« タイワンホトトギス開花 | トップページ | イシミカワ(石実皮) »

2008/09/23

ルリタテハの揺籃(ゆりかご)

玄関脇の花壇の縁石にルリタテハがひらひらと飛んで止まりました。まだ、飛び馴れていないようで、飛び方が何となくぎこちない。どうやら、今年わが家の庭に植えてあるタイワンホトトギスで生まれ育ったルリタテハのサナギが羽化して成虫になったばかりの子のようです。「お誕生おめでとう」と、そっと声をかけました。

Ko01ruritatehachoua11080921004001
↑ 花壇の縁石に翅を休めたルリタテハ。わが家の庭のタイワンホトトギスで育った子のようです(2006/09/22撮影)

Ko01ruritatehayouchyu01a08091400600 Ko01ruritatehayouchyu01a08091401000

↑ 裏庭に植栽したタイワンホトトギス・コーナー(グループB)で、食餌をするルリタテハの幼虫(2008/09/14 撮影)。
卵から孵って2週間くらい経っており、大分大きくなっています。

Ko01ruritatehayouchyu01a08091400100 Ko01ruritatehayouchyu01a08091400400

↑ いつも葉の裏側におり、食餌が終ると、身を丸めたポーズをとって休みます。

Ko01ruritatehasanagia01080921013003 Ko01ruritatehasanagia01080921009002

↑ このくらいの大きさ(4令くらい?)になると、猛烈な勢いで葉を食べはじめます。花鑑賞用のコーナー(グループA)は、葉が食害されて美観が損なわれるので、幼虫は虫かごに疎開させます。グループCのコーナーは、あまり人目につかないところに植えてあるので、ルリタテハの幼虫が葉を食べても自由放任にしています。グループBのコーナーは、タイワンホトトギスの花の観察と、ルリタテハの幼虫の観察の場としています。虫かごにいる幼虫の餌は、このコーナーから供給されますhappy01


Ko01ruritatehasanagia01080921006002 Ko01ruritatehasanagia01080922004002

↑虫かごの中の幼虫が、かごの天井の方に移動し、動きが鈍くなったと思ったら蛹になりました(2008/09/20 撮影)。

Ko01ruritatehasanagia010809210050_3 Ko01ruritatehachoua12080921004001_3

↑ ルリタテハの幼虫の抜け殻:蛹になる時、幼虫時代につけていた毛のついた外皮。

← ルリタテハのサナギ:側面から見たところ。


-----------------------------------------------------------

Ko01ruritatehachoua12080921002001_2 Ko01ruritatehasanagis108092100100_2

↑ ルリタテハのサナギ:上面を見たところ。 目が光っているようで、暗いところにおいて覗くと、何か神秘的な感じがします。

Ko01ruritatehachoua11080921003001

↑ コーナーBのタイワンホトトギスの茎先に止まったルリタテハ。 このコーナーで羽化したルリタテハと思われます(2008/09/21 撮影)。 これから、次々と、サナギが羽化すると思います。

Ko01ruritatehachoua11080921002001

↑ 駐車場のコンクリートの上で休んだルリタテハ。 元気で旅して、また帰って来てください。
-----------------------------------------------------------------------
昨年の「ルリタテハの幼虫が変身!!」(2007/09/12 UP)は、 こちら をご覧ください。
-----------------------------------------------------------------------

|

« タイワンホトトギス開花 | トップページ | イシミカワ(石実皮) »

ガーデニング」カテゴリの記事

昆虫」カテゴリの記事

植物」カテゴリの記事

コメント

ルリタテハってすごい魅力的なチョウですよね。
自分の庭で育てるなんてうらやましいな。

投稿: ryoi | 2008/09/23 13:15

ryoi さん、お早うございます。
ルリタテハ、モンシロチョウやアゲハのように、目のつくところに出て飛び回らないが、なかなか綺麗なチョウだと思っています。
タイワンホトトギスが我が家の庭に植えてあることをいつ知ったのか知りませんが、このところ繁殖期になると毎年尋ねてきてくれます。幼虫は、花は傷めませんが、葉を台無しにしてしまいます。そこで、庭の表の方に植えてあるタイワンホトトギスで産卵・孵化した幼虫は、裏庭に植えたホトトギスに疎開させたり、虫かごに入れて飼ったりしています。
モンシロチョウは野菜の葉を食害するので農家の方は困っていますが、このルリタテハは食草が違うのでそのような心配はなく、ホトトギスと同居して綺麗な成虫になるのを楽しんでいます。

投稿: ぴょんぴょん | 2008/09/24 06:21

我が家のホトトギスの葉が丸坊主、
目を凝らして見ると始めてみる毛虫が・・・
あまりに気持ちが悪くて退治してしまいました。
ルリタテハの幼虫だったんですね。
可哀想な事をしました(反省

投稿: mico | 2008/09/24 14:00

こんばんは。
ぴかぴかのルリタテハが見られるなんてうらやましいです。
でもホトトギスの葉 見事に食べられてしまいますね。
卵からかえって成蝶になるまでどのくらいかかるものなのですか?

投稿: zucca | 2008/09/24 21:49

わぁ~!!(゚ロ゚屮)屮
綺麗なルリタテハチョウの幼虫は、こんな姿だったのですか~
私も知らなかったら、退治していたと思います(ーー;)
ホトトギスの葉をこんなに・・・
日当たりの良い広いお庭で、ぴょんぴょんさんの手厚い保護の成果ですネ
クジャクソウも、ホトトギスも綺麗に満開ですネ♪
我が家の日当たりの悪い庭は、手入れ不足も重なって今年は期待できません(;´д`)トホホ…

投稿: orenge | 2008/09/24 22:37

mico さん、お早うございます。
< 我が家のホトトギスの葉が丸坊主、
あれ~ びっくりされたでしょう。そうです。放っておくと丸坊主にされてしまいますねweep
来年み見つけたら、幼虫は、毒毛虫くさい姿をしているが、刺されてかぶれたりはしないので、捕らえて虫かごに引越しさせたらいかがでしょう。餌は、目立たないところの、余分な葉を与えると、さなぎになり、やがて綺麗な蝶の姿を楽しめるかと思いますが。いかがでしょうdelicious

投稿: ぴょんぴょん | 2008/09/25 05:21

zucca さん、お早うございます。
<卵からかえって成蝶になるまでどのくらいかかるものなのですか?

正確にはわかりませんが、昨年は、9月1日に見つけた幼虫を虫かごに入れて飼ったところ、9月11に蛹になり、9月22日に羽化して成虫になりました。発見したときの幼虫が、卵から孵った日が分かりませんが、孵ってから7日~10日くらいと推定すると、約30日で成蝶になるかと思います。

投稿: ぴょんぴょん | 2008/09/25 05:43

orenge さん、お早うございます。
私も、ルテリタハの幼虫ということを知らないときは、いやな毛虫と思ってつぶしてしまいました。が、kyara-mamaさんの御教示でルテリタハの幼虫ということを知り、以後、虫かごなどに移動させて飼うことにしました。
来年は、虫かごを用意して、見つけたら、虫かごに疎開させて飼育したらいかがでしょうか。やがて、ルリタテハの綺麗な姿を楽しめるかと思います。

投稿: ぴょんぴょん | 2008/09/25 06:04

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65909/42564579

この記事へのトラックバック一覧です: ルリタテハの揺籃(ゆりかご):

« タイワンホトトギス開花 | トップページ | イシミカワ(石実皮) »