« オステオスペルマム・ザイール・バリエガータと空豆 | トップページ | センダンの花 »

2008/05/31

スカシユリ

初夏の花、スカシユリ(透かし百合)が、小雨に濡れて咲きました。普通の百合と違って、この子は、雨にもめげず上を向いて花を咲かせます。

Ha_01sukashiyuri080530002002
↑ スカシユリ:ユリ科ユリ属。 多年草(球根植物)。 原産地:東アジア。
6枚の花びらをもち、その花びらの間に隙間ができて透かして見えるので「スカシユリ」と呼ばれるようになった。

Ha_01sukashiyuri080530007002Ha_01sukashiyuri080530010002
------------------------------------------------------
↑ しかし、6枚の花びらはすべてが花弁ではなく、そのうちの内側にあるのが本当の花弁で、外側にある3枚はガク(顎)片であることを最近知りました。このことを手がかりに、花をもう一度見直すと、
:手前真ん中の花びらは「花弁」、左右の花びらは、外側についているので「ガク片」と判定できます。 :手前、左の花びらは「花弁」、右側の花びらは「ガク片」と判定できます。

Ha_01sukashiyuric080531004002
↑ 横から眺めたところです。真ん中の花びらが「花弁」、その左右の花びらが「ガク片」で、花弁とガク片が交互に並んでいる。

Ha_01sukashiyuric080531001002
↑ 花の基部を拡大したところです。真ん中の花びらが「花弁」、その左右の花びらが「ガク片」です。ガク(顎)は、本来、花を保護する役割を持つ器官だそうですが、ここでは花の一部としても重要な役割を演じているのですね。


|

« オステオスペルマム・ザイール・バリエガータと空豆 | トップページ | センダンの花 »

ガーデニング」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

同じ花色のスカシユリがお向かいでも咲いています。素敵な花ですね。
いろいろ勉強になりました。

投稿: mico | 2008/05/31 13:09

mico さん、お早うございます。
スカシユリも黄色がかったオレンジ色のものや、白にピンク色の混じったものなど、いろいろな園芸品種が作られていますね。我が家のは、ごらんのように赤味の強いオレンジ色ですが、大変丈夫で健康優良児です。

投稿: ぴょんぴょん | 2008/06/01 05:56

全部が花弁ではなかったんですね~
自然のなせる業ってすごいものがありますね。
驚きました!!ありがとうございます!

投稿: minigarden | 2008/06/02 10:46

minigarden さん、今日は
< 全部が花弁ではなかったんですね~
私も、今まで、全部花弁だと思っていたのですが、そうではないということをブログの検索で知りました。
ブログの皆様たちのお陰です。

投稿: ぴょんぴょん | 2008/06/03 11:43

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65909/41377284

この記事へのトラックバック一覧です: スカシユリ:

« オステオスペルマム・ザイール・バリエガータと空豆 | トップページ | センダンの花 »