« カルガモ | トップページ | アオマツムシとアオムシ »

2008/10/23

食用菊(料理菊)

わが家の菜園のお隣に植えられた食用菊(料理菊)の花が咲きだしました。食用菊は2種類あり、一つは八重の黄色い花を咲かせる「阿房宮」の系統の品種で、他の一つは紫色の花を咲かせる「もってのほか」ないしは「延命薬」の系統の品種です。

Na01081023kikuaomatsumushis010010_2
↑ 黄花の食用菊。 青森県を中に生産されている「阿房宮」の系統です。鑑賞用の切花としても十分楽しめますね。

Na01081023kikuaomatsumushis01002001 Na01081023kikuaomatsumushis01003001

↑ 市場用として栽培されていないので、花は気ままに咲いています。


Na01081023kikumottenohokas01002001 Na01081023kikumottenohokas01003001

↑ 紫花の食用菊:こちらは山形県や新潟県を中心として生産されている「もってのほか」乃至は「延命薬」系統の食用菊です。

Na01081023kikumottenohokas0100100_2
↑ こちらも、特に手入れはせず、放任状態で花を咲かせています。


|

« カルガモ | トップページ | アオマツムシとアオムシ »

料理」カテゴリの記事

コメント

こんばんは
食用菊、聞いたことはがありますが
まだ一度も口にしていません。
見事な開花で切花としても利用できますね。

投稿: mico | 2008/10/23 19:57

食用菊、満開ですねぇ♪
目で楽しめて、食べられていいですネ

投稿: orenge | 2008/10/23 23:22

おー、おいしそう!って、普通は思わないですよね、花を見ても。
これを食べるという発想は、いったいどこから出たんでしょうね。
でもおいしんですよね、これが。
今、新潟に来てるんですけど、こっちの居酒屋ではたいがいこれが出ます。

投稿: はた衛門 | 2008/10/24 06:56

近所の奥さんが多分上の種だと思いますが,食用菊を鉢で栽培していました。
しかし下の「もってのほか」は名前からしてくせ者ですね。薬用効果があるのでしょうか?
うーん・・・

投稿: ryoi | 2008/10/24 07:39

mico さん今日は。
食べられる菊は、関東、特に東北地方では、古くから人気のある健康食品ですゥ
こちらの、スーパーでは、もう黄色いものや、紫色のものが、プラスチックのケースに入れられて売り出されています。
酢の物、吸い物、天ぷらなど、など、色々な調理法があり、おいしいですよ~

投稿: ぴょんぴょん | 2008/10/24 16:11

orenge さん、今日は。
食用菊、食べるのは、ちょっともったいないような気もしますが、手軽に料理できる健康食材ですね。

投稿: ぴょんぴょん | 2008/10/24 16:20

はた衛門 さん、こんにちは。
今、新潟ですか。食用キクは今が旬ですね!
居酒屋で、キクの酢の物などを「おつまみ」として、お酒を飲んだら最高ですね。
吸い物、天ぷらで食べてもいいですね。本場ものの菊を是非堪能してください。

投稿: ぴょんぴょん | 2008/10/24 16:31

ryoi さん、今日は。
黄色い食用菊の方がこちらでも多く出回っているようです。
「もってのほか」の名前は、「天皇の御紋である菊の花を食べるとは”もってのほか”である」ということと、でも食べたら「もってのほか美味しかった」ということに由来しているそうです。正式の名前は、「延命楽(エンメイラク)」で、もともとは薬用菊(ヤクヨウギク)で、食用に品種改良されたとか。
酢の物が、手っとり早くつくれて、お酒のおつまみにいいですね。

投稿: ぴょんぴょん | 2008/10/24 16:47

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65909/42880356

この記事へのトラックバック一覧です: 食用菊(料理菊):

« カルガモ | トップページ | アオマツムシとアオムシ »