« 菊が花盛りです | トップページ | 千両、万両、藪柑子の実、赤く色づく »

2008/11/05

サトイモの収穫

昨日(11月4日)は菜園日和のお天気、午後からサトイモ堀をしました。
5月22日に種芋(どだれ:土垂れ15個、石川4個)を植え付けてから、135日(約3カ月半)目で収穫です。
今年の夏は、日照り気味で、畑が乾燥し、サトイモの葉がちょっと赤くなりましたが、何とか持ちこたえてくれました。収穫量は7株でコイモ約10kgの収穫です、1株あたり1.45kgの収穫量となりました。これは、私としては満足の収穫量です。

Ha01081029satoimo01001002
↑ 本年度収穫のサトイモ(品種:どだれ。写真は10月18日に試し堀りでとったもの。)

↓ 成長の記録

Ha_01satoimo01080604001001 Ha01080625satoimohonba001001

↑ 左:芽が出ました(撮影:6月4日)    右:本葉が広がりました(撮影:6月25日)

Ha01081018yasaihatake01026002
↑ ためし掘りをしたときのサトイモの成長状況( 2008/10/18 撮影)

↓ いよいよ収穫です(11月4日)

Ha01081104satoimo019002 Ha01081105satoimooyakabu004002

↑ 左:葉柄を地上10cmくらいの高さで切り取る。 右:コイモをはずさないようにして堀上げたサトイモ
すぐ利用するイモは、その場で、子イモ、孫イモを親イモから取り外します。

Ha01081105satoimooyakabu001002 Ha01081104satoimo021002

↑ 左:子イモ、孫イモを取り外したあとの親イモ。 右:来年の種芋用として残しておく株。
親イモはもったいないが廃棄します。 来年の種芋用として残しておく株(2株)は穴を掘って貯蔵する予定。
あと、2株はそのまま畑に残し、来春掘り上げることにする(どのくらい、保存に耐えるかの実験です)

Ha01081104satoimo032002 Ha01081104satoimo031002

↑ 左:親イモから取り外した子イモ、孫イモ。7株全部で収穫量は10.1kg  右:茎つき子イモ。収穫量5.2kg。茎付き子イモは、味や食感がちょっと落ちますが、試食したところ十分食べられたので、これも食べることにしました。

Ha01081104satoimo012002
↑ 1 個のサトイモでこれくらいの収穫がありました。 1株あたりの収穫量は、平均1.45kg/株。

 

 

|

« 菊が花盛りです | トップページ | 千両、万両、藪柑子の実、赤く色づく »

家庭菜園」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。
里芋の収穫 おめでとうございます。
豊作ですね~、
この冬は自前の里芋でまかなえそう(^o^)丿
とろっとした食感 大好きです。

↓の菊の花 種類も多く皆きれいに咲いていますね。
私はバラの花の写真を沢山撮り、ブログにどう載せようか迷って スライドショーにしました。
ぴょんぴょんさんの載せかたも参考になりました。

投稿: zucca | 2008/11/05 21:24

こんばんは。
見事な里芋が収穫できましたね。
素晴らしい。おめでとうございます。

うちは種イモをJAのお店で買おうと思っていたのですが、買いそびれて植え付けの時期を失してしまいました。予定していた種イモって、食用に売っている泥付き里芋ですが。一昨年は、それでうまく育ったので。

投稿: taka | 2008/11/05 21:32

zucca さん、お早うございます。
里芋の収穫が終わりました。里芋は、作りはじめて2年目です。何とか要領を覚えました。あまり日が当たらなくても、他の作物に比べて収穫はそれほど落ちないということが分かりました。

投稿: ぴょんぴょん | 2008/11/07 06:30

taka さん、お早うございます。
里芋、思ったより収穫が多かったので嬉しいですね。貯蔵は難しそうですが、お正月くらいまでは保ちそうです。
小芋のつるっとした食感がなんともいえないですね。
種芋は我が家でも、知人から福井県大野産の里芋「石川」を頂き、あまりにも美味しかったので、4個ほど、種芋として使いました。これも立派に収穫できましたよ。

投稿: ぴょんぴょん | 2008/11/07 06:41

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65909/43018943

この記事へのトラックバック一覧です: サトイモの収穫:

« 菊が花盛りです | トップページ | 千両、万両、藪柑子の実、赤く色づく »