« アカタテハ、キタテハとシジュウカラ:裏庭に来た蝶と鳥 | トップページ | センダンの実とツグミ »

2008/12/02

生姜糖と生姜の佃煮

先週、ショウガの最後の収穫を済ませました。今年は、8月頃からの、新生姜から始まって、葉生姜が沢山できて、娘夫婦や東京の親戚などにおすそ分けしたが、まだ余ってかなりの根生姜(ひね生姜)ができました。細君が、この根生姜で「生姜糖」をつくりました。意外と美味しく、たちまち無くなってしまった。そこで、今度は私が生姜糖作りに挑戦しました。奮闘の甲斐あって、焦がさずにうまく砂糖の結晶を出すことに成功しました。

Ha01081201syougatous01001001
↑ 菜園で収穫した「根生姜(ひね生姜)」。、生で食べるには、ちょっと辛すぎるので、生姜糖をつくりました。

Ha01081201syougatous01002001
↑ 出来上がった生姜糖。 これくらいの生姜糖が2皿(合計約400グラム)できました。

Ha01081201syougatous01004001
↑ 結構、美味しいと自画自賛しています。

Ha01081105syougas01002002 生姜糖 レシピ
材料

根生姜  300g(皮むき済み)
砂糖(ざらめ) 250g
水        250cc

①:スプーンを使って、生姜の皮をそぎ落とし、繊維に直角になるようにして厚さ2mmで切る。
②:①の生姜を水で茹でる。水の色が変わったら、水を入れ替えて、また茹でる。水が澄むまで$~5回茹でる。
③:②が出来上がったら、鍋に砂糖(250g)と生姜(300g)を入れ、水(250cc)を加え、しゃもじでかき混ぜつつ、沸騰するまで強火にかける。沸騰したら、弱火にして、しばらくそのままにする。ただし、目は離さないこと。
④水分が減ったら、以後、砂糖の結晶ができるまで、ひたすらかき回す。ある時点で、突然砂糖ができるので、さらに焦がさないようにしてかき混ぜる。煮汁が完全に無くなり、砂糖が乾いてきたら、火を止めて、ザルあるいは大きな皿などに広げて乾かす。

↑収穫寸前の生姜(撮影 11月5日)


Ha01081201syougatsukudanis01003001
↑ 生姜糖の好評に気をよくして、「生姜の佃煮」もつくりました。

|

« アカタテハ、キタテハとシジュウカラ:裏庭に来た蝶と鳥 | トップページ | センダンの実とツグミ »

家庭菜園」カテゴリの記事

料理」カテゴリの記事

コメント

どちらも美味しそうです、
自家栽培だからこそ楽しめることですね。

投稿: mico | 2008/12/03 09:54

mico さん、今晩は
生姜の砂糖漬と佃煮はいずれも初挑戦でしたが、まあまあ満足できる出来となったので、来年も生姜作りを続けたいと思っています。

投稿: ぴょんぴょん | 2008/12/03 17:42

ぴょんぴょんさん、こんばんは。
ぴょんぴょんさんはお料理もされる方だったのですね~。
生姜糖と佃煮 成功おめでとうございます。
私の場合 初挑戦の時は成功するのですが
2度目は気がゆるみ だいたい失敗します(^^ゞ
ぴょんぴょんさんはそんな事ないと思いますが
自分で作った作物で作れるのは幸せですね~。
生姜糖は 私も大好きですnote

投稿: zucca | 2008/12/03 20:16

zucca さん、お早うございます
クッキングは、ここウン十年、細君に任せ切で、していなかったのですが、菜園を始めて2年目、栽培の要領も覚えて少し余裕ができたので、始めました。レシピと首っ引きでしたが、うまくできると楽しいものですね。
病み付きになりそうですhappy01

投稿: ぴょんぴょん | 2008/12/05 12:45

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65909/43300655

この記事へのトラックバック一覧です: 生姜糖と生姜の佃煮:

« アカタテハ、キタテハとシジュウカラ:裏庭に来た蝶と鳥 | トップページ | センダンの実とツグミ »