« イモ虫3種、セスジススメガ、オオスカシバ、キアゲハの幼虫 | トップページ | キジの訪問(4):「砂浴び」 »

2008/08/10

落花生の結実

わが家の菜園のラッカセイ(落花生)の花の咲くまでは、7月9日のこのブログに記載しましたが、その後の実がなるまでの振る舞いが面白いので、以後、今日までの様子を記載します。

Ha_01rakkasei080708003002
↑ 7月の上旬にラッカセイの花が咲き出しました。花は朝早く咲き、一つの花にオシベとメシベがあって自花受粉します(2008/07/08 撮影)。


Ha01rakkasei0808060003022 Ha01rakkasei080806000502

↑ 左:花は上向きに立った「顎(ガク)筒」の先端につけます(2008/08/06 撮影)。 左: 受粉が成立すると、花とガク筒は萎れて垂れ下がったり、あるいは枝に引っかかったりします(2008/08/06 撮影)。

Ha01rakkasei080806003003 Ha01rakkasei080806020003

↑ 左:開花後、花ガラをつけたままの萎れた「ガク筒」が、だらんと垂れ下がりました。この状態を初めて見たNさん、花が萎れて、実ができないのではないかと、大いに心配しました(2008/08/06 撮影)。 右:8月6日現在の、ラッカセイ畑の様子。

Ha01rakkasei080810027003 Ha01rakkasei080810012002

↑ 左:1週間ほどすると、萎れた「ガク筒」に続いて、えんじ色(黒褐色)の、直径3mmくらいの’つの状’の「子房柄(しぼうへい)」が伸びてきました(クリックすると拡大写真が見られます。2008/08/10 撮影)。 右:「子房柄」はやがて、地面につき刺さりました(2008/08/10 撮影)。 

Ha01rakkasei080810022002
↑ 地面を突き刺した「子房柄」(2008/08/10 撮影)。 
私たちが食べるラッカセイ(ピーナッツ)は、この地面につき刺さった子房柄の先端にできるのです。つまり、ラッカセイ(落花生)は土の中で莢がつくられ、その中に豆ができるのですね。このあとの様子は、次回をお楽しみに。

|

« イモ虫3種、セスジススメガ、オオスカシバ、キアゲハの幼虫 | トップページ | キジの訪問(4):「砂浴び」 »

家庭菜園」カテゴリの記事

植物」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

豆科のお花は、スィートピーのお花のようで皆良く似ていますネ
でも、黄色の花がかわいいですねぇ~
落花生の収穫は、子供が小さい頃一緒に体験したのですが、
おもしろい生態ですね。
サツマイモなどと同じような収穫なのに、子房柄と言うのですか?根っこみたいですよねぇ
いっぱい落花生が収穫できるといいですネ♪

投稿: orenge | 2008/08/13 01:51

orenge さん、今日は
落花生、芽出しが少し遅れましたが」、ここに来てようやく挽回しました。
花が咲いたあとは、実がなるのが楽しみです。

投稿: ぴょんぴょん | 2008/08/15 17:23

落花した後は、どこが伸びてくるのかと思っていたら、子房が伸びてくるのですね。
どのくらい潜るのでしょう。面白いですね~。
次回も楽しみです。

投稿: ジュリジュリ | 2008/08/21 18:30

今年初めて落花生の実のなり方を知りました。本当に
とっても不思議でなりません。実際に子房柄を見ましたが、いまいち納得ができていません。実がなるのを見たら・・・
少しは 納得するかもね。秋を楽しみにしています。
来年は  種まきしたいと思っています。

投稿: ばあば | 2008/09/04 12:58

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65909/42125746

この記事へのトラックバック一覧です: 落花生の結実:

« イモ虫3種、セスジススメガ、オオスカシバ、キアゲハの幼虫 | トップページ | キジの訪問(4):「砂浴び」 »