« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »

2009年1月の記事

2009/01/31

ジョウビタキ

「高崎自然の森」で、お昼のお弁当を食べていたら、ジョウビタキが目の前に飛んできて、挨拶してくれました。
しかし、この日は気温が低く、寒かったのでしょうか、ぷくぷくの姿でした。

To01090128jyoubitaki00700s2
↑ ジョウビタキ:ズズメ目ヒタキ科ツグミ亜科 (撮影 2009/01/28 つくば市「高崎自然の森」)

To01090128jyoubitaki0150s02
↑ 翼の白班ですぐジョウビタキと判りますね。

To01090128jyoubitaki0110s02
↑ この子は何時ころこの森に来たのかな? 我が家の庭の、今冬の初撮りは昨年10月31日でした。


| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009/01/30

アカハラのお食事

裏の柿畑には、ツグミのほかにアカハラも毎日のようにやってきます。それは、腐葉土をつくるために柿の落ち葉を集めて山にしておいたのですが、その落ち葉の山に隠れている昆虫や昆虫の幼虫、あるいはミミズなどを探したして食べようとしてきているのです。
一昨年は、ツグミとアカハラが、ここの柿畑でばったり出会い、大喧嘩をしました(2007/12/11 UP)が、今年はお互いに相手がいない間隙を狙ってきているのか、今のところ競合はしていません。少し、賢くなったのかも知れません。

To0109012401akaharas01005002
↑ 裏の柿畑に日参しているアカハラ。(撮影 2009/01/24)

To0109012401akaharas01004002
↑ 来たときはまず木の上に止まって様子を見て、ライバルのツグミがいないことを確かめてから採餌をするようにしているみたい。

To0109012401akaharas01001002
↑ アカハラ:スズメ目ツグミ科。 分布:中国南部(台湾を含む)、日本、フィリピン北部。
日本では、夏は本州中部以北で繁殖し、冬は本州中部以西で越冬するものが多いようだ。別名「落ち葉返し」


  動画:裏の柿畑でのアカハラの採餌風景



| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009/01/29

カワセミとルリビタキ

20日ぶりで「高崎自然の森」を訪れました。前回は、ミヤマホオジロに会うことができた(2009/01/08 UP)が、今回は会うことができませんでした。その代り、カワセミに会うことができました。また、前回会ったルリビタキにも会うことができました。カワセミは、今年、初見・初撮りです。カワセミもルリビタキも、撮影位置がちょっと遠くて、写真はいまいちでしたが、このほかに、ジョウビタキ、モズ、シメ、シロハラ、メジロ、シジュウカラ、コゲラ、カシラダカなどにも会えたので満足の鳥見散策でした。

To01090128kawasemi004002
↑ カワセミ:ブッポウソウ目カワセミ科。 (撮影 2009/01/28 つくば市「高崎自然の森」)

To01090128kawasemi031002
↑ 背中の方も見せてくれました。


To01090128ruribitaki0120s03
↑ ルリビタキ:スズメ目ヒタキ科ツグミ亜科。 (撮影 2009/01/28 つくば市「高崎自然の森」)

To01090128ruribitaki0020s02
↑ 男の子です。女の子も近くに来ているはずです。
 


| | コメント (6) | トラックバック (0)

2009/01/28

アカバナマンサク

昨年はアカバナマンサクが2月13日に咲きだし、黄花の普通のマンサクは少し遅れて咲きだしたが、今年は黄花のマンサクと、アカバナマンサクは1月25日にほぼ一緒に咲きだしました。

Ha01090127mansakuaka012001
↑ アカバナマンサク。今年は去年より1週間ほど早く咲きだしました。

Ha01090127mansakuaka004001

Ha01090127mansakuaka008001


| | コメント (2) | トラックバック (0)

マンサク

わが家の庭のマンサクが花を咲かせ始めました(撮影 2009/01/27)。

Ha01090127mansakukibana007002
↑ マンサク:マンサク科 落葉広葉小高木。 原産地:中国。 今年は、まだ昨年の枯葉が枝についたまま残っています。

Ha01090127mansakukibana008002
↑ ロウバイが咲き、マンサクが咲きだすと、春も間近に迫ってきたなと感じます。

Ha01090127mansakukibana009002

昨年は、アカバナマンサクが2月4日に咲きました(2008年2月5日UP)が、今年は、この黄花のマンサクと、アカバナマンサクが殆ど同時に咲きだしました。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009/01/27

