« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »

2008年7月の記事

2008/07/31

オシロイバナ

わが家の常連さんのオシロイバナが花を咲かせました。昼間の熱気がおさまり、ようやく涼しくなった夕闇の庭に風情を与えてくれます。

Ha02oshiroibana080726007003
↑ ようやく夕方咲き出したところを撮りました。(2008/07/26 19:16 撮影:フラッシュ使用)


Ha02oshiroibana080726003002 Ha_01oshiroibana01080722009001

----------------------------------------------------------
↑ 左:夕方に咲き出し   右:昼間は萎んでしまいますね。

オシロイバナ:オシロイバナ科オシロイバナ属。 多年草(非耐寒性1年草)。 原産地:熱帯アメリカ、中南米。
日本には、江戸時代初期に渡来。 和名:白粉花。 別名:夕化粧。 英語名:four o'clock

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008/07/30

イラガの幼虫

裏の柿の木の葉が少し白くなっているのに気がついて、近づいてみると、ぎゃ~、毛虫の大群です。昨年の柿畑は、毛虫による食害を殆ど受けなかったので油断していたところ、どっこい、イラガの幼虫の大発生を許してしまいました。

Ko01iragayouchyu080729009002
↑ 柿の葉を食い荒らすイラガの幼虫の群。 見事に並んで食害しておりました。


Ko01iragayouchyu080729003002 Ko01iragayouchyu080729005002

--------------------------------------------------
↑ 葉を食害し、一部はは枝を伝わって、上の方へと移動しようとしていました。散らばられたら大変です。一刻の猶予もありません。

Ha01kaki080730003002
↑ イガラに食害されたあとの柿の葉: 対策が遅れると、イラガの幼虫が全枝に散らばってしまい大打撃を受けかねません。直ちに薬剤(スミチオン1000倍希釈液)を散布した後、箒と棒を使って、イガラの幼虫をはたき落としました。


| | コメント (8) | トラックバック (0)

2008/07/29

ゴーヤの実

7月11日にUPしたときのゴーヤの花は、雄花ばかりでしたが、その後、雌花も咲きだし、果実はアッという間に大きく生長しました。


Ha_00gohya080726022002
↑ ゴーヤの果実。 初めて食べたときは、その苦さに驚いたが、今はその苦さは気にならず、昨年に続いて今年も栽培しました。

Ha01gohya080726011002 Ha01gohya080726017002

↑ 左:雄花の付け根には小さいお皿のような葉がついています。 右:雌花には最初から小さなゴーヤの実がついているので、雄花、雌花の区別は簡単です。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008/07/28

キジの来訪

裏の柿畑とネギ畑にキジ(♂)が遊びに来ました。毛繕いをしたり、畑地にしゃがんだり、柿の木に登ったりして2時間ほど遊んで帰りました。

To01kijikakibatake080728183003
↑ 垣根からわが家を覗いたキジさん。

To01kijikakibatake080728051002 To01kijikakibatake080728175002

-----------------------------------------------------------
↑ 柿畑の林床を遊歩したり、毛繕いをしたりして、今日はのんびり気分でした。


To01kijikakibatake080728088002 To01kijikakibatake080728137002

----------------------------------------------------------
↑ 隣のネギ畑にでて、1本足立ちを見せたり、しゃがみこんだりのリラックスムードです。

To01kijikakibatake080728214002 To01kijikakibatake080728204002
---------------------------------------------------------
↑ そして、最後は柿の木に飛び上がる芸当を見せてくれました。


| | コメント (9) | トラックバック (0)

2008/07/27

プリンスメロンの収穫

昨日は高曇りで園芸日和、スイカと一緒にプリンスメロンも収穫しました。プリンスメロンとスイカは、苗を植えた日は同じ5月18日でしたが、プリンスメロンの方が、結実が早く、初採り(1個)は7月19日で、第2回目の収穫(3個)は7月24日、昨日26日は第3回目の収穫(3個)です。 以下は、収穫までの記録です。

Ha_01melon01080604006001 Ha_01melon01080604005002

-----------------------------------------------------------
↑ 左:ポリマルチを敷き、5月18日に苗を植えて、トンネル栽培にしました(2008/06/04 撮影)。
 右:ようやく花が咲き出す(2008/06/04 撮影)。

Ha_01melon01080604001002Ha_01melon01080604002002

------------------------------------------------------------
↑ 左:雄花。 葉の上に顔を出してよく目立ちます(2008/06/04 撮影)。 右:雌花。葉の陰に隠れるようにして咲いていました(2008/06/04 撮影)。

Ha_01melon0201080706007001_2Ha_01melon0201080706022002

-------------------------------------------------------------
↑ 茎がぐんぐん伸びてきたので、「防草シート」を張り、その上をはわせました。1番成りの果実が熟し始めました(2008/07/06 撮影)。


