« イヌタデ | トップページ | モンシロチョウ羽化 »

2008/09/29

ツルムラサキ

菜園のツルムラサキがピンクの可愛らしい花を咲かせました。蔓が紫色(紫茎種)なので「ツルムラサキと呼ばれるようになったが、茎が緑色をしたもの(緑茎種)もあります。夏野菜が終わり、野菜の少なくなった今頃の時期、葉を摘んで、おひたし、炒め物、みそ汁の具などにして食べ、重宝しています。ビタミンA・C、鉄分、カルシュウムに富み健康野菜として人気がありますね。

Ha01tsurumurasakis01080921001001 Ha01tsurumurasakis01080921004001

↑ 左:紫茎種のツルムラサキ。  右:緑茎種のツルムラサキ。
ツルムラサキ:ツルムラサキ科ツルムラサキ属。 原産地:東南アジア。 花は、花弁がなく、ピンク色の花びらに見えるものは、ガク(顎)だそうです。そして、このガクは、口を僅かにしか開かないので、花が開いたという感じにはなりません。そして、いつの間にか黒い実ができる。

Ha01tsurumurasakis01080921003001 Ha01tsurumurasakis01080921006001

↑ 花柄は葉の付け根から出てくる。


Ha01tsurumurasakis01080921002001 Ha01tsurumurasakis01080921005001

↑ 葉は紫茎種も緑茎種もよく似ています。」

|

« イヌタデ | トップページ | モンシロチョウ羽化 »

家庭菜園」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

ふーん、蔓が紫ではないツルムラサキがあるんですねえ。
詐欺罪とかにならないのかしらん(笑)。
お味は紫と変わらないですか?

投稿: はた衛門 | 2008/09/30 07:17

ツルムラサキの花を初めて見たときのことを
思い出しました。
もうこれ以上は開かないんですね。
茎が緑のツルムラサキは初めてです。

投稿: mico | 2008/09/30 09:24

はた衛門 さん、今晩は。
蔓が緑のツルムラサキも結構出回っているようです。
蔓が、紫でも緑でも、味はあまり違いが無いので、どちらも喜んで食べています。
食感は、ホウレンソウ草に似ていて、少しぬめりがありますが、私は納豆やなめこが好きなので、違和感なくを食べられます。

投稿: ぴょんぴょん | 2008/09/30 19:24

mico さん、今晩は。
< もうこれ以上は開かないんですね。
ツルムラサキの花、そ~なんですね。
私も、始めて見たときは、いつ花びらがパッと開いて咲くのがと、ず~と待ったのですがなかなか咲く様子が無く、ど~したのかなと不思議に思っていました。ところが、後で、口をちょびっと開けてそれで開花はおしまいと知ってびっくりしました。
緑のツルムラサキは、この方が野菜らしいと、こちらを好む人もいるようですね。

投稿: ぴょんぴょん | 2008/09/30 19:42

ツルムラサキってこういうお花なんですね~!
栄養たっぷりの健康野菜なので、時々買いますが
こんな可愛いお花をつけるとは、知りませんでした。
葉がつやつやして美しいですが、花もまた面白いです。
蕾っぽいけど蕾じゃないんですね~。

投稿: minigarden | 2008/10/01 12:10

minigarden さん、今日は。
ツルムラサキ、野菜として栽培し、おいしく食べています。花は切花として飾るのはちょっと無理ですが、なかなか綺麗で、目の保養になります。

投稿: ぴょんぴょん | 2008/10/01 14:32

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65909/42634377

この記事へのトラックバック一覧です: ツルムラサキ:

« イヌタデ | トップページ | モンシロチョウ羽化 »