« キブシの花芽 | トップページ | バリ島の野鳥(1) »

2008/12/17

冬芽・花芽:イヌブナ、イタヤカエデ、オトコヨウゾメ、ロウバイ

秋が終わったかと思ったら、あっという間に冬がやってきました。木々もすっかり冬の準備ができたようです。

Ha01081118inubunas01005003 Ha01081118inubunas01012003

↑ イヌブナ:ブナ科ブナ属。 落葉高木。 原産地:日本、朝鮮半島、中国。
葉は互生で、卵状楕円形~長楕円形。縁に波状鋸歯がある。冬芽は尖って長いですね。
普通のブナは樹皮が白っぽいが、イヌブナは黒っぽい。

Ha01081118itayakaedes01003002 Ha01081118itayakaedes01006002

↑ イタヤカエデ:カエデ科カエデ属。 落葉高木。 原産地:日本、朝鮮半島、中国。
4~5月に小さい淡黄色の花を咲かせる。葉は掌状に浅裂し、無毛で鋸歯が無い。
漢字名:板屋楓

Ha01081118otokoyouzomes01002002 Ta01081211meliabalivsresorts0100100

↑ オトコヨウゾメ:スイカズラ科ガマズミ属。 落葉低木。 原産地:日本(宮城県以南)
4~5月頃に花(散房花序)を咲かす。名前のオトコは男で、ヨウゾメの意味は不明。

Ha01081118roubais01010003 Ha01081118roubais01009002

↑ ロウバイ:ロウバイ科ロウバイ属。 落葉低木。 原産地:中国。

冬(12月~1月)に蝋細工でつくった梅に似た花を咲かせる。
漢字では”蝋梅”。
(撮影 2008/11/18 於 筑波大植物見本園)


しばらくブログをお休みしましたが、インドネシアの旅から無事帰ってきました。リフレッシュした気分で、またブログを続けます。旅の記録は整理が終わり次第UPしたいと思っています。

|

« キブシの花芽 | トップページ | バリ島の野鳥(1) »

植物」カテゴリの記事

自然」カテゴリの記事

コメント

ぴょんぴょんさん、お帰りなさい。
きれいな海と空のバリ島・ジャワ島 初夏の太陽がまぶしそう。
写真も沢山撮られたのでしょうね、
これから楽しみにしています。

ロウバイ 先日行った博物館ではもう花が咲いていました♪

投稿: zucca | 2008/12/18 08:36

インドネシアは南半球にあると勘違いしていました。
ちょうど豪州(シドニー)から姪が帰国していたので(^^ゞ
インドネシアは赤道あたりで 一年中暑いのですよね。
でも 旅行中はそれほどの暑さでなくて よかったですね~、やはり日頃の行い ですね!(^o^)丿

投稿: zucca | 2008/12/18 11:26

zucca さん、今晩は
暖かい(暑い?)南国、バリ、ジャワに行ってリラックスして帰ってきました。
インドネシア、島国で国の領域は広いですね。
スマトラやカリマンタンは赤道直下なので、年中暑いでしょうね。私たちの行ったのは、これらの島より少し南に位置する、バリ島やジャワ島で、日本の真夏のように暑いのかな、と思ったら、雨期で雨が短時間ですが毎日降って、それほど暑くはありませんでした。
行動は少し制約されましたが、暑さでばてなくて良かったと思っています。

投稿: ぴょんぴょん | 2008/12/18 19:40

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65909/43445834

この記事へのトラックバック一覧です: 冬芽・花芽:イヌブナ、イタヤカエデ、オトコヨウゾメ、ロウバイ:

« キブシの花芽 | トップページ | バリ島の野鳥(1) »