« 夕斑枝尺、蛍蛾、青松虫 | トップページ | シロクジャク(白孔雀)開花 »

2008/09/20

コリアンダーの花

コリアンダーが白い小さな花を咲かせはじめました。と言っても、このコリアンダーは花を観賞するために育てられた植物ではありません。葉を、食材として利用するために栽培した野菜です。

Ha01coriander01080919006002
↑ コリアンダー:セリ科コエンドロ属。 1年草。 原産地:地中海東沿岸地方。 
葉、茎、果実に独特の芳香があり、地中海東部沿岸地方では古くから香辛料としてスープなどの料理に供されて来た。タイではパクチュー、中国では香菜(シャンツアイ)と呼んでいる。和名はカメムシソウ。 コリアンダーは本種の属名コエンドロを英語読みしたもので、コエンドロは、臭い匂いを放つ「カメムシ」(日本では俗に南京虫とも呼んでいる)を意味するギリシャ語の「コリス(coris)」に由来する。和名の「カメムシソウ」は、この属名の和訳(意訳)かと思います。

Ha01coriander01080919010002
↑ コリアンダーのつぼみ。 十数年前、タイに旅行したとき、タイの代表的スープ料理として知られるトムヤムクンを初めて食べたが、その時、そのスープに独特の風味をつけているものがタイ語でパクチュー、英語でコリアンダーという野菜であることを知った。以来、タイ料理と聞くと、あのとき食べたコリアンダーの一種独特の強烈な味わいがいつも思い出されます。

Ha01coriander01080919013002
↑ コリアンダーの葉を細かく刻んで、海老あるいは白身の魚のスープに散らすと、そのスープはたちまちタイ風味になって、美味しくいただけます。


|

« 夕斑枝尺、蛍蛾、青松虫 | トップページ | シロクジャク(白孔雀)開花 »

家庭菜園」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コリアンダーの花、かわいいですネ
パクチューもシャンツアイも同じだったのですネ(^^ゞ
カメムシソウとはまたすごい和名ですねぇ
匂いからでしょうか。
ぴょんぴょんさんが育てられたのですか?
美味しいスープも、もう召し上がったのかな?

投稿: orenge | 2008/09/20 22:17

こんばんは。
コリアンダーは好みが割とはっきり分かれますよね。
私の周りは苦手な人が多いです。
お花は見たことありませんでしたが、片側だけに花びらが広がっていて かわった咲き方ですね。
これから反対側も伸びて丸い花の形になるのでしょうか。

事後報告でスミマセンが、
今日 ヤブツルアズキの花を私のブログに載せましたので、「アズキの花の受粉のからくり」の記事にリンクさせていただきました。

投稿: zucca | 2008/09/20 22:44

orenge さん、お早うございます。
コリアンダー、菜園の隅に種を蒔いて30本くらい育てなのですが、そのうちの1株が花を咲かせました。花の直径10mmくらいの可愛らしい花をたくさん咲かせます。
我が家の菜園は、周辺の農家の方々が栽培している伝統的は野菜のほかに、怖いもの知らずで、いろいろと新しい種子を見つけ出しは、育てています。
コリアンダーの栽培もその一つで、これはつれあいのNさんが育てたいと発案し、私もなつかしの味を味わいたいと思って育てたものです。
料理の方はNさんがつくり、私は味見・食べ係りですhappy01


投稿: ぴょんぴょん | 2008/09/21 07:37

zucca さん、お早うございます。
タイ料理のトムヤムクンを食べた人はその独特の風味の素が、コリアンダーという薬味のためであるということを知るでしょう。
しかし、このコリアンダーはちょっと癖のある味わいがするので、タイをはじめ東南アジアで人気のある食材でも、なじみの無い日本人は、敬遠する人もいるかも知れませんね。
カメムシの匂いに似ていると感じた人もいたようですね、そんなところから、コリアンダー ~ 「カメムシソウ」とも呼ばれるようになったのですね。
ヤブツルアズキのリンク、どうぞ、どうぞ、問題ありません。菜園のアズキもご先祖さまにお会いできて、嬉しく思っていることでしょうhappy01

投稿: ぴょんぴょん | 2008/09/21 08:02

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65909/42536484

この記事へのトラックバック一覧です: コリアンダーの花:

« 夕斑枝尺、蛍蛾、青松虫 | トップページ | シロクジャク(白孔雀)開花 »