« クジャクアスター | トップページ | キタテハとツマグロヒョウモン »

2008/10/04

ウド(独活)の花

お隣の菜園の片隅に植えられた ウド(独活) が花を咲かせ始めました。小さい白い花が、球状の花序をなしており、ヤツデの花にちょっと似ています。

Ha01081004udo01031002
↑ ウド:ウコギ科タラノキ属。 多年草。 若い芽は香りが良く、春の山菜として珍重されたが、現在では畑で栽培されたりしている。写真は、栽培されているウド。

Ha01081004udo01017002

↑ よく見ると雌花と雄花が別々に咲いています。

Ha01081004udo01011002 Ha01081004udo01010002

↑ 左:雌花  右:雄花 

Ha01081004udo01036002 Ha01081004udo01023002

↑ 花の咲く頃になると、芽も硬くなり、もはや食用にも利用されなくなります。


 

|

« クジャクアスター | トップページ | キタテハとツマグロヒョウモン »

」カテゴリの記事

コメント

ぴょんぴょんさん、こんばんは
ヤツデの花そっくりなこの花、先日見かけたんですョ
うどの花だったんですネ♪
でも、畑では無かったような・・・?
何処で見かけたのか忘れてしまいました(^^ゞ
でも、花が咲くと食用にはならないんですね・・・残念(^^ゞ
 
ローズヒップティーの作り方の紹介ありがとうございます。
参考にさせていただきます♪
追記で載せた時に、TBがまた送られてしまったようで、二重になってしまいました。すいません

投稿: orenge | 2008/10/05 01:11

orenge さん、お早うございます。
「ウドの大木、柱にならず」
その昔、ウドの木を見ていなかった頃、「ウドの大木」って、どんなに大きくなるのだろうと思っていましたが、実際にはせいぜい高さ2mくらいで成長は止まるようですね。これでは、大きくなっても、「柱」にはならないですね。
ローズヒップティー、TBどうも有難うございます。
2重でも、当方、差し支えありませんので、そのままにしておきます。

投稿: ぴょんぴょん | 2008/10/05 07:04

ウドの地下栽培は戦争で栽培が禁止されたので、農家の人が地下でこっそり栽培していたのがきっかけだと聞いたことがありますが、本当の話でしょうか?
ウドの大木の真実を求めてTVリポーター(芸人だったかな?)が小笠原に行ったのをTVで見ました。 ほんとに大木でしたよ。 でも確かそれはウドノキだったかも。

投稿: ryoi | 2008/10/05 09:58

独活の花は初めてです。
ヤツデの花に似た感じですね。

投稿: mico | 2008/10/05 10:06

ryoi さん今日は。
ウドの地下栽培の話、知りませんでした。どうして、ウドの地下栽培が戦争中に禁止されたのでしょうね、少し調べてみます。
よく知られている「ウドの大木」の話も、面白いですね。どうしてそのような話(諺)が生まれたのでしょうか。これも、私にとっては謎です。

投稿: ぴょんぴょん | 2008/10/05 15:34

mico さん今日は。
ウドの花、花だけ見せられたら、ヤツデの花と間違えてしまいそうですね。

投稿: ぴょんぴょん | 2008/10/05 16:42

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65909/42684972

この記事へのトラックバック一覧です: ウド(独活)の花:

« クジャクアスター | トップページ | キタテハとツマグロヒョウモン »