« バリ島の野鳥(1) | トップページ | バリの稲作:2毛作、3毛作 »

2008/12/19

バリ島の野鳥と小動物(2)

いま北半球の日本は冬で、冬鳥たちが訪れていますが、ここバリ島は南半球(南緯8度くらい)に位置して、今は夏の気候です。長年の気候統計値ではバリ島デンバサールの12月の平均最高気温は31度ですが、今回の旅でのデンバサールの体感気温は半そでのポロシャツでやや汗ばむというくらいの気温でした。ここは、周りが海に囲まれた島なので、夏と言っても大陸砂漠のように、全天雲ひとつ無い晴天の酷暑と違って、海面からの水の蒸発によって、島は一日中、雲が行きかう、晴れたり曇ったりの天気で、時には村雨のようなシャワーによって島が給水を受けるので、割合に凌ぎやすい夏となっています。

Ta01081211meliabalinusadua01020002
↑ サギ: 足指が黄色くないのでコサギではないようです。首が長く、嘴も長いのでダイサギのように見えます。
メリア・バリ・ホテルの中庭の池に泳いでいる魚を食べに来たようです。周辺には水田が分布しているのでサギが沢山います。ツバメも飛んでいましたが、残念ながら私の技量では飛んでいる鳥の写真は撮れませんでした(撮影 2008/12/11 at Melia Bali Villas & Spa Resort)。

Ta01081211meliabalinusadua01039002
↑ ハトの仲間:キジバトに似ていますが、島には割合と多くの場所で見かけます。ホテルの庭で、朝早くから鳴いていました。この固体はメリア・バリ・ホテルの中庭で見かけたものです(撮影 2008/12/11 at Melia Bali Villas & Spa Resort in Nusa Dua )。

追記:上の鳥は、ジュリジュリさん、yossyさんのご教示により、調べた結果、ジュリジュリさんのご指摘とおり、カノコバトであると思われます。有難うございました。

To01081212panoramahotelyachou010130
↑ ハトの仲間:こちらは、少し山の中に入ったウブド(Ubud)のホテルの庭で見かけた固体です(撮影 2008/12/12 at Panorama Hotel in Ubud )。
カノコバト:ハト目ハト科。 学名:Streptopelia chinensis  英名:Spotted necked dove
原産地はアジア南部で、東南アジアでは普通に見られる鳥のようです。

To01081212panoramahotelyachou010060
↑ 名前不詳の野鳥:ウブドのパノラマ・ホテルの中庭にいました。尖った嘴の先が曲がっており、首のところに青い班があって、お腹が黄色い綺麗な鳥でした。しかし、動きが早く、かつ遠い所にいたので、写真はぼけぼけです(撮影 2008/12/12 at Panorama Hotel in Ubud in Nusa Dua )。

追記:上の鳥も、ジュリジュリさん、yossyさんのご教示により、調べた結果キバラタイヨウチョウ(黄腹太陽鳥)と判明しました。どうも有難うございました。
キバラタイヨウチョウ:スズメ目タイヨウチョウ科 学名:Nectarinia jugularis 英名:Olive backed Sunbird オーストラリア名:Yellow bellied Sunbird インドネシア名:Burung madu buning
この固体は喉と胸はメタリックブルー(光線の具合で黒く見えることもある)で、お腹が黄色いのでオスと見られます。メスは、このメタリックブルーが見られず、身体の下部が黄色一色になっているそうです。

↓  島の小動物 : リス (のようです)

Ta01081211meliabalinusadua01061002

Ta01081211meliabalinusadua01060002

↑ リス?:これも動きが早くて、なかなか顔を見せてくれません。バリ島の東南部、ウブドのパノラマホテルの中庭で見かけました(撮影 2008/12/12 at Panorama Hotel in Ubud )。

↓ コウモリ : タナロット寺院の門前街で見かけました。

↑ タナロット寺院からの日没を眺めた帰り、門前のあるお店の前に、このコウモリがぶら下げられていました。店のおじいさんがこのコウモリを飼っていて、毎日、店頭に置き、お客さんの人集めに使われているようです。
動画の画面で、コウモリが時々黄色くなったり、赤くなったりしているのは、見物しているお客さんがカメラのフラッシュを焚いたときの閃光が映ったものです。

|

« バリ島の野鳥(1) | トップページ | バリの稲作:2毛作、3毛作 »

