« マツバギクとイチモンジセセリ | トップページ | ヤブカラシの花とクロアナバチ »

2008/09/01

コアシナガバチ

わが家の菜園の人参畑の隅の木杭にアジナガハチが止まっていました。体の紋様からコアシナガバチと思われます。アシナガバチの仲間は、スズメバチほどではないが、刺されるとかなり痛いそうです。怒らせるといけないので、遠くからそっと撮りました。

Ko01koashinagabachibachi08082700200
↑ コアシナガバチ:スズメバチ科アシナガバチ亜科アシナガバチ属。 体長11~17mm
キボシアシナガバチによく似ているが、本種は①胸と腹部の境目に黄色い帯線がある。②腹部の2番目の横線が茶色であることから両者は区別できる。

Ko01koashinagabachibachi08082700100
↑ 巣をつくりにきたのか、狩にきたのか、あるいは偶然ここに立ち寄ったのか判りません。

Ko01koashinagabachibachi08082700500
↑ しばらくして、もう収穫の終わったナスの葉に止まりました。近くには人参もまだ残っています。
以前、人参の葉にキアゲハの幼虫がいたのが突然姿を消してしまった。どこを探しても見あたらないので不思議に思ったが、ひょっとすると、このコアシナガバチの犠牲になったのかなと、ふと思いました。


|

« マツバギクとイチモンジセセリ | トップページ | ヤブカラシの花とクロアナバチ »

家庭菜園」カテゴリの記事

昆虫」カテゴリの記事

コメント

アゲハの幼虫の40%以上が寄生バエや寄生蜂にやられてしまうと読んだことがあります。 鳥やアシナガ蜂の餌食にもなるし,生き伸びるという事は大変ですね。
飛んでいるアゲハを見るといじらしくなるし,10年以上もベランダに置いてあった2本の柑橘を取り去って申し訳ない気持ちも湧いてきます。 

投稿: ryoi | 2008/09/01 18:28

アシナガバチは身近にいますが、構わなければ刺されないと勝手に信じています。(おそらく迷信でしょう)

それよりアゲハの幼虫が蜂の餌食になっていたとは驚きです。あれだけの幼虫が全部アゲハになったら大変な数だなあとは思っていました。

投稿: taka | 2008/09/01 22:41

くびれた腰や黄色い帯なかなかお洒落です。
弱肉強食、自然界は厳しいですね。

投稿: mico | 2008/09/02 07:55

去年の夏、アシナガに二度(10日くらいの間に)刺されました。なので、その姿を見るとちょっとビビります(笑)。
最初は太もも(短パンでした)、二度目は手の甲で、どちらも見事に固く腫れ上がりました。太ももにはまだその傷痕が残っています。
takaさんと同じ考えで、それまでは目の前を飛びまわっていても気にしませんでしたが、二度ともいきなりやられたので油断は禁物のようです。
というか、どうやらアシナガが潜んでいたところを騒がせたのが原因のようです。怪しい場所は、長い棒などでゆすってから近づくのが良さそうです。

投稿: はた衛門 | 2008/09/02 08:15

ryoi さん、今晩は。
アゲハ、成虫になるまでに40%以上が、外敵の犠牲になるのですか。
一見、優雅に見えるアゲハもハチや鳥に狙われて、生きていくのが大変なのですね。

投稿: ぴょんぴょん | 2008/09/02 18:46

taka さん、今晩は。
アシナガバチにはまだ、刺されたことが無いですが、刺されたらちょっと痛たそうですね。
無闇に追い掛け回さないで敬遠することにしています。

投稿: ぴょんぴょん | 2008/09/02 18:51

mico さん今晩は。
コアシナガバチ、背中の模様などなかなか洒落ていますね。
でも、お尻が尖っていて、刺されると痛そうですね。

投稿: ぴょんぴょん | 2008/09/02 18:56

はた衛門 さん、今晩は。
げぇ~ アシナガに二度も刺されたのですか~
痛かったでしょう。とんだ災難でしたねconfident
縄張りの、領域に入ると攻撃してくるのでしょうか、先に気がつけばよいが、うっかりできませんね。
こちらも、草薮などに入るときは、気をつけま~す。


投稿: ぴょんぴょん | 2008/09/02 19:11

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65909/42345610

この記事へのトラックバック一覧です: コアシナガバチ:

« マツバギクとイチモンジセセリ | トップページ | ヤブカラシの花とクロアナバチ »