« コアシナガバチ | トップページ | キゴシジガバチ »

2008/09/02

ヤブカラシの花とクロアナバチ

菜園の脇の林は、いまヤブカラシ( cf. 2007/08/29 UP )などの雑草が繁茂する人間様にとっては厄介なヤブになっているが、ここに棲む昆虫たちにとっては棲み心地の良い天国となっています。 そんな中にクロアナバチが、ヤブカラシの花の密を吸って(?)いました。

Ko01bmonsuzumebachi0808290030s3_2
↑ ヤブカラシの花盤の密を吸うクロアナバチ。 クロアナバチ:アナバチ科(旧ジガバチ科)アナバチ属。 体長25~30mm 体は全身黒色であるが、オスは額に銀色(~白色)の毛が密生する。また、胸と腹の間(前伸腹筋)にも白い毛が密生している。

Ko01bmonsuzumebachi0808290010s3
↑ ヤブカラシの花は、朝方咲き、花の寿命は短い。そのため、写真の花は花弁と雄しべは殆ど落ちてしまっている。ハチは、オレンジ色の「花盤」の密を吸いにやってきているようである。花盤の中央に立つローソク立てのようなものはメシベである。

Ko01bmonsuzumebachi0808290040s3
↑ クロアナバチは地中に穴を掘り、ツユムシ類やササキリ類の昆虫を捕らえて巣穴へ運び込み、卵を産み付けるそうです( ryoi さんのブログ参照ください )。
卵から孵ったハチの幼虫は、産み付けられた昆虫(ツユムシなど)の体を食べて成虫に生長する。
しかし、このクロアナバチの上手を行く昆虫がいるという。それは、ヤドリバエという昆虫である。クロアナバチは、最初に捕まえたツユムシなどの獲物を穴の中に残したまま、穴の口を開けっぱなしにして、しばしば次の獲物の狩に出かけることがあるそうです。その隙に、ヤドリバエが穴の中に入り込んで第1の獲物に卵を産み付けてしまう。ヤドリバエの卵はクロアナバチの孵化よりも早く孵化するので、先に孵化したヤドリバエは宿主の体を食べて生長し成虫になる。かくして、先に卵を産み付けられたクロアナバチの卵は孵化する前に、ヤドリバエの卵の孵化によって先を越され、最悪の場合にはヤドリバエの幼虫に喰い殺されててしまうという運命を辿る。

---------------------------------------------------------------
今朝は、昨日に続いてよいお天気でした。気候も涼しくなり、いよいよ冬野菜栽培の季節になりました。昨日、”瑞穂村の市場”「あれこれ」で、冬野菜の苗、ハクサイ(新理想、18株、472円)、キャべツ(稜山2号、9株、262円)、ブロッコリー(ハイツST、9株、269円)、カリフラワー(スノークラウン、9株、269年)を購入しました。今日は夕方涼しくなってから、菜園の起耕と施肥をすませ、まず白菜(新理想)の苗18本を移植しました。残りのキャべツ、ブロッコリー、カリフラワーは明日植えつける予定です。

|

« コアシナガバチ | トップページ | キゴシジガバチ »

家庭菜園」カテゴリの記事

昆虫」カテゴリの記事

植物」カテゴリの記事

コメント

今日は朝からエアコンを入れています。
ブログの紹介ありがとうございます。
そう言えばその後クロアナバチの巣の所に行っても、もういなかったです。
偽の穴を複数掘るのは、やはり卵が被害に会うのを認識はしているのですね。
環境が人間の手で変わるので虫たちも大変です。

投稿: ryoi | 2008/09/03 09:23

こんにちは
クロアナバチ初めて知りました。
蜂も種類が多いですね。

投稿: mico | 2008/09/03 15:53

ryoi さん、今日は。
ヤブカラシの茂ったヤブに、いろいろなハチが訪れていることが判りました。
クロアナバチも面白いですね。でも、未だ巣穴は見つけていません。もう、繁殖期は終わってしまったのかな~

投稿: ぴよんぴょん | 2008/09/03 16:20

mico さん、今日は。
菜園脇のヤブにいろいろなハチがやってきます。
狩をするハチもいるのでそれを見たさに、花はそっちのけで追いかけこしていますhappy01

投稿: ぴよんぴょん | 2008/09/03 16:43

冬野菜の苗の植え付け時期になっているんですね。
大根の種蒔きばかり気にしていましたが「ブロッコリーの苗も植えなくちゃーいけない」と気がつきました。
苗の値段は全部ででこの値段ですか。だとしたらかなり安いですね。1本当たりだとしたら高すぎるし。伊豆のホームセンターではブロッコリーの苗が去年で1本当り100円くらいだったような記憶があります。

投稿: taka | 2008/09/03 21:19

taka さん、お早うございます。
1週間ほど前から、雨が降ったり止んだりで、畑仕事ができなかった農家の方たちも、雨が止み、涼しくなったので、冬野菜の種まきや苗の移植を始めました。農家の方たちの、農作業とそのアドバイスが、私たちの菜園作業のお手本になるので、栽培の指針としてよく利用させてもらっています。
苗は地元のホーム・センター(HC)で購入しました。このHCでは、セルトレイ(1セルの寸法:縦3cmx横3cmx深さ3cm)で育苗したハクサイ、キャベツ、ブロッコリー、カリフラワーなどの苗が1株当たり30円くらいで購入できます。もう少し経つと、一般のHCでも売り出されている3号ビニールポットに鉢上げされた苗が売り出されますが、価格はセルトレイの苗の倍近くの値段になります。私はポット苗は、移植したトレイ苗がネキリ虫などにやられたときなどに、補植用とし購入しています。

投稿: ぴょんぴょん | 2008/09/04 06:57

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65909/42356746

この記事へのトラックバック一覧です: ヤブカラシの花とクロアナバチ:

« コアシナガバチ | トップページ | キゴシジガバチ »