旅行・地域」カテゴリの記事

自然」カテゴリの記事

野鳥」カテゴリの記事

コメント

こんにちは
冬に夏の気候を楽しめるなんて最高の贅沢ですね。

投稿: mico | 2008/12/19 16:17

mico さん、今晩は!
インドネシア6日間の旅と言っても、正味5日間の滞在で、あっという間に5日間は過ぎてしまいました。
でも、ちょっとでもリフレッシュできたので、満足しています。また、行きたいですね~

投稿: ぴょんぴょん | 2008/12/19 19:02

こんばんは。
インドネシアでは 日本で見られない いろんな鳥とも出会えたのですね~。
キジバトも ちょっと違いますね~。
お腹の黄色い鳥もきれいです。名前は全然分かりません~。
リスもいるんですね~。
豊かな自然と生態系があるのでしょうね。

こうもりって意外と大きいんですね~。

インドネシアの旅 とっても楽しんで来られたのが良くわかりま~す(^o^)丿

投稿: zucca | 2008/12/19 21:10

インドネシアは、暑いのですね。
日本が冬で、急に暑い夏では、体がびっくりしちゃいそうですね。
こちらのハトさんは、カノコバトかな。
黄色いのは、キバラタイヨウチョウかと・・・
これらも、今一度調べなおしてくださいね。

あはは、赤く光るコウモリかと思ってびっくりしました。
でも、こんな店先にぶる下がって平気なんでしょうか。

投稿: ジュリジュリ | 2008/12/19 21:23

ぴょんぴょんさん、こんにちは。
楽しい視点で自然観察をされていますね♪
植物の名前は、かなりお詳しいようですので、野鳥とくに海外の野鳥の種類を同定するときに、役に立つサイトをご案内させてください。
http://avibase.bsc-eoc.org/avibase.jsp
サーチ項目にカタカナで「ハト」って入れて検索すると、沢山の種類が現れます。学名はもちろん、多くの言語をカバーしています。
次に、http://orientalbirdimages.org/index.php
このサイトで、英語名または学名で検索して、調べたい鳥の写真を見比べます。
お役に立てれば幸いです。

投稿: yossy | 2008/12/20 11:26

zucca さん、お早うございます(*^-^)
インドネシアの行ってきました。
バリ島、ジャワ島は夏の季節で、野鳥がさえずり、草木も色々な花が咲いていました。珍しい蝶々も飛んでいましたが、ツアー旅行なので写真を撮る暇がありませんでした。

投稿: ぴょんぴょん | 2008/12/20 11:58

ジュリジュリ さん、お早うございます。
バリ島、ジャワ島は南緯8度くらいのところにあり、今は雨期で、体感的には、日本の6月末くらいの陽気でした。
少々欲張った旅で、ボロブドールなどの遺跡見学のほかに、花や鳥、蝶々なども観察したいと思っていましたが、じっくり観察する時間がありませんでした。
また、時間が取れれば行ってみたいところの一つとなりました。
鳥の名前の貴重なサゼッション有難うございました。ハトは、「カノコバト」、もう一つの、お腹の黄色い鳥は「キバラタイヨウチョウ」に違いないようですね。いずれも、初見・初撮りの鳥で、嬉しくてぴょんぴょんですhappy01

投稿: ぴょんぴょん | 2008/12/20 12:20

yossy さん、今日は!
遠い、タイからのお便り、有難うございました。
早速、ご紹介していただいたサイトで調べてみました。
ジュリジュリさんにご教示いただいたとうり、ハトは、「カノコバト」、もう一つの、お腹の黄色い鳥は「キバラタイヨウチョウ」に違いないようです。
どうも有難うございました。いま世界は変動のさなかのようですが、ご身体に気をつけて、ますますお元気で御活躍なされますようお祈りします。

投稿: ぴょんぴょん | 2008/12/20 13:05

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65909/43463475

この記事へのトラックバック一覧です: バリ島の野鳥と小動物(2):

« バリ島の野鳥(1) | トップページ | バリの稲作:2毛作、3毛作 »