« バリ島の野鳥と小動物(2) | トップページ | インドネシアの花(1):蓮・熱帯睡蓮 »

2008/12/20

バリの稲作:2毛作、3毛作

バリ島の宿泊第1日目は、バリ島東南部の海岸のヌサドウア(Nusa Dua)というところです。ここは、空港から車で約20分ほどの近距離で、バリ島有数のリゾート観光地となっているところです。土地は海岸近くなので平坦で、空港からヌサドウアに向う途中には、椰子の木がまばらに生え、水田も見られる田園地帯となっていました。

Ta01081211tanbodepasars01001001
↑ ヌサドウアのホテルの周辺には、青々とした水田が広がっていました。
平野部は、広々とした水田が見られたが、空港から北へ車で2時間ほど、渓谷に沿って島の中央部に行くと、渓谷沿いには長いい年月をかけて開拓されたと思われる段々になった水田が見られます。日本でも見られる棚田の風景です。

Ta01081211tanadaubudos01003001
↑ バリ島の棚田(ウブド周辺)。ここでは、稲の収穫が終わっていました。バリ島では、海岸近くの広い平野部では2毛作が普通で、棚田や水管理の良いところでは3毛作も盛んに行われるとのことでした。

Ta01081211tanadaubudos01001001 Ta01081211tanadaubudos01002001

↑ 稲作1サイクルが4か月で年3回収穫できるとは魅力的ですね。しかし生産コストに合う収穫はなかなか難しいようです。

ホテルでは、ブーゲンビレアとハイビスカスが一行を迎えてくれました。

Ta01081211meliabalinusadua01030002
↑ 南国の名花ブーゲンビレア(メリア・バリ・ホテルの中庭にて)

Ta01081211meliabalinusadua01032002
↑ ブーゲンビレア:オシロイバナ科イカダカズラ属。

Ta01081211meliabalinusadua01038002
↑ 日本でもお馴染みのハイビスカス:アオイ科フヨウ属。


 

|

« バリ島の野鳥と小動物(2) | トップページ | インドネシアの花(1):蓮・熱帯睡蓮 »

旅行・地域」カテゴリの記事

植物」カテゴリの記事

コメント

水田に、藁葺き屋根、棚田、といえば、日本の風景のようですが、どこかが違う・・・
そうそう、やしの木に、バナナ?やはり、南国の風景なんですね~。
お花も、南国ですね。沖縄では、ブーゲンビレアも、ハイビスカスも咲いていたけど・・・

投稿: ジュリジュリ | 2008/12/21 01:46

こんにちは
3毛作に驚きました、
さすがに南国ですね。
ブーゲンビレアにハイビスカス、日本の真夏を
味わえるなんて羨ましいです。

投稿: mico | 2008/12/21 14:09

ジュリジュリ さん、今晩は!
ここにも、棚田があったのか~と
日本の山村の原風景を見る思いでした。
日本でもブーゲンビレアや、ハイビスカスが咲いていますが、こちらのすごいところは、これらが周年咲いていることですね。年中暖かい国だということが実感できますね。

投稿: ぴょんぴょん | 2008/12/21 21:24

mico さん、今晩は!
3毛作ですから、勤勉に働き、贅沢をしなければ、食べて行けるかも知れませんね。ジャワの人たちは勤勉で、家も古い感じですが、こぎれいに生活しているように見えました。

投稿: ぴょんぴょん | 2008/12/21 21:33

ぴょんぴょんさん こんばんは
バリ島でたくさんの野鳥と花を
見てこられましたね。
ブーゲンビリアとハイビスカスが咲いているのを見ると
暖かそうでいいですね。

投稿: keira | 2008/12/24 23:00

バリ島旅行はバリ島観光.comにお任せ!

投稿: バリ島観光.com | 2009/05/04 18:47

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65909/43475189

この記事へのトラックバック一覧です: バリの稲作:2毛作、3毛作:

« バリ島の野鳥と小動物(2) | トップページ | インドネシアの花(1):蓮・熱帯睡蓮 »