Ha01melon2hatsu080719002001Ha01melon2hatsu080719007001

--------------------------------------------------------------
↑ 初収穫のプリンスメロン。重量700gr (2008/07/19 撮影)。


Ha01melon3080724001001Ha01melon4080726004003

--------------------------------------------------------------
↑ 左:第2回収穫。右2個はキジに突っつかれてしまいました。 右:第3回収穫。 下の2個は「ヘタ」が取れているので、成熟度は完璧と思われます。

Ha01suikahatake080627002002

↑ キジ除けの波板(アゼナミ)に囲まれた、スイカとメロン栽培コーナー(2008/07/27 撮影)。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008/07/26

スイカの初収穫

今日は、5月18日に苗を植え付けた菜園のスイカとメロンを収穫しました。スイカは「小玉スイカ」で、菜園初栽培初収穫です。つくる前は、うまく育つのかどうか心配したのですが、2株植えて、10個くらいは採れそうなのでほっとしました。

Ha01suika080726001001
↑ 初栽培初収穫の1番成り(2番果)「小玉スイカ」です。 重さ2.2kgありました(2008/07/26 撮影)。
中身が赤色と黄色の苗を植えました。 割ってみて赤とでるか、黄とでるか、楽しみです。
苗の植え付けから1番成りの収穫まで69日、花が咲いてからの日数では、約40日かかりました。

Ha01suika080625003001 Ha01suika080625002001

------------------------------------------------------
↑ 苗の植え付けは5月18日。 最初は雄花ばかり咲きました(2008/06/25 撮影)。

Ha01suika080717004001 Ha01suika080717010001

-------------------------------------------------------

↑ 収穫間近のスイカ畑と、1番成り(2番果)のスイカ(2008/07/17 撮影)。
スイカの1番成り(2番果)はキジさんに突っつかれず、無事、収穫にこぎ着けました。1番果は’元なり’と呼ばれ、変形果になりやすいと言うので摘果しました。


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008/07/25

ムクゲ(八重咲き)と小海老草が開花

一重咲き白花のムクゲ(宗旦)に続いて、八重のムクゲ(光花笠)も咲き出しました。小海老層は、鉢替えをしなかったためか今年はちょっと元気がありませんが、それでも花を咲かせてくれました。


Ha01mukugeyae080725014002
↑ 八重のムクゲ「光花笠」。今年は7月24日に開花しました(昨年は8月15日に開花)。
2008/07/25 撮影 


Ha01mukugeyae080725013002 Ha01mukugeyae080725007002

----------------------------------------------------
↑ 同じ株ですが、花色がちょっと違うのも見られます。

小海老草(ベロペロネ)は、ムクゲと違って、昨年(2007/05/14 UP)より開花が大幅に遅れました。これは、今年の冬が例年に比べて寒さが厳しかったため、春の発芽が遅れ、これが開花にも影響して遅れてしまったのかなと思っています。

Ha01beloperone080725020002
↑ベロペロメ(コエビソウ):キツネノゴマ科ジャスティシア属。 常緑低木。 原産地:メキシコ。 花期:5~11月。 

Ha01beloperone080725024002 Ha01beloperone080725007002

-------------------------------------------------
↑ 花の咲き始めは、花色は赤味が薄いが、咲き進むにつれて、赤味が増してきます。


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008/07/24

シジュウカラと梅の土用干し

タマネギを干した物干し竿に、ペットボトルを利用してつくった手製バードフィーダーを吊したところ、早速シジュウカラが訪ねてきてくれました。

Tos01shijyukara080724006001
↑ シジュウカラ。 フィーダーのヒマワリの種のご馳走を見つけました。

Tos01shijyukara080724002001 Tos01shijyukara080724005001

------------------------------------------------------
↑ 早速一つつまみました。 ♂の成鳥のように見えます。

Tos01shijyukara080724001001
↑ こちらの子は↑とは違った個体で、胸毛はぼさぼさ、今年生まれた幼鳥のように見えるが・・・

↓ 梅干しの土用干し。 今日は「土用の丑の日」で、巷では’ウナギの蒲焼き’の話題で賑わっていますが、わが家では、昨日、つけ込んだ梅干しの’土用干し’をしました。これから、3日3晩干すつもりです。

Ha_01umeboshis1080723001001
↑ 梅干しの’土用干し’ どうやらカビをつくらずに、ここまできました(2008/07/23 撮影)。

Ha_01umeboshis1080723003001 Ha_01umeboshis1080723004001

----------------------------------------------------------
↑ 干しザルは有り合わせのものを使いました(2008/07/23 撮影)。

Ha_01umesyu01080617005002
↑ 裏の畑の梅の木に成った梅の実を地主さんにいただきました。今年は、実のつき具合が良くなくてあまり採れませんでした。2kg足らずの梅の実を、青梅の方の1/3を 梅酒用に、黄色くなった梅2/3を梅干し用に漬けました(2008/06/17 撮影)。