ツグミのお食事とくつろぎ

ツグミもわが家の裏の柿畑の古い常連です。柿畑に集めた柿の落ち葉の山が、ツグミさんにとっては宝の山のようです。

To01090115tsugumi0030s2
↑ 裏の柿畑にやってきたツグミさん(撮影 2009/01/15)。

↓ 動画1:柿の落ち葉の山を掻き分けて、朝のお食事です。

↓ 動画2:お食事が終わった後は、木に止まってくつろぎます。

ツグミの伸び」のビデオ
powered by @niftyビデオ共有

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009/01/26

シメのお食事風景

わが家の裏庭にやってきたシメさん、すっかり常連さんとなりました。

To0109012401shime01004002
↑ 裏庭の柿の木に遊びに来たシメ(撮影 2009/01/24)

今日は、動画で、わが家の庭でのお食事風景を紹介します。

シメのお食事」のビデオ
powered by @niftyビデオ共有

↑ 裏庭で朝食(?)をとるシメ。食事のメニューは、ジジュウカラさんが地面にこぼしたヒマワリの種子です。美味しそうにバリバリと食べていました。 (撮影 2009/01/26)

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2009/01/25

ロウバイ、メジロ、シジュウカラ

あちこちで、ロウバイの花の咲く便りを聞きましたが、こちらでも、遅ればせながら、くロウバイの花を見ることができました。

Ha0109011601roubai01001002
↑ ロウバイ:ロウバイ科   落葉広葉低木。 花は、花弁と顎から成っているそうですが、区別ができません。


Ha0109011601roubai01008005  Ha0109011601roubai01007003
↑ この花に会うと、春が近づいてきたのかなという実感が湧いてきます。

 「動画」メジロとシジュウカラ:仲良くお食事です。

メジロが食事中に、ヒヨドリが襲ってきて、餌を横取りしたりするので、昨年と同じように餌台に籠をかぶせて、メジロが安心して、餌をたべられるようにしました。餌は、メジロさんの好物のミカンです。
メジロさんには、ミカンをあげたので、シジュウカラちゃんには、リースにした落花生をサービスしました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009/01/24

ハクセキレイ、セグロセキレイ

キセキレイにはなかなか会えませんが、このところ、ハクセキレイセグロセキレイには良く会うようになりました。


To01090107s01hakusekirei01001001
↑ ハクセキレイ(♂) 公園のベンチに座っていたら、どんどん、どんどん近づいてきました。

To01090107s01hakusekirei01002001
↑ ハクセキレイ(♂)

To01090107s02hakusekirei01001001
↑ ハクセキレイ(♀)。同じ公園に’つがい’でいました。公園に落ちていた、小さな木の実を拾っていました。

To01090107s02hakusekirei01002001
↑ ハクセキレイ(♀)

To01090115s03segurosekirei01001001
↑ セグロセキレイ(♂)。裏の柿畑に来ました。いつもは、ハクセキレイ来るのですが、この日はセグロセキレイが来ました。

To01090115s03segurosekirei01006001
↑ セグロセキレイ(♂)

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2009/01/23

キジ:今年の初見・初撮り

昨日(1月22日)は、関東地方は低気圧が通過して、雨となりました。日本海沿岸地域や高いお山では雪となったようですが、こちらは良い「お湿り」となりました。このところ畑の土はからからに乾き、我が家の菜園のエンドウマメも干からびていましたが、この雨で息を吹き返したようです。
こんなとき、裏の柿畑の脇の植え込みに、ひょっこり雄のキジが訪ねてきてくれました。ちょうど、雨は止み、全天雲り空の静かな昼時、キジさんは活発に動き回って、餌探しをはじめました。

To0109012201kijis01006002
↑ 裏の柿畑に姿を現した雄のキジ:今年の初見・初撮りです。 (撮影 2009/01/22 )

To0109012201kiji01005004
↑ 活発に動き回って、採餌していました。

To0109012201kijis01008002
↑ 「今日は!?」 : 目線が合ってしまいました。


| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009/01/22

ダイサギの採餌

「乙戸沼」で、鳥見散歩をしたあとの帰り道、「洞峰沼公園」の脇を通ると、ダイサギが池の畔にいるのに気がつきました。サギの仲間はカモの仲間と違って警戒心が強く、人の姿を見るとすぐ飛び立ってしまうが、このダイサギはそのような様子を見せません。不思議に思って、改めて見直すと、このダイサギ、池の魚を狙い、捕ろうとしている最中だったのでした。

