« オオイヌタデ:赤花・白花 | トップページ | ツルムラサキ »

2008/09/28

イヌタデ

菜園脇の草むらに生えたイヌタデも赤い花穂が目立つようになりました。

Ha01inutade01080928001002
↑ イヌタデ:タデ科イヌタデ属。( 2008/09/28 撮影) 

Ha01inutade04080928004002
↑ ピンクの小さい花を咲かせます。


Ha01inutade06080928028002
↑ 普通、「赤まんま」と呼ばれているものは、このイヌタデの種かと思うのですが。


Ha01inutade03080927015002
↑ オオイヌタデと似ていますが、イヌタデの「托葉鞘」(または「葉鞘」)は、上の写真のように、托葉鞘と同じくらいの長さの剛毛が縁に付いています(前日掲載のオオイヌタデの托葉鞘には、この剛毛がありません。比較して見てください)。

Ha01inutade07080928002002
↑ イヌタデの群落。

|

« オオイヌタデ:赤花・白花 | トップページ | ツルムラサキ »

果実」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

野草」カテゴリの記事

コメント

こんなにアップで見たのは初めてです~happy01
ぷちぷちのひとつひとつが、開くとこんなに可愛らしいんですね!
あちこちにある草や花も、ちゃんと見てあげたくなります!!

投稿: minigarden | 2008/09/28 18:51

イヌタデを見ると子供の頃のままごとを
思い出します。
二枚目の写真、じべまで綺麗に写っていて
見惚れています。

投稿: mico | 2008/09/29 09:13

minigarden さん、今日は。
子供の頃からアカマンマとして見慣れているので、もう見ることはないかなと思っていましたが、アップして花を眺め、花のことを調べたら、花びらと見たのは「花弁」ではなく「ガク(顎)」だというので驚きました。
そして、オオイヌタデはガクが5裂して、5枚の花びらになっているのに対して、このイヌタデの花は、ガクが4裂して4枚の花びらになっているように見えます。

投稿: ぴょんぴょん | 2008/09/29 12:14

mico さん、今日は。
アカマンマとして親しまれているイヌタデの花、
今年も元気で咲いてくれました。
しかし、不思議にも、今まで花をじっくり見たことがないことに気がつきました。

投稿: ぴょんぴょん | 2008/09/29 12:21

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65909/42622903

この記事へのトラックバック一覧です: イヌタデ:

« オオイヌタデ:赤花・白花 | トップページ | ツルムラサキ »