Ha_01umetsukemono01080619004002
↑ 左:梅干しの塩分は15%にしました。重石は有り合わせのものを使いましたが、来年はもう少し考えたいと思っています。 右:梅酒ほこの瓶をつかいました(2008/06/17 撮影)。

-----------------------------------------------------------
梅干しづくりは初めてで、梅は黄色く熟したものを使っておらず、漬け込む量も少なかったので、市販品のように柔らかくできていません。来年は梅の木をもう少し注意して管理し、最適熟度の梅を使って、梅干しをつくってみたいと思っています。


| | コメント (6) | トラックバック (0)

スズメの給餌

親スズメが、雛の為に餌を捕ってきたら、防鳥ネットを張られていました。親スズメは、必死で入り口を探しました。

Toa01suzume080722001001
↑ 「ありゃ~ 変なものがある!」

Toa01suzume080722002001 Toa01suzume080722003001

-------------------------------------------------
↑ 「あれ、 ここからも入れない!!」

Toa01suzume080722004001 Toa01suzume080722005001

-------------------------------------------------
↑ 「こまったな~」。


Toa01suzume080722006001_2
↑ 「ここから入れそう・・・・」( 以上 2008/07/22 撮影)


↓ ついに入り口を発見しました! 以下は次の動画をご覧ください。


スズメの給餌」のビデオ
powered by @niftyビデオ共有

↑ 防鳥ネットをうまくかいくぐって、雛の給餌に成功しました。スズメの勝ちです。(2008/07/22 撮影)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008/07/22

オオマツヨイグサとハナグモ?

雉が出没するお馴染みの草原に生えたオオマツヨイグサ(大待宵草)の花が咲き始めました。夕方に咲きだし、朝方には萎んでしまう一日花です。夕方の花の咲く頃は、写真を撮るには暗すぎたので、朝方、花の萎む直前に写真を撮りました。

Ha_01hekusokazura01080722001001
↑ オオマツヨイグサ。 アカバナ科マツヨイグサ属。 多年草。 原産地:北アメリカ。
ヨーロッパで園芸品種として品種改良され、日本には明治時代に渡来したという。繁殖力が旺盛で、現在では全国の山野に野生化して分布している。 別名:ツキミソウ

Ha_01hekusokazura01080722002001 Ha_01hekusokazura01080722003001

--------------------------------------------------------
↑ 花あるところに、虫あり。そして虫あるところにそれを捕らえようとする虫が忍び寄る。

Ha_01hekusokazura01080722004001
↑ 忍び寄った虫の正体は、この蜘蛛でした。 

Ha_01hekusokazura01080722005001 Ha_01hekusokazura01080722006001

-------------------------------------------------
↑ 花は一日花です。 しぼみの色は黄色っぽい。

Ha_01hekusokazura01080722007001
↑ 花は、これから、だんだんと元気が無くなります。 やはり、花は、夕宵迫るころ眺めた方がいいかと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008/07/21

雌雉の山登り

今朝、久しぶりに、雌の雉が、菜園脇の盛り土の山にやってきました。 雄も近くにいるようですが、姿は見えませんでした。


To_01kijimesus1080721001001
↑ あたりを警戒しながら、そろそろと盛り土の小山を登り始めました。

To_01kijimesus1080721002001 To_01kijimesus1080721003001

-------------------------------------------------------

To_01kijimesus1080721004001 To_01kijimesus1080721005001

-------------------------------------------------------

To_01kijimesus1080721006001


To_01kijimesu01080721083001
↑ お目当ては、トウモロコシ? カボチャ? それともサツマイモかな?

雌雉の山登り」のビデオ
powered by @niftyビデオ共有

( 写真および動画 2008/07/21 撮影)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/07/20

ムクゲの花、ホオジロ健在

夏の花、ムクゲが咲き始めました。昨年は8月10日に一番花が咲いたが、今年は7月16日に一番花が咲きました。今年は昨年に比べて20日も早くムクゲの花が咲きびっくりです。

Ha_01mukuge01080718007002
↑ ムクゲ(宗旦)。今年は早く咲いてくれました( 2008/07/18 撮影)。

Ha_01mukuge01080718017002 Ha_01mukuge01080718015002

↑ 左:今年のムクゲ一番花(7月16日開花)はすでに萎んでしまった( 2008/07/18 撮影)。 右:次の開花出番待ちのつぼみ。

 ↓ ホオジロは健在でした。:昼食後、久しぶりに近くを散歩したら、ホオジロに出会いました。よく行った「川辺の散歩道」の川は河川改修工事でホオジロたちが住めるような草地がなくなってしまった。
どうしたことかと心配していたが、どうにか周辺の新しい草原に新天地を見つけたようで、元気な姿を見て安心しました。