To0109010801daisagi004012_2
↑ 洞峰沼のダイサギ:コウノトリ目サギ科。(撮影 2009/01/08 つくば市「洞峰沼」)

To0109010801daisagi011012_2
↑ 少し薄暗くなっていたので、自動的にフラッシュが働いてしまいました。このダイサギ、よほどお腹が空いていたのでしょうか、それでも逃げませんでした。以後、フラッシユを焚くのは止めたので画像が少し暗くなります。

To0109010801daisagi033021
↑ 水面をじっとにらみました。緊張の一瞬です。

To0109010801daisagi034022
↑ 一気に水面に嘴を突っ込んだと思ったら、見事。魚を捕まえました。

To0109010801daisagi036024
↑ 捕らえた獲物は、あまり大きくなかったが、これでダイサギさん満足したのでしょうか、魚を飲み込んだあと 軽やかに羽ばたいて、たそがれの空に消えてゆきました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009/01/21

バリケン

バリケン(Bariken)は、すっかり、この池に定着したようです。いつ行っても姿を見せてくれます。

To01090108s01bariken000501
↑ バリケン:カモ目カモ科。 原産地:南アメリカ。 別名:台湾アヒル。 英名:Muscovy Duck
南米原産の「ノバリケン」を家禽したもので、数年前から「乙戸沼」に棲みついています。(撮影 2009/01/08 土浦市「乙戸沼」)

To01090108s01bariken000701
↑ 顔がごついので、睨まれるとドキッとします。 お父さんのようです。

To01090108s01bariken009501
↑ 若鳥1:昨年生まれた雛が大きくなりました。

To01090108s01bariken011501
↑ 若鳥2:上の若鳥の兄弟のようです。昨年は、K.Mさんの観察によると、13羽の雛が孵ったようですが、ちょっと数が減りましたね。でも、これくらいが自然かも知れません。

To01090108s01bariken112001
↑ お母さんのようですが、?です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009/01/20

マガモ

「乙戸沼」にはマガモの姿も見られます。しかし、この沼では個体数は、ヒドリ、ハシビロ、オナガなどに比べて少なく、少数派です。

To0109010801magamo003002
↑ マガモ:ガンカモ目ガンカモ科。
 この写真、目はちょっと怖いけれど、しっぽのカールがご愛嬌ですね。(撮影 2009/01/08 土浦市「乙戸沼」)

To01090108s01magamo002002
↑ もう少し、優しい目をしたところをパチリ。
マガモのオスは嘴が黄色で、上尾筒の先がカールしているのが特徴。しかし、アヒルとマガモを交配したアイガモが野生化したものもいるそうです。ここではマガモとしました。


To01090108s01magamo004002
↑ 陸地に上がって散歩していたマガモ。この子は嘴が黄色くない???。(撮影 2009/01/08 つくば市「赤塚公園」)


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009/01/19

オナガガモ

オナガガモも乙戸沼で良く見られるカモで、乙戸沼ではかなり人なれしています。これも、餌やりさんが餌を投げたりすると大急ぎで寄ってきます。

To01090108s01onagagamo01011002
↑ オナガガモ:ガンカモ目ガンカモ科。 冬鳥として全国に渡来する。
乙戸沼で元気に泳いでいたオナガガモ(オス)。(撮影 2009/01/08 土浦市「乙戸沼」)

To01090108s01onagagamo01013002
↑ 潜水して採餌することもあるが、写真のように、浮遊している有機物を採餌することもある。

To01090108s01onagagamo01001002
↑ 割合と人見知りせず、人がパンなどの餌をやると寄ってきます。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009/01/18

ヒヨドリとメジロ

先日、裏庭に来るメジロさんにミカンをあげたのですが、早速ヒヨドリギャングが見つけてミカンを横取りしてしまいました。そこで、去年と同じように、吊り篭を逆さまにかぶせたヒヨドリよけネットをつくり、その中にミカンを置いて、メジロ専用のバード・フィーダー(ちょっと大げさすぎがな)としました。

