2008/05/22 撮影)

Ha_01clemaviola080525007002Ha_01clemaviola0805250140s2
.........................................................................................................................................................
↑ 雨天時の’ビオラ’(2008/05/25 撮影)。晴天と雨天では、花の裏側の色合いが微妙に変化します。 

Ha_01clemaviolaad0805250010s2Ha_01clemaviolaad0805250040s2
....................................................................................................................................................
↑ 咲き始めの’ビオラ’(2008/05/25 撮影)。

Ha_01clemaviolaad0805250110s2Ha_01clemaviolaad0805250160s2
....................................................................................................................................................
↑ 開花寸前のつぼみ。 ラヌギノーサ系のクレマチスは、弱剪定をすると花数は少ないが、大輪の花をすぐ咲かす。強剪定をすると、花の咲くのは遅くなるが、小さな花を沢山咲かせるので、好みに応じて剪定の仕方を変え、花を楽しむことができる。


|

« ニシキウツギ | トップページ | カンパニュラ・メディウム(風鈴草) »

ガーデニング」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

たくさんのクレマチスを育てていらして感心しています。

投稿: mico | 2008/05/25 16:14

こんにちはhappy01
クレマチスは ホントに沢山種類があるのですね。
色も形も様々でバラエティに富んでいますね。
きょう ハンショウヅルの記事をアップし、ぴょんぴょんさんの記事にリンクさせていただきました。
事後報告で済みませんが、よろしくお願いします。

昨日のNHK趣味の園芸はクレマチスの放送でした。
クレマチスはかなり短く剪定しても大丈夫なんですね、ビックリでした。

投稿: zucca | 2008/05/26 11:28

mico さん、今日は!
早咲きのクレマチスが一段落して、遅咲きのクレマチスを楽しんでいます。

投稿: ぴょんぴょん | 2008/05/26 17:32

zucca さん、今日は!
クレマチスは、あまり世話を焼かせずに育ってくれて、綺麗な花を咲かせてくれるので、私の好きな花の一つです。
ハンショウヅル、リンクどうも有り難うございました。zucca さんのおなじみの林は、自然が一杯残っていて本当にすばらしいですね。そういう里山をいつまでも残しておきたいですね。

投稿: ぴょんぴょん | 2008/05/26 17:52

いろいろな花がどんどん咲いてお庭が楽しそうです。
クレマチスも種類が豊富ですね。
お花の裏側の色が、天気によって変わるとは面白いですね。
雨がやむと、また、元の色に戻るのですか。
何が原因なのでしょう?
また剪定で花数が調整できるのも面白いですね。クレマチスの剪定は難しいと思っていたのですが・・・

投稿: ジュリジュリ | 2008/05/26 18:34

ぴょんぴょんさんのお庭もクレマチスが増えましたネ
鮮やかな色が映えますねぇ
ビオラ?と思って読んでいくうちに、クレマチスのビオラだったのですネ
ホントにクレマチスも種類が多いです。

↓ニシキウツギ、先日散歩先で見ました。
ピンクと白い花が咲いてて不思議に思っていたところでした。

投稿: orenge | 2008/05/27 00:06

ジュリジュリさん、お早うございます。
遅咲きのクレマチス・ジャックマニー・ビオラが咲きだしました。

<お花の裏側の色が、天気によって変わるとは面白いですね。
雨がやむと、また、元の色に戻るのですか。
何が原因なのでしょう?

ギャー・・・大変難しい、質問ですね。

以下、天気による、花の色の変わる考察です・・・
このビオラは、園芸種ですが、原種の性質を色濃く残しているように見えます。花弁のように見える花びらは、実はガク(顎)片だそうで、このビオラの花弁状のガク片の表面は鏡面のように滑々ではなく、細かい毛(?)のようなものが沢山生えたビロードのような面になっています。その為でしょうか、雨に濡れるとその表面が変化し、光の入る角度と、見る方の角度の違いによって微妙に色が変わって見えます。天気になり、花の表面が乾くと、また元の色になります。以上は、植物の専門家でない私の観察による色変化の考察で、独断と偏見で検証はしていませんので、そのまま信じられないようお願いしますcoldsweats01

投稿: ぴょんぴょん | 2008/05/27 07:08

orenge さん、お早うございます。
この、スミレ色のクレマチス・ビオラは、上を向いて咲いてくれませんが、晴れた日は蕊の黄色とすみれ色の花びら(正確には花弁状のガク片だそうですが)が冴えます。
orenge さんのお庭も、クレマチスが増えてきて、にぎやかになりましたね。また、時々お伺いします。

投稿: ぴょんぴょん | 2008/05/27 07:24

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65909/41312923

この記事へのトラックバック一覧です: ジャックマニー・ビオラ:

« ニシキウツギ | トップページ | カンパニュラ・メディウム(風鈴草) »