To_01hohjiros2080720001001
↑ 草むらのホオジロ ♀。 キジがよく出現する菜園脇の草むらで会いました( 2008/07/20 撮影)。

To_01hohjiros2080720002001
↑ 道路脇に姿を見せたホオジロ ♀。 上の個体とは別の個体と思います( 2008/07/20 撮影)。


To_01hohjiros2080720004001
↑ こちらは♂のように見えるが。如何?( 2008/07/20 撮影)。


| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008/07/19

モッコク(雌株)の花

前日UPしたモッコク(雄株)から20mくらい離れたところに、昨年の10月に「モッコクの実と野鳥たち」と題してUPしたモッコクの雌株があります。この、雌株の花の方が、前日UPした雄株より先に花を咲かせた気配濃厚ですが、わが家からは少し離れていたので、たまにしか見に行かず、開花に気がつきませんでした。今日見たときは、かなりの花が咲き終わり、小さな青い実を覗かせていました。

Ha_01mokkokufs1080719001001
↑ モッコクの雌株の花。 こちらの花は、花の真ん中の淡緑色をしたメシベがあり、周りを沢山のオシベが取り囲んでいる[ このような花を’中性花’と呼んでいる]。 ( 2008/07/19 撮影)

Ha_01mokkokufs1080719002001 Ha_01mokkokufs1080719004001

↑ 左:つぼみ   右:花は、メシベとオシベをもつ中性花で、この花一つで受粉可能。 


Ha_01mokkokufs1080719011001 Ha_01mokkokufs1080719013001

↑ 左:受粉すると花弁は枯れて茶色くなる。 右:やがて、花弁は脱落し、緑色をした子房が肥大して果実になる。

Ha_01mokkokufs1080719008001

↑ 花の一生です。 白いつぼみ、開花した花、そして受粉完了した花の姿まで、花の一生がいっぺんに見られて嬉しいね。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2008/07/18

モッコク(雄株)の花

裏庭のお隣り、柿畑の隅に植えられたモッコクの花が咲き出しました。花は地味ですが、仄かな甘い香りを、あたりに漂わせています。クリーム色をしたモッコクの蕾は、かなり前から枝に鈴なりになってぶら下がっていたが、なかなか花が咲かないので、いつ咲くのかと心待ちにしていたのですが、いざ咲いてみると、あまりにも花の寿命が短く、花がどこあるの?と探すのに苦労するほどです。咲いたと思ったら花は一日そこそこで落下してしまうので、地面は落ちた花柄で埋もれていました。

Ha_01mokkokus1080718001001
↑ モッコクの花。雌しべのない「雄花」です。 甘い香りを漂わせていました。

Ha_01mokkokus1080718002001 Ha_01mokkokus1080718003001

↑ 蕾の期間はかなり長い。

Ha_01mokkokus1080718003501 Ha_01mokkokus1080718004001

↑ 咲いたと思ったら花はすぐ、丸ごと落ちてしまった。 中には、葉っぱに引っかかったのもあります。

Ha_01mokkokus1080718005001
↑ 花はみんな雄花です。 したがって、この木は実がなりません。 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008/07/17

ヒメヒオウギズイセン(モントブレチア)

菜園の脇のキジが出入りする草地の縁に、野草とは思えない綺麗な赤い花を咲かせた植物が目につきました。調べてみたら、ヒメヒオウギズイセン(姫檜扇水仙)のようでした。この草地の土は、余所から土を運んできているので、その時、ヒメヒオウギズイセンの球根か、あるいは地下茎の切れ端などが運ばれた土に紛れ込んでここにきたのかも知れません。

Ha_01himehiougizuisens2080717001001
↑ ヒメヒオウギズイセン:アヤメ科。 球根植物(多年草)。 原産地:南アフリカ。
花期:7~9月。 別名:モントブレチア。


Ha_01himehiougizuisens2080717003001
↑ ヒメヒオウギズイセン(姫檜扇水仙;モントブレチア)はヒオウギズイセン(檜扇水仙;クロコスミア・ポットシー)とヒメトウショウブ(姫唐菖蒲;クロコスミア・オーレア)を交配して作出された園芸品種ですが、このあたりでは半野生化したものも見られます。


Ha_01himehiougizuisens2080717004001
↑ 本種は、ヒオウギズイセンの可能性もありますが、草丈が50cm位でしたのでヒメヒオウギズイセンとしました( 2008/07/17 撮影)。


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008/07/16

キアゲハの幼虫

菜園に野菜を採りに行ったNさんが、興奮気味で帰ってきました。人参畑に私が喜びそうな、「びっくりするものがいるよ」と言うのです。早速、人参畑に出向いて、よく見たら、いましたいました、もう5令ほどにもなった大きなキアゲハの幼虫です。昨年はパセリの繁みで見つけましたが、今年のキアゲハさんは人参にも卵を産み付けました。