To0109011801hiyodori01004001
↑ メジロにあげたミカンを見つけて、狙いをつけているヒヨドリ・ギャング。


↓ ヒヨドリ・ギャングのミカンの食べっぷり。

↑ 食べ始めたら、なかなかずうずうしいですね。あっと言う間に平らげてしまいました。
   そこで、去年と同じような、メジロさん専用のレストランをつくりました。

   
To0109011801mejiros01002002
↑ メジロさんは、籠の中に簡単に入れますが、ヒヨドリ・ギャングのからだでは、入り込むのにちょっと抵抗があるでしょう。

To0109011801mejiros01008002
↑ これなら、ヒヨドリ・ギャンングに引っ掻けれないで安心して食事ができます。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2009/01/17

バン

乙戸沼ではバンの姿もよく見かけます。バンは身体全体が黒く、オオバンと似ていますが、オオバンは額の部分(額板)が白色なのに対して、バンの額板は赤色なので容易に識別できます。ただし、雛や幼鳥はこの額板がまが未成熟なので、親鳥の傍にいない限り、その識別は困難です。バンは乙戸沼では1年中姿が見られるので、ここでは「留鳥」と呼ばれる仲間に入れることが出来るでしょう。

To01090108s1dban001001
↑ バン:ツル目クイナ科。 (撮影 2009/01/08 土浦市「乙戸沼」)

To01090108s1dban003001
↑岸辺で採餌するバン(成鳥):バンは岸辺に上がって採餌している姿をよく見かけます。成鳥は嘴の付け根と額の部分が赤い。そして、嘴の先端部分と足が黄色い。しかし、雌雄同色なので、オスかメスを識別するのは困難です。

To01090108s1dban002001
↑ バンの幼鳥:幼鳥は、身体全体が成鳥に比べて淡い茶褐色で嘴は緑褐色をしている。額板は形成されていないか未だ未熟の状態で赤い色も見られない。この幼鳥は乙戸沼で生まれ育ったようです。ということは、乙戸沼はバンの繁殖地になっていると言うことです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009/01/16

オオバン

オオバンなどのクイナ類は警戒心が強く、人の姿を見ると泳いで遠ざかったりすることが多いが、乙戸沼のオオバンは大分人なれしているようです。餌やりさんが、岸辺近くで泳いでいたカモなどに餌をあげました。それを見たオオバンちゃん、しばらく躊躇してたが、やはり、食べたいのでしょう、波を蹴立てて寄ってきました。

To0109010801cohbani004002

To0109010801cohbani005002

To0109010801cohbani013002

オオバン:ツル目クイナ科。 分布:ヨーロッパ、アフリカ北部、アジア、オセニア。
日本では、東北地方北部以北では夏鳥、それより以南では留鳥もしくは冬鳥とされる。
(撮影 2009/01/08 土浦市「乙戸沼」)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009/01/15

ハシビロガモ

先日の乙戸沼の探鳥の続きです。沼にはヒドリガモに次いでハシビロガモが良く目立ちました。中には、頭を前傾させて、ヘラのような広い嘴を水面につけながら、滑るようにして泳ぎ廻っているのもいました。

To0109010801hashibirogamo01017001
↑ ハシビロガモ(オス)

To0109010801hashibirogamo01002001
↑ ハシビロガモ(メス)

↓お食事中の格好が面白いですね。水面の有機物を濾しとって食べているとか。口の中がどんな構造になっているのでしょうかね。

To0109010801hashibirogamo01018001
↑ 食餌中のハシビロガモ(オス)

To0109010801hashibirogamo01016001
↑ 食餌中のハシビロガモ(メス):この子は目をつぶりながらお食事です。

ハシビロガモ(嘴広鴨)):カンカモ目ガンカモ科。 本州以南に渡来する冬鳥。
(撮影 2009/01/06 土浦市「乙戸沼」)

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2009/01/14

裏庭のメジロさん初撮り

1昨日(1月12日)、裏庭の梅ノ木にメジロさんがやってきました。今シーズン初見のメジロです。今年は来ないのかなと思っていたら、忘れずにやってきてくれました。まだ、梅の花は咲いていないので、ご馳走の蜜は食べられません。ミカンを買ってきて、庭に置いてあげたら、今朝、またやってきておいしそうに食べて行きましたました。そのうちお友達を連れて来るのではないかとの期待が膨らんできました。

To01090112s01mejiroura01003002
↑ 12日、裏の梅ノ木に来たメジロさん。梅の花も咲いていないし、何もなかったと思ったのかすぐ帰っていきました。

