« ツルボ(蔓穂)の花 | トップページ | ヤブラン(藪蘭) »

2008/09/17

菜園のハクサイとアオムシ

菜園のハクサイにモンシロチョウが卵を産み付けました。今年はハクサイの植え付けを多くして余裕があるので、むやみに農薬は撒かないで、目視でアオムシを見つけて捕殺することにしました。

Ha01aomushisanagis2080917001001
↑ アオムシ(モンシトチョウの幼虫)に食害された菜園の白菜。9月2日に苗を移植したのですが、たちまちこのように穴だらけになりましたweep (2008/09/17 撮影)。 

Ha01aomushisanagis2080917002001
↑ まだ小さいアオムシ(モンシロチョウの幼虫 : 2008/09/17 撮影)。 


Ha01aomushisanagis2080917003001
↑ アオムシ(モンシロチョウの幼虫): 同上 拡大図 (2008/09/17 撮影)。 

Ha01aomushisanagis2080917004001
↑ 生長したアオムシ(モンシロチョウの幼虫:2008/09/17 撮影)。 

Ha01aomushisanagis2080917005001
↑ 生長したアオムシ(モンシロチョウの幼虫):同上 拡大図 (2008/09/17 撮影)。 

Ha01aomushi01080917005002
↑ 蛹になる寸前のアオムシ(モンシロチョウの幼虫:2008/09/17 撮影)。

Ha01aomushisanagis2080917008001 Ha01aomushisanagis2080917007001

↑ モンシロチョウのサナギ。 早いですね、卵を産みつけられて10日もすると、もうサナギになってしまいます。(2008/09/17 撮影)。 
左:真横から見たところ    右;斜め上から見たところ。

|

« ツルボ(蔓穂)の花 | トップページ | ヤブラン(藪蘭) »

家庭菜園」カテゴリの記事

昆虫」カテゴリの記事

コメント

ああ、穴だらけですねぇ。
昆虫撮影をするようになってから、花についた虫の捕殺さえためらってしまいます。
この青いサナギ、見たのはずっとずっと昔の子どもの頃でした。

投稿: ryoi | 2008/09/18 09:04

ryoi さん、今日は。
白菜は移植して10日経ちましたが、モンシロチョウが待っていましたとばかりに卵を産みつけ、このように穴だらけになりました。

投稿: ぴよんぴょん | 2008/09/18 15:38

モンシロチョウの幼虫の成長から蛹まで
見せていただき理科の勉強をしてるみたいでした。
蛹からの羽化も楽しみにしています。

投稿: mico | 2008/09/18 16:18

mico さん、お早うございます。
冬野菜の栽培開始と同時に、早速モンシロチョウさんがやってきました(泣笑weep)。
で、この機会を利用して、青虫のお勉強をはじめましたhappy01
メダカの学校は池の中ですが、モンシロチョウの学校はハクサイです。そ~とのぞくと、小さなアオムシがうじゃうじゃwobbly
プロの農家の畑では防虫ネット(トンネル)を張りますが、小規模家庭菜園の我が家では、全部即殺はあまりにもかわいそうなので、捕獲して虫かごに入れて移動教室ですevent
最初に生まれた生徒幼虫は、もうさなぎになりました。卵から孵って10日くらいで、さなぎになってしまうので早いですね。途中、寄生蜂に卵を産みつけられて、死んでしまうのもいます。どの蛹が、いつ、蝶々になって、晴れの卒業になるか楽しみにしていますnotes

投稿: ぴょんぴょん | 2008/09/19 06:25

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65909/42510230

この記事へのトラックバック一覧です: 菜園のハクサイとアオムシ:

« ツルボ(蔓穂)の花 | トップページ | ヤブラン(藪蘭) »