Ko_01kiagehayouchyus1080716001001 Ko_01kiagehayouchyus1080716002001

-----------------------------------------------------
↑ キアゲハの幼虫(発見第1号)。 人参畑の道路際にいました。 人目や野鳥などの目につきやすい。大丈夫かな~( 2008/07/16 撮影)

Ko_01kiagehayouchyus1080716000001
↑ キアゲハの幼虫(発見第2号)。 こちらは、人参の葉の陰に、隠れるようにしていました( 2008/07/16 撮影)。


Ko_01kiagehayouchyus1080716003001 Ko_01kiagehayouchyus1080716004001

-----------------------------------------------------
↑ 左:キアゲハの幼虫がいた人参畑。 収穫はそろそろ終わりです。 右:人参の花のつぼみ。
( 2008/07/16 撮影)

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2008/07/15

サルスベリ(百日紅)が咲き出しました

梅雨は未だ明けていないのに、今日は暑かったですね。真夏の花、サルスベリ(百日紅)が咲き出しました。昨年は7月30日にUPしているので、今年は昨年より2週間ほど早い開花となった。

Ha_01sarusuberis1080715000001
↑ サルスベリ。 ミソハギ科サルスベリ属。 落葉中小木。 原産地:中国南部。
( 2008/07/15撮影)

Ha_01sarusuberis1080715001001 Ha_01sarusuberis1080715002001
---------------------------------------------------
↑ 6個の花が集まったように見えるが、これで一つの花です。 花弁は6枚あり、縮れています。メシベは1本で、多数のオシベがあるが、そのうち6本は特別長い。


Ha_01sarusuberis1080715004001 Ha_01sarusuberis1080715003001

-------------------------------------------------------
↑ 左:葉は通常2対互生であるが、対生になることもある。 右:花は円錐花序。つぼみが沢山あり、これから8月一杯、つぎつぎと咲きそうです。別名「百日紅」の名は、この花期の長さに由来する。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008/07/14

コンニャクの芽がでました

コンニャクの生産地は群馬県が有名ですが、茨城県北部もコンニャクの産地として知られており、私達にとっては顔なじみの食品です。コンニャクは最近、低カロリーを売り物にしたヘルシー食品の一つとし注目を集めています。
今年の春、わが家の近くのHCでも種コンニャクが売り出されており、990円のラベルが付いていました。コンニャク栽培に関心を持っていましたが、ちと高過ぎるかなと思い、その時は購入するのをやめました。ところが、6月末になって、このHCの売り場に行ったら、今シーズンの見きり品として、種コンニャク「赤城大玉」(11個500g)に、なんと100円の値札がつけられているではありませんか。今から植えても、遅くはなさそうなので、直ちにその種イモをGetし、6月27日に畑に植えました。その種イモが7月9日に発芽し、14日には11個全部が、発芽しました。収穫は、来年の秋で、2年がかりの長丁場ですが、これまた愉しからず哉です。

Ha_01konnyakus1080711000001
↑ コンニャク: サトイモ科コンニャク属。 夏緑多年草植物。 原産地:東南アジア。 日本には奈良時代に渡来したという。( 2008/07/11 撮影)

Ha_01konnyakus1080711002001 Ha_01konnyakus1080711001001

-------------------------------------------------------------
↑ 種芋の植え付け6月27日。 発芽7月9日。( 2008/07/11 撮影)

Ha_01konnyakus2080714000001
↑ 種芋11個全部発芽しました。地上には葉だけを出します。茎と見られるものは’葉柄’です。( 2008/07/14 撮影)

Ha_01konnyakus2080714001001 Ha_01konnyakus2080714002001

---------------------------------------------------
↑ 葉は、これっきりだそうで、大事にしないといけません。( 2008/07/14 撮影)

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008/07/13

フルーツトマト

今年は、大玉のトマト(桃太郎)にくわえて、中玉のフルーツ・トマトも植えてみました。成果は上々で、甘くて美味しい実が沢山つきました。

Ha_01tomatofruit01080711001001 Ha_01tomatofruit01080711002001

------------------------------------------------------------
↑ フルーツトマト。 7月1日初収穫。高糖度化をはかったトマトで、甘みがあります(2008/07/11 撮影)。


Ha_01tomatomomotato01080711002001 Ha_01tomatomomotato01080711001001

----------------------------------------------------------
↑ 大玉トマトの「桃太郎」です。7月11日初収穫しました(2008/07/11 撮影)

Ha_01tomatofruit01080429002001 Ha_01tomatomomotaro01080429004002

-------------------------------------------------------------
↑ 移植直後のフルーツトマト(左)と「桃太郎」(右)。(2008/04/29 撮影。畑への移植は4月27日)

Ha_01tomatofruit01080506005001_2 Ha_01tomatofruit01080506003001_2

------------------------------------------------------------
↑ フルーツトマトの花。 受粉促進剤「トマトーン」を購入したが、使わなくても沢山結実しました。
左:房になって花が咲き、「トマトーン」を使用しなくても、受粉率は大変よかった。 右:アリンコがすぐ寄ってきました(2008/05/06 撮影)。