To01090114s01mejiroura01014001
↑ ミカンの食事を用意してあげたら、おいしそうに食べて行きました(撮影 2009/01/14 )。

メジロさんのお食事スライドショーです。上映時間1分38秒です、どうぞお楽しみください。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2009/01/13

ヒドリガモ

この日(1月8日)は、朝は寒さが厳しかったが、日中は風がなく、「乙戸沼」の水鳥たちも、のんびりと泳いでいました。沼には、かなりの種類の水鳥が、入り混じって泳いでいたが、最も目についた水鳥は、ヒドリガモでした。

To01090108s01hidorigamo01001001
↑ ヒドリガモ(オス):カモ目カモ科。 分布:ユーラシア大陸およびアフリカの一部。日本には冬鳥として渡来する。オスは赤茶色の頭と額のクリーム色(光線の加減により白っぽく見えることもある)の斑が特徴。
(撮影 2009/01/08 土浦市「乙戸沼」)


To01090108s01hidorigamo01002001
↑ ヒドリガモ(メス):メスは他の種類のメスと似たような模様の茶褐色の羽根なので識別しずらいが、嘴を見るとオスと同じように青みがかった灰色で、かつ先端が黒っぽい色になっているので他の鳥と識別できる。 

To01090108s01hidorigamo01003001
↑ こちらはオスの幼鳥のように見えます。


| | コメント (4) | トラックバック (1)

2009/01/12

コハクチョウ

ガーデニングと菜園の作業が一段落して、ただいま鳥見三昧です。先日は「森」の鳥たちに会ってきたので、今度は「湖」の鳥さんたちに会いに行きました。

To01090108s01kohakuchou01001001
↑ 乙戸沼に渡来して来たコハクチョウの群れ。この日は全部で9羽いました。
(撮影 2009/01/08 土浦市「乙戸沼」)

To01090108s01kohakuchou01003001
↑ 首の周りの毛が灰色になっているので若鳥ですね。

To01090108s01kohakuchou01004001
↑ こちらは成鳥のようです。

To01090108s01kohakuchou01005001
↑ オオハクチョウとの違いは嘴を観察することによって識別できる。オオハクチョウは嘴の黄色い部分の下部がくさび形状に突き出ているのに対して、コハクチョウのそれは突き出ていない。また、コハクチョウは嘴の黒色の部分が黄色い部分よりも長く、嘴の先端がオオハクチョウに比べてやや丸い。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2009/01/11

シロハラ

「自然の森」の鳥見散歩では、シロハラにも会いました。道を歩いていくと、公園の芝生に出てきていたシロハラがチョコチョコチョコと動き出すので居場所がすぐ分かります。そして安全だと思ったところで立ち止まり、振り返ってこちらの様子を伺います。この仕草は、ツグミの行動とそっくりで、一飛びで逃げ去ってしまわないところがアマチュア・バード・ウオッチャーには嬉しいですね。

To090105s01shirohara01014002_2
↑ シロハラ:スズメ目ヒタキ科ツグミ亜科。(撮影 2009/01/05 つくば市「高崎自然の森」)

To090105s01shirohara01008002
後姿は、見返り美人(?)とは言いがたいが、丸い目玉は、なんとなく愛嬌があります。

「森」の鳥たちに魅せられて、翌日もこの森に来てしまいました。すると今度はこういう姿(↓)のシロハラさんに会ってしまいました。

To090106s01shirohara01018002
↑ 寒いのか、ぷくぷく姿のシロハラ?。(撮影 2009/01/06 つくば市「高崎自然の森」)

To090106s01shirohara01017002
↑ 昨日見たシロハラとは違う場所で会ったので、これはまた別のシロハラかと思うのですが、寒いのでしょうか、身体を毛で膨らませており、ぷくぷくの姿です。ひょっとしたら、シロハラでないのかも知れませんがここではシロハラとしておきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/01/10

メジロ、カシラダカ、アオジ

「森」の散歩で、メジロ、カシラダカ、アオジに会うことができました。いずれも今シーズン初見・初撮りの小鳥たちです。写真の出来は今一でしたが、我が家の庭では会えなかった小鳥たちに会えたので十分満足しました。

To09010601mejiro01001002
↑ メジロ:スズメ目メジロ科(撮影 2009/01/06 つくば市「高崎自然の森」)
ルリビタキがいた竹林にひょっこりやってきました。今シーズン初撮りのメジロさんです。

