« アズキの花の受粉のカラクリ | トップページ | 卯の花(ウツギ)の実 »

2008/08/16

一筆啓つかまつり候

菜園の脇の草むらからスズメよりやや大きい小鳥が飛び立ち、TVケーブルに止ままりました。
そして「一筆啓上つかまつり候」と挨拶をしてくれました。ホオジロさんです。

To01hohjiro0808150750s1
↑ 大きな声でご挨拶をしてくれたホオジロ。  スズメ目ホオジロ科。 

To01hohjiro0808150870s1
↑ 顔が黒くて、眉斑、頬、喉が白い。 男の子のようです。

To01hohjiro0808150120s1

↑ 近くの草むらをねぐらにして今年の夏も過ごすようです。

|

« アズキの花の受粉のカラクリ | トップページ | 卯の花(ウツギ)の実 »

野鳥」カテゴリの記事

コメント

ホオジロの鳴き声って本当に「一筆啓上仕り候」と聞こえるんですよね。
大抵は木のてっぺんで鳴き続けていて、カメラマンには嬉しい鳥です。
この鳴き声からすると、昔は「頬次郎」と言う名の武士だったのではないかと推測します。(^^;

投稿: taka | 2008/08/20 21:30

taka さん、お早うございます。
我が家の近くのホオジロ君、だいぶ都市的生活にも慣れてきたようで、道路沿いの有線ケーブルにも止まって美声を張り上げています。
 ほんと、顔姿から、「頬次郎」と名乗った方がいいかも知れませんねhappy01

投稿: ぴょんぴょん | 2008/08/22 09:48

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65909/42187753

この記事へのトラックバック一覧です: 一筆啓つかまつり候:

« アズキの花の受粉のカラクリ | トップページ | 卯の花(ウツギ)の実 »