Ha_01tomato01080605001002

↑ 6月5日時点の生育状況。 右端の株がフルーツトマトで、左側の3株は「桃太郎」(2008/06/05 撮影)


家庭菜園, 果実, | | コメント (6) | トラックバック (0)

2008/07/12

枝豆・中生(なかて)の花も咲き出しました

エダマメ・ナカテ(枝豆中生)も花が咲き出しました。先日UPした早生の「おつな姫」は、花が白花であったのに対して、この中生種の花は紫色の花をさかせてくれました。これだと、同じ枝豆でも、早生と中生では花の色で区別できますね。

Ha_01edamame010807110050022
↑ 枝豆「中生(なかて)」の花。紫花できれいです( 2008/07/11 撮影)。

Ha_01edamame010807110030022 Ha_01edamamenakate01080709027001

-----------------------------------------------------------
↑ 花は、枝の分かれたところに’ちょこん’と咲きます。

Ha_01nakateedamame010806050020012 Ha_01nakateedamame010806050030012

----------------------------------------------------------
↑ 6月5日撮影:「中生(なかて)」の苗は、茎の地面に近い部分が、紫色になっている(早生の「おつな姫」は、この部分が緑色で紫色になっていない)。

Ha_01edamamenakate010807090310012
↑ 7月9日撮影:左が早生の「おつな姫」で右が「中生(なかて)」の枝豆です。 草丈は、「なかて」の方が、「早生」より高くなってしまった。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2008/07/11

ゴーヤの花が咲きました

ゴーヤの黄色い花が咲きました。今年のゴーヤの一番花です。昨年収穫したゴーヤ(昨年の写真はこちら)の種を蒔いて育てたものです。咲き始めは、まだ雄花ばかりで雌花は見当たりません。

Ha_01gohya01080711001002
↑ ゴーヤの雄花。咲いた花だけ見せられると、似たような花が沢山あり、?となってしまいます。だが・・・・(2008/07/11 撮影)

Ha_01gohya01080711005002
↑ 小さな”お皿”をつけた蕾(つぼみ)と葉に目をやると、ゴーヤであることが判ります。 

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008/07/10

トウモロコシ収穫まであと一息です

トウモロコシ(ピーターコーン)の絹糸がうっすらと茶色くなりました。収穫まであと一息です。

Ha_01toumorokoshi02080710002001
↑ 収穫間近のトウモロコシ(ピーターコーン)。播種(5月1日)後70日目です。早生種なので、あと、10日ほどで収穫できそうです。(2008/07/10撮影)。

 ==== 以下は、ピーターコーンのこれまでの生育の記録です ====

Ha_01toumorokoshis1080604001001 Ha_01toumorokoshis1080604002001

--------------------------------------------------
↑ 播種後34日め。 全部で32本x4列=128本です(2008/06/04撮影)。


Ha_01toumorokoshis2080225002001
↑ 播種後55日め。雄穂(雄花)が出ました。(2008/06/25 撮影)。


Ha_01toumorokoshis2080225001001 Ha_01toumorokoshis3080710001001

---------------------------------------------

↑ 左:咲き始めの雄花(2008/06/25 撮影)。 右:終末期の雄花(2008/07/10撮影)。

Ha_01toumorokoshis3080710007001 Ha_01toumorokoshis3080710005001

----------------------------------------------
↑ 左:雌穂の絹糸(2008/07/10撮影)。   右:一番上の雌穂の絹糸が茶色に変色しました(2008/07/10撮影)。

Ha_01toumorokoshis3080710003001
↑アワノメイガに侵入された株もありました。スミチオン1000倍希釈液を雄穂の出た直後に散布したが、害虫を100%駆除するのは難しい。(2008/07/10撮影)。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008/07/09

ラッカセイ(落花生)の花が咲きました

ラッカセイ(落花生)の黄色い花が咲き出しました。5月14日に苗床に種蒔きをして苗をつくり、5月28日に畑に移植をして、ようやくここまでたどりつきました。落花生も初めての栽培で、苗づくりに意外と手間がかかりました。花が咲いたあと、実が熟するまで、あと何日かかるでしょうか、収穫が待ち遠しいです。

Ha_01rakkasei01080709017002
↑ 落花生の花も、朝方でないと綺麗な花は撮れません(2008/07/09 8:30 撮影)。

Ha_01rakkasei01080707011002 Ha_01rakkasei01080707012002

↑ 7月7日:午後2時50分に撮影したが、花はすでに萎れてしまっていました。んで、今朝(7月9日)、最上段↑のような写真を撮り直しました。

Ha_01rakkasei01080526009002Ha_01rakkasei01080526006002

↑ 5月26日:ようやく根が出た落花生。5月14日に苗床に種を蒔いたのですが、芽の出るのはまちまちでした。今時点で発芽率60%(2008/05/26 撮影)。

Ha_01rakkasei01080526003002 Ha_01rakkasei01080604001001

↑ 左:5月26日:早いのは、4葉くらいになりました(2008/05/26 撮影)。右:5月28日:大きな苗10本を2日後の28日に畑に移植しました(2008/05/28 撮影)。 以後、大きくなった苗を5~6本くらいづつ、まとめて順次移植する(最終的には合計20本移植)。