To09010601hohjiro01001002
↑ カシラダカ:スズメ目ホオジロ科。 お昼のお弁当を食べていたら、お向かいの木の枝に止まりました。恋人同士かご夫婦のようです。 
追記:当初、ホオジロかと思ったのですが、karamama さんのご指摘により調べた結果、カシラダカであることが判りましたので、ホオジロ→カシラダカに訂正しました。karamamaさん、どうも有難うございました。

To09010501aoji01002002
↑ アオジ(オス):スズメ目ホオジロ科。 アオジの男の子。この子も、お二人さんでいたのですが、嫌われてしまったのでしょうか、蔦の草むらの中に跳び込まれてしまいました。

To09010501aoji01004002
↑ アオジ(メス):スズメ目ホオジロ科。こちらは女の子です。チラッと様子を見ていましたが・・・
追記:karamamaさんのご指摘により、アオジ(メス)→ミヤマホオジロの若鳥の可能性があります。調べましたが、判定が微妙なので、決めかねています。どなたか、この鳥をご存知の方、コメントいただければ幸甚です(下の写真も同様です)。karamamaさん、コメントどうも有難うございました。

To09010501aoji01003002
↑ この子もすぐ、草むらの中に跳び込んでしまいました。「何にもしないのに~」と言っても、もう間に合いません。


| | コメント (6) | トラックバック (0)

2009/01/09

イカル:これも初見・初撮りです

ちょっと見たところ、姿・形がシメに似ているので、一瞬シメかなと思ったが、よく見ると頭が黒い。家に帰り、図鑑で確かめるとイカルであることがわかりました。「自然の森」に、イカルが来ているとは思いもよりませんでした。


To09010601ikarus01001004
↑ イカル:スズメ目 アトリ科。 分布:ロシア東部(沿海州)、日本など。 
学名:Eophona personata 英名:Japanese Crosbeak  和名:斑鳩(いかる)、鵤(いかる)。
額から頭頂部、顔面部および風切羽の一部が光沢ある濃い紺色であるが、光線の当り方によって黒く見えることもある。果実を嘴で廻し、器用に表皮や殻などを飛ばして実だけを選り分けて食べるので、古くは「マメマワシ」とか、「マメコロガシ」とか呼ばれたという。(撮影 2009/01/05 つくば市「高崎自然の森」)

To09010601ikarus01003004
イカルの名は、顔が怒ったように見えるところから名付けられたとか、鳴き声(囀り)に由来しているとか言われていますが、詳細は不明です。奈良県の古い地名「斑鳩の里」は、その昔、この里にイカルが、たくさん棲んでいたことに由来するという。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2009/01/08

ミヤマホオジロ:初見・初撮り

2年ほど前から、ミヤマホオジロが毎冬この森に来ることを聞いていたのですが、なかなか会えないでいました。
今シーズンは、この森にミヤマホオジロが暮れのうちから入っているとのニュースをKMさんの鳥便りから知ったのですが、何かと所用があり、なかなか森には行けず、お正月になってようやく訪ねることができました。久しぶりに訪れた森は、管理のため、間伐したり、下草が刈られたりして綺麗になりましたが、野鳥たちの身を隠す場所が大分狭まり、大丈夫かなとちょっと気になりました。しかし、野鳥たちは、場所を変えて元気にとびまわっていました。あまり綺麗にしすぎると、鳥も寄り付かなくなってしまいます。この程度なら、まずは一安心というところです。

To09010601miyamahohjiros01048003
↑ ミヤマホオジロ♂(撮影 2009/01/06 )

To09010601miyamahohjiros01054003 To09010601miyamahohjiros01056003

↑ 男の子は顔の黒色と黄色がよく目立ちます。

To09010601miyamahohjiros01082003
↑ ミヤマホオジロ♀(撮影 2009/01/06 ):女の子は全体に褐色味が強い。

To09010701miyamahohjiros01021003
↑ ミヤマホオジロ♂(撮影 2009/01/07 ):2日続けて通ってしまいました。

To09010701miyamahohjiros01030003
↑ ミヤマホオジロ:スズメ目ホオジロ科。 ここがお食事場のようです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009/01/07

今シーズン初撮りのルリビタキ

ついにルリビタキに会うことができました。写りはあまりよくありませんが、今シーズンの初撮りとしてUPさせてもらうことにしました。
トラツグミに出会った日、バード・ウオチャーのお仲間さんに、ルリビタキとミヤマホウジロが入っているとの情報を頂いたので、また出かけました。ルリビタキは昨年とは違って、今年は竹林の方にいました。


