« フルーツトマト | トップページ | サルスベリ(百日紅)が咲き出しました »

2008/07/14

コンニャクの芽がでました

コンニャクの生産地は群馬県が有名ですが、茨城県北部もコンニャクの産地として知られており、私達にとっては顔なじみの食品です。コンニャクは最近、低カロリーを売り物にしたヘルシー食品の一つとし注目を集めています。
今年の春、わが家の近くのHCでも種コンニャクが売り出されており、990円のラベルが付いていました。コンニャク栽培に関心を持っていましたが、ちと高過ぎるかなと思い、その時は購入するのをやめました。ところが、6月末になって、このHCの売り場に行ったら、今シーズンの見きり品として、種コンニャク「赤城大玉」(11個500g)に、なんと100円の値札がつけられているではありませんか。今から植えても、遅くはなさそうなので、直ちにその種イモをGetし、6月27日に畑に植えました。その種イモが7月9日に発芽し、14日には11個全部が、発芽しました。収穫は、来年の秋で、2年がかりの長丁場ですが、これまた愉しからず哉です。

Ha_01konnyakus1080711000001
↑ コンニャク: サトイモ科コンニャク属。 夏緑多年草植物。 原産地:東南アジア。 日本には奈良時代に渡来したという。( 2008/07/11 撮影)

Ha_01konnyakus1080711002001 Ha_01konnyakus1080711001001

-------------------------------------------------------------
↑ 種芋の植え付け6月27日。 発芽7月9日。( 2008/07/11 撮影)

Ha_01konnyakus2080714000001
↑ 種芋11個全部発芽しました。地上には葉だけを出します。茎と見られるものは’葉柄’です。( 2008/07/14 撮影)

Ha_01konnyakus2080714001001 Ha_01konnyakus2080714002001

---------------------------------------------------
↑ 葉は、これっきりだそうで、大事にしないといけません。( 2008/07/14 撮影)

|

« フルーツトマト | トップページ | サルスベリ(百日紅)が咲き出しました »

家庭菜園」カテゴリの記事

コメント

こんにゃくの発芽おめでとうございます。
生長記録楽しみにしています。

投稿: mico | 2008/07/15 06:31

mico さん、今日は
コンニャクつくりに挑戦しました。花は、5~6年育てないと咲かないそうです。

投稿: ぴょんぴょん | 2008/07/15 17:49

ぴょんぴょんさんの菜園にもコンニャク植えられたのですネ
お安い見切り品も、みんな発芽してよかったですネ
うちも庭に1株植えました。
始めて植えたので、茎の模様に驚きました。
このまま、もう変化はないのでしょうか?
収穫は2年がかりなのですネ
そのまま、植えっぱなしでいいのですか?
花は5~6年育てないと見られないのですかぁ~
いつ、花芽が出来るのかと楽しみにしていたのですが、ず~と先なんですネ・・・
コンニャクを作るより、花を見たかったのですが、忘れてしまいそうです(^^ゞ

投稿: orenge | 2008/07/20 15:30

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65909/41834863

この記事へのトラックバック一覧です: コンニャクの芽がでました:

« フルーツトマト | トップページ | サルスベリ(百日紅)が咲き出しました »