Ha_01hatakenew080604003003
↑ 6月4日: 菜園の風景。 左が「とうもろこし」、緑の鳥除けネットの中が「落花生」、その右手に「枝豆」の苗が植えてあります(2008/06/04 撮影)。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2008/07/08

ホオズキ

わが家の庭の片隅で、ひっそりと花を咲かせたホオズキがかすかに黄色く色づきました。
7月10日は、東京浅草寺の「四万六千日」の縁日で、9日、10日の2日間は名物「ホオズキ市」で賑わうことでしょう。

Ha_01hohzuki02080708012002
↑ ほんの少し色づいたわが家のホオズキ( 2008/07/08 撮影)。

Ha_01hohzuki01080705001002 Ha_01hohzuki01080705014002

------------------------------------------------------------
↑ ホオズキの花。こんなに毛に被われているとは思いませんでした。そして、咲きはじめは綺麗ですが・・・

Ha_01hohzuki02080708026002 Ha_01hohzuki02080708003002

-------------------------------------------------------------
↑ すぐに虫が寄ってきます。 花を食べる虫、葉を食べる虫が出てきます。

Ha_01hohzuki02080708002003
↑ これはテントウムシダマシ(ニジュウヤホシテントウ)ですが、実が赤くなる頃は、ホオズキカメムシもやってくるかも知れません。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008/07/07

プリンスメロン

菜園のプリンスメロンが大分大きくなりました。Yホームセンターで苗を1株購入して、5月20日に植え付けたものです。初めての栽培なので、1株だけ育てることにしましたが、うまく受粉し、7個ほど着果したので、あとは摘果しました。

Ha_01meron1s2080707003001
↑ プリンスメロン。 植え付け後、47日経ちました( 2008/07/07 撮影)。もうすぐ収穫できそうです。

Ha_01meron1s1080625003001 Ha_01meron1s1080625001001


--------------------------------------------------------------
↑ 植え付け後、35日目のプリンスメロン。花は雄花。雌花は葉の陰に隠れていて撮れませんでした。( 2008/06/25 撮影)


Ha_01meron1s2080707002001 Ha_01meron1s2080707004001

----------------------------------------------------------------
↑ 植え付け後、47日目のプリンスメロン。花は雄花。このときも、雌花はうまく撮れませんでした( 2008/07/07 撮影)

Ha_01meron1s2080707006001

↑ メロンは、ビニール・トンネルのこちら側に4個、向こう側に3個つきました。4個のメロン、判りますか?番号をつけました( 2008/07/07 撮影)。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008/07/06

グラジオラス

昨年(2007・06・24 UP )より開花が少し遅れたが、庭のグラジオラスが咲き出しました。剣のようにとがった葉がすっと空を向いてたち、見る人の気分をすっきりさせてくれます。


Ha_01gladiolusorenge01080706001003
↑ オレンジ色のグラジオラス。古くからのわが家の仲間です。今年も元気に咲いてくれました。

Ha_01gladiolusorenge01080706005003 Ha_01gladiolusorenge01080706010003

------------------------------------------------------------
↑ 東隣のお家の庭を借景として花を咲かせました。綺麗に剪定した植木を背景として、花が一層引き立ちました。お隣さん有り難う。

Ha_01gladioluspink01080706027002_2
↑ こちらは、菜園の脇の林の縁に植えられたピンクのグラジオラスです。 グラジオラスは、場所が違っても、どこに植えても映えますね。菜園のお隣さんのNさんが植えたグラジオラスです。

Ha_01gladioluspink01080706011003 Ha_01gladioluspink01080706007003

↑ 菜園の作業や草取りなどしたあと、草むらに座って、この花を眺めると、心が和みまます。


| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008/07/05

センリョウ(千両)の花

センリョウ(千両)はマンリョウ(万両)とともに、お正月の縁起物として、床の間などに飾られたりしますが、その花は、前日のマサキの花と同様に、今まで丁寧に見たことがなかった。今年は、花の時期を逃さないようにと注意して、センリョウの咲いたところを覗いてビックリ、どう見ても、花らしくありません。
そこで、日ごろお世話になっているブログで調べてみたところ、センリョウの花は、花弁や顎などの花被が全くない、メシベとオシベだけで構成される、世にも珍しい花であることを知りました。

