« ムクドリ | トップページ | アトリ(花鶏) »

2009/02/03

ノスリとハシブトガラス

冬の菜園はホウレンソウとターツァイぐらいだけなので、見守るだけで殆ど力仕事はありません。ガーデニングも、花の咲くのを見守るだけで、手間のかかる仕事はもう少し先送りにしょうかと思って今のところは手抜きです。で、天気の良い日はもっぱら散歩と称して、鳥見にはまっています。昨日は、また「高崎自然の森」に出かけました。今度は、田んぼの方から森に入ろうと思って、川沿いに歩いていたところ、トンビとはやや違うワシタカ科の鳥が飛び立ちました。ノスリでした。するとこのノスリを追い払おうとしてすぐさまハシブトガラスが迫ってきて、ついに空中戦を演じました。

To01090202nasuri002002
↑ ノスリ:タカ目タカ科。 分布:北海道、本州、四国。 留鳥。 (撮影 2009/02/02 つくば市「高崎自然の森」)

To01090202nasuri003002
↑ 翼の下面は白っぽいが、初列風切羽が5本で先端は黒い。また翼角の部分も暗色です。

To01090202nasuri007002 To01090202nasuri008002

↑ カラスとノスリが空中戦を演じ、応援のカラスも駆けつけました。

To01090202nasuri007202
↑ 多勢に無勢、堪らず森の林の中に逃げ込みました。ノスリも1羽では太刀打ちできないようです。

To01090202nasuri119002
↑ 背中を見せて止まっているが、頭はくるりと回してこちらを向き、あたりを警戒しています。

To0109020201hashibutogarasu006002
↑ 「自然の森」を棲みかとするハシブトガラス。 近づいてもなかなか逃げようとしません。

|

« ムクドリ | トップページ | アトリ(花鶏) »

野鳥」カテゴリの記事

コメント

ノスリは初めてです、
飛翔の写真、カラスとの空中戦、凄いですね、
撮影の上手さに脱帽です、

投稿: mico | 2009/02/03 11:02

mico さん、お早うございます。
昨年は、ノスリはあまり見かけなかったのですが、今年は、我が家の畑の近くでも飛んでいるのを見かけました。しかし、このときはカメラを持っていず、カメラを持ち出して写真を撮ったときは米粒で、拡大してもシルエットになってしまいました;:゙;`(゚∀゚)`;:゙。

投稿: ぴょんぴょん | 2009/02/04 07:07

ノスリがきれいにかっこよく撮れていますね~。
低く飛んでくれたのですか。
カラスは、本当に意地悪ですよね。こちらでも、オオタカが、10羽くらいのカラスに追われていたりします。木に止まってもすぐ近くに止まって騒いでいます。鷹が気の毒!
しかし、カラスの黒い羽、なかなかきれいな色ですね~。

投稿: ジュリジュリ | 2009/02/05 20:49

ジュリジュリ さん、お早うございます。
田んぼに出たら、いきなり頭の上に飛び上がりました。多分田んぼに出ている野鼠を探していたのではないかと思います。林に逃げ込んだところは、細い谷津田の向こう側から撮ったので、カメラの能力の限界で、ボケボケとなってしまいました。が、証拠写真としてUPしましたので、御笑覧ください。
こちらのカラスは、カケスやオナガ、キジバトなどもいじめるので困り者です。いつか、キジバトの巣から卵を咥えて飛び立つところを目撃しました。

投稿: ぴょんぴょん | 2009/02/07 07:57

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65909/43941421

この記事へのトラックバック一覧です: ノスリとハシブトガラス:

« ムクドリ | トップページ | アトリ(花鶏) »