« ギボウシ(擬宝珠) | トップページ | クチナシ(梔子)が咲き始めました。 »

2008/06/24

セイヨウノコギリソウ

このセイヨウノコギリソウ(西洋鋸草)も、わが家の常連の花ですが、今年は、昨年(2007/07/17 UP)、先一昨年(2005/07/22 UP)に比べて大分早く開花しました。

Ha_01nokogirisou01080623002002
↑ セイヨウノコギリソウ:キク科ノコギリソウ属。 多年草。 原産地:北アメリカ、」ヨーロッパ。 花期:6~9月。
学名 : Achillea millefolium. 英名:ヤロ(Yarrow)
茎の先端に、散房状に小さな花を密集させて咲きます。わが家のは赤花ですが、このほかに、桃、橙、黄、白花などかある。

Ha_01nokogirisou01080623005002 Ha_01nokogirisou01080623026002
---------------------------------------------------------------

↑ セイヨウノコギリソウの葉は、2回羽状複葉に細裂する。これに対して、日本在来の「ノコギリソウ」は、葉の周辺が羽状に刻まれるた鋸歯があるのみで、2~3回羽状にはなっていない。

|

« ギボウシ(擬宝珠) | トップページ | クチナシ(梔子)が咲き始めました。 »

ガーデニング」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

おはようございます、
今年の開花は随分早いですね。
こちらでも見かけるようになりました。

投稿: mico | 2008/06/25 06:17

ぴょんぴょんさんのお花は赤いのですね。
うちは白花です。
やはり咲きだしていますよ^^
薬効のあるハーブということで植えたのですが、
結局花を見ているだけです。

投稿: kyara-mama | 2008/06/25 22:44

mico さん、お早うございます。
セイヨウノコギリソウはヨーロッパでは、古くから知られた植物のようですね。

投稿: ぴょんぴょん | 2008/06/26 06:32

kyara-mama さん、お早うございます。
ノコギリソウ属のAchilleaは、ギリシャ神話の英雄アキレスに由来しているそうですね。そして、抗炎症、外出血、内出血を抑える効果がある薬草~ハーブとして古くから知られていたのですね。昔の人は、植物をいろいろ利用して偉いですね。
でも、花も綺麗で、心を楽しませてくれますね。

投稿: ぴょんぴょん | 2008/06/26 06:59

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65909/41637576

この記事へのトラックバック一覧です: セイヨウノコギリソウ:

« ギボウシ(擬宝珠) | トップページ | クチナシ(梔子)が咲き始めました。 »