« より遠くへ飛ぼう・・・イロハカエデとカラコギカエデの翼果 | トップページ | 萩、尾花と中秋の名月 »

2008/09/14

トチ(栃)の実

散歩道の一つ、T大学構内の道路脇の林の中にトチ(栃)の実が落ちていました。セイヨウトチノキか、日本在来種のトチノキか判りませんが、栗色の艶々した種子の色は何か惹きつけられるものがあり、つい拾ってしまいます。

Ha01tochinomi01s080914001001
↑ 皮つきのトチの実。セイヨウトチノキかと思われるが正確な樹種は不明。

Ha01tochinomi01s080914002001
↑ 外皮は三つに分裂し、中からクリに似た種子が出てきます。

Ha01tochinomi01s080914004001
↑ 種子はほぼ円形で、強い苦みがあるので、そのままでは食べられません。

Ha01tochinomi01s080914006001
↑ 割ってみると、クリのようなクリーム色の実が見えます。「あく(灰汁)抜き」の処理をすると、「トチ餅」や「トチ麺」をつくって食べることができます。灰汁抜きの方法はいろいろな仕方がありますが、広島の紅茶のお店「午前10時午後3時」のブログで紹介されている「栃の実のあく抜き」法が、具体的で参考になると思います。

Ha01tochinomi01s080914007001 Ha01tochinomi01s080914008001

↑ 外皮の模様がなかなか渋いですね。3個のうち2個を掲げました。同じ果実でもよく見ると、柄に微妙な違いがあります。あなたは、どちらがお好みですか。

Ha01tochinomi01s080914009001
↑ トチノキ:比較的湿潤の地を好み、他の高木に被われて半日陰になったところでも耐えます。

|

« より遠くへ飛ぼう・・・イロハカエデとカラコギカエデの翼果 | トップページ | 萩、尾花と中秋の名月 »

果実」カテゴリの記事

樹木」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65909/42470987

この記事へのトラックバック一覧です: トチ(栃)の実:

« より遠くへ飛ぼう・・・イロハカエデとカラコギカエデの翼果 | トップページ | 萩、尾花と中秋の名月 »