Ha_01senryous1080705004001_2

↑ センリョウの花;普通の花と違って、花弁や顎などが全くありません。黄緑色の球形のものが「メシベ」で、雌しべの横に付いた、クリーム色のラグビーボールのような、回転長楕円体状のものが「オシベ」です。写真では、はっきりしないがオシベの左右には、葯がついており、薬の膜が破れ花粉が出ると黄色くなる。

Ha_01senryou01080705019002 Ha_01senryous1080705002001

---------------------------------------------------------------
↑ 花は、茎の先に穂状花序をつくる。

Ha_01senryous1080705001001
↑ センリョウの実は、葉の上方につきます(マンリョウは葉の下側につく)。


| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008/07/04

マサキ(柾木)の花

わが家の裏庭のママサキ(柾木)の生け垣に咲いた花です。冬の花枯れの時期に、マサキの赤い実はよく目立つつが、花は地味でひっそりと咲いているので、今までついつい見過ごしてしまいまいました。


.Ha_01masakis1080704004001
↑ クリーム色の4弁の小さな花を咲かせます。

Ha_01masakis1080704005001
↑ 雄しべも4本です。

Ha_01masakis1080704002503
↑ 1年中、緑の葉は見ているのですが、今の時期、生け垣の形を整えるため、花は無造作に剪定されていました。今年は、花を見たさに一部刈り残しました。


| | コメント (2) | トラックバック (1)

2008/07/03

枝豆(おつな姫)の花が咲きました

枝豆「おつな姫(サカタ)」の花が咲きはじめました。白い小さな花で、目立ちませんが、次々と咲いて実を結んで行きます。
同時に移植した「中生(なかて)枝豆(アタリヤ)」はようやく蕾が見え始めたところです。今年は、2種類の枝豆の種子「おつな姫(サカタ)[1袋(60粒)189円]」と「中生(なかて)枝豆(アタリヤ)[1袋(60粒)189円]」を購入し、5月15日に種子を播き、5月28日に畑に移植しました。

Ha_01edamame01080703011002
↑ 枝豆の花 1 (2008/07/03 撮影 )

Ha_01edamame01080703066002
↑ 枝豆の花 2 ( 2008/07/03 撮影 )

Ha_01edamame01080703035002 Ha_01edamame01080703060002_2

------------------------------------------------------------
↑花が咲き終わると、すぐに果実が大きくなって行きます。莢の表面が短い毛に覆われています。 茶色になった花弁の破片が、かなり長く莢にくっ付いたままになっています。

Ha_01otsunahimeedamame0108060400100 Ha_01otsunahimeedamame0108060400300

--------------------------------------------------------------
↑ 移植時の「おつな姫」(2008/05/28 撮影)

Ha_01otsunahimeedamame0108060400500 Ha_01edamame01080703072002
--------------------------------------------------------
↑ 菜園の枝豆  左:シートを張り、左側に「なかて枝豆(アタリヤ)」30本、右側に「おつな姫(サカタ)」30本を植えました(2008/06/04 撮影)。   右:「おつな姫」は早生なので、先に花を咲かせ始めました(2008/07/03撮影)。


| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008/07/02

インゲン

菜園のつるなしインゲンを初収穫しました。白い花を咲かけますが、いつ見てもシベは花びらで隠してしまって見せてくれません。インゲンの花は控えめで、恥かしがり屋なのですね、

Ha_01ingena1080625002001
↑ ツルナシインゲンの白い花(2008/06/25 撮影)。

Ha_01ingen01080605002002 Ha_01ingena1080625001001

----------------------------------------------------------
↑ 菜園のインゲンの生育状況   左:2008/06/05 撮影 右:2008/06/25 撮影

Ha_01ingena1080625003001
↑ 花が散ったと思ったら、もう実ができています。

Ha_01ingena1080625004001 Ha_01ingena1080623003001

-----------------------------------------------------------
↑ 左:花後1週間くらいの実  右;初収穫の実(6月23日)。


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008/07/01

マンサクとスグリの実

今年の春に花を咲かせたマンサク(黄花)とスグリ(2008/04/16 UP)が、それぞれ可愛い実をつけました。

Ha_01mansakuki01080627004002
↑ マンサクの実。 にっこり笑って「今日は」と言っているようですね。

Ha_01mansakuki01080627005002 Ha_01mansakuki01080627001002

----------------------------------------------------------------
↑黄花のマンサクの方が、赤花のマンサクの実より実付きは良いです。

Ha_01mansakuki01080315005002
↑ 今年の春に咲いた黄花のマンサク(2008/03/15 撮影)。

↓ スグリも可愛らしい実をつけました。

Ha_01suguri01080620003001
↑ わが家のスグリは、ブルーベリーやラズベリーのように、沢山にの実はつけません。

Ha_01suguri01080620017001 Ha_01suguri01080620013002

-----------------------------------------------------------
↑ 沢山、実がつかなくても、ちょっぴり味覚が楽しめることは嬉しいことです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »