« センダンの実とツグミ | トップページ | シイタケ »

2008/12/04

コダチダリア(木立ダリア)

見上げるばかりに大きく育ったコダチダリア(木立ダリア)が、初冬の青空の下、まだ花を咲かせていました。

Ko01081123kodachidaria01008002
↑ コダチダリア。淡い紫色をした大輪の花を咲かせます。
コダチダリア:キク科ダリア属。 多年草。 原産地:中米、南米北部(メキシコ、コロンビア、ボリビアの山地)
花期:11月~12月。 花は直径10~15cmの大輪系で、舌状花は8枚、中央部には多数の黄色い筒状花がある。

Ko01081123kodachidaria01003002 Ko01081123kodachidaria01011002

↑ 草丈は3~4mにもなる。草本であるが茎は木質状で竹の茎のように見える。

Ko01081123kodachidaria01016002
↑ 葉は互生で2~3回羽状複葉。小葉の形は披針形で、葉を見るとダリアの仲間かなと納得できます。
別名:皇帝ダリア、帝王ダリア。 英名:ツリーダリア。


|

« センダンの実とツグミ | トップページ | シイタケ »

植物」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

木立ダリアの満開が青空に映えて見事ですね、
初めて見たときの感動を思い出しました。

投稿: mico | 2008/12/04 11:10

私の家のは側に建物があるのでまだきれいに花を咲かせていますが,畑に植えられた皇帝ダリアはどこの家のも1週間前の霜で上の方の花や葉がしおれてひどいものです。
寒さに弱い花だと初めて認識したのですが,そちらは少し北の方でしたよね?
きれいに咲いているので驚きました。

投稿: ryoi | 2008/12/05 10:11

mico さん、今晩は
キダチダリアがこんなに大きく育つとは思いませんでした。
まだ、蕾は10個以上ありますが、霜が心配です。

投稿: ぴょんぴょん | 2008/12/05 17:27

ryoi さん、今晩は
このキダチダリア(皇帝ダリア)はお隣の、塀越しに咲いたものですが、北風を避けてまだ元気に咲いています。こちらでも、霜は2~3回降ったのですが、このキダチダリア(皇帝ダリア)は幸運にも、大きなダメージを受けなかったようです。

投稿: ぴょんぴょん | 2008/12/05 17:35

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65909/43315615

この記事へのトラックバック一覧です: コダチダリア(木立ダリア):

« センダンの実とツグミ | トップページ | シイタケ »