To09010601ruribitaki01008003
↑ 今シーズン初撮りのルリビタキのオス(撮影 2009/01/06 つくば市「高崎自然の森」)。

To09010601ruribitaki01006003


To09010601ruribitaki01003002
↑ 今年は竹林から出たり、入ったりしていました。

To09010704ruribitakif01035001
↑ 近くにメスのルリビタキもいました。


| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009/01/06

トラツグミ

少し静かになった公園の広場の桜の木の根元で、トラツグミが一生懸命、餌を探していました。トラツグミは、私の初見・初撮りの野鳥です。

To09010501toratsugumi01035002
↑ トラツグミ:スズメ目ツグミ科(撮影 2009/01/05 つくば市「高崎自然の森」)

To09010501toratsugumi01003002
↑ 分布;東アジア、シベリア東南部、オーストラリア。 

To09010501toratsugumi01006002
↑日本では留鳥または漂鳥として主に丘陵地や低山帯の落葉広樹林に棲み繁殖する。冬はやや暖かい地方や公園などに移動して過ごすそうです。
 
To09010501toratsugumi01008002
↑食餌:林床に潜む昆虫やその幼虫、土中のミミズ、地表に落下した果実などを食べる。

To09010501toratsugumi01011002
↑ 夜中に、悲しげにか細い声で鳴くので「ヌエ(鵺)」あるいは「ヌエドリ(鵺鳥)」と呼ばれることもあります。


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009/01/05

ビンズイ

お正月の行事が一段落したので、久しぶりに「高崎自然の森」出かけました。お目当ての、ルリビタキには会えなかったのですが、裏の柿畑では会ったことのないビンズイやトラツグミなどに会うことができました。

To09010501binzuis01006002
↑ ビンズイ:スズメ目セキレイ科 (撮影 2009/01/05 つくば市高崎自然の森)

To09010501binzuis01003002
↑ ビンズイは、用心深い鳥なのか、それとも大胆不敵な鳥なのか判りません。今年は、私が立っている目の前数mを臆することなく餌を探して走り廻っていました。

To09010501binzuis01005002

↑ 昨年は1月31日に初撮りしたが、このときは、不用意に近づいたためビンズイさんを驚かせてしまって、うまく撮れず、2月20日にもう一度、写真を撮り直しました。今年は、そのような失敗もなくうまく撮れました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009/01/04

インドネシアの花(9):プルンバゴと初撮り野鳥たち

和名ではルリマツリと呼ばれているプルンバゴがバリ島のホテルの庭に咲いていました。

P1650789
↑ プルンバゴ:イソマツ科プルンバゴ属。 非耐寒性常緑低木。 原産地:南アフリカ
学名:Plumbago auriculata. 和名:ルリマツリ

 このお正月に、野鳥たちがわが家の裏の柿畑を訪れて、
   新年の挨拶をしてくれました。 スライドショウで紹介します



今年初撮りの鳥たち:キジバト、ジョウビタキ、モズ、ヒヨドリ、シジュウカラ、スズメ、シメ、ハクセキレイ、ツグミ。
(映写時間 2分18秒)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009/01/02

ニホンズイセン(日本水仙)

ニホンズイセン(日本水仙)が咲き始めました。まだ、2株しか咲いていませんが、わが家の庭の今年の一番花となりました。

Ha090102nsuisen01007002
↑ ニホンズイセン:わが家の庭の今年の一番花です(撮影 2009/01/02)。

Ha090102nsuisen01009002

昨年は1月11日に開花(2007/01/13 UP)しています。今年は、去年より10日ほど早い開花です。


| | コメント (6) | トラックバック (0)

2009/01/01

あけましておめでとうございます

明けましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願いします。

P1090101ichinoyajinjya01011002

今年も地元の神社に初詣しました。

初詣(1)」のビデオ
powered by @niftyビデオ共有

↑ 大変、人気のある神社で、参拝の順番を待つ長い列ができてしまいました。

初詣(2)」のビデオ
powered by @niftyビデオ共有

↑ 4列に並んで参拝します。

初詣(3)」のビデオ
powered by @niftyビデオ共有

↑ 参拝が終わると、甘茶が振舞われます。


| | コメント (8) | トラックバック (0)

« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »