« マガモ | トップページ | ダイサギの採餌 »

2009/01/21

バリケン

バリケン(Bariken)は、すっかり、この池に定着したようです。いつ行っても姿を見せてくれます。

To01090108s01bariken000501
↑ バリケン:カモ目カモ科。 原産地:南アメリカ。 別名:台湾アヒル。 英名:Muscovy Duck
南米原産の「ノバリケン」を家禽したもので、数年前から「乙戸沼」に棲みついています。(撮影 2009/01/08 土浦市「乙戸沼」)

To01090108s01bariken000701
↑ 顔がごついので、睨まれるとドキッとします。 お父さんのようです。

To01090108s01bariken009501
↑ 若鳥1:昨年生まれた雛が大きくなりました。

To01090108s01bariken011501
↑ 若鳥2:上の若鳥の兄弟のようです。昨年は、K.Mさんの観察によると、13羽の雛が孵ったようですが、ちょっと数が減りましたね。でも、これくらいが自然かも知れません。

To01090108s01bariken112001
↑ お母さんのようですが、?です。

|

« マガモ | トップページ | ダイサギの採餌 »

野鳥」カテゴリの記事

コメント

バリケン名前も鳥も初めてです、
若鶏に雄、雌と見せていただき有り難うございます。

投稿: mico | 2009/01/21 13:16

mico さん、今日は。
バリケン、家禽として輸入され、日本で繁殖したものが逃げ出したか、あるいは誰かが置いていったのが、この池に住み着いたかと思います。野に放たれても結構、生存力は強いようです。

投稿: ぴょんぴょん | 2009/01/22 15:12

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65909/43806013

この記事へのトラックバック一覧です: バリケン:

« マガモ | トップページ | ダイサギの採餌 »