« ホオジロ | トップページ | スカシユリ »

2009/05/26

ツマグロヒョウモンの♀が現れました

花の時期も過ぎたし、もうそろそろ終りにして株を片付けようと思ったパンジーに、ひらひらとヒメアカタテハに似た蝶が飛んできました。しかし、ヒメアカタテハとはちょっと様子が違います。写真を撮って調べてみたら、ツマグロヒョウモンの♀だったので、思わず「やった~」と声をあげてしまいました。と、言うのは、このツマグロヒョウモン、1980年代は近畿地方以西にしか分布していなかった蝶だそうです。それが、1990年代には、太平洋岸側では、東海地方から関地方南部にまで見られるようになり、2006年現在では北関東でも見られるようになったというのです。我が家は茨城県南部なので、ツマグロヒョウモンの姿を見かけたとしても、それほど不思議でな無いと思っていたところでした。メスのツマグロヒョウモンは、しばらくパンジーの周りを飛び回り、ときどき止っては卵を産み付けて、やがてどこかに飛び去って行きました。さて、片付けようと思ったパンジー、この光景を見てしまったので、今しばらくこのツマグロヒョウモンの幼虫のために残しておこうかと、只今、朝顔につるべを取られた加賀の千代女のような心境です。

Ko01090525s01tsumagurohyoumonmesu00
↑ ツマグロヒョウモン(♀):やっとリュウノヒゲの上で静止してくれました(撮影 2009/05/25)


Ko01090525s01tsumagurohyoumonmesu_2 Ko01090525s01tsumagurohyoumonmesu_3

↑ パンジーの葉に止まっても、翅を動かし続けているので、写真は皆ピンボケです。


Ko01090525s02tsumagurohyoumon00400 Ko01090525s04tsumagurohyoumon001001

↑ 左:パンジーの葉に産卵しました。 右:もう片付けようと思ったのに、ツマグロヒョウモンに卵を産み付けられてしまったパンジー。”片ずけべきか、それとも残しておくべきか、それが問題だ!”。

|

« ホオジロ | トップページ | スカシユリ »

ガーデニング」カテゴリの記事

昆虫」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

ツマグロヒョウモンの雌の来訪、良かったですね。
パンジーの片付けは悩ましいですね。

投稿: mico | 2009/05/26 08:29

ぴょんぴょんさん、こんにちは~。
ツマグロヒョウモンの来訪 おめでとうございます。
お土産まで置いていってくれて、悩みますね~。

ツマグロヒョウモンは♂より♀のほうがキレイで目立っている気がします。

投稿: zucca | 2009/05/26 15:27

見慣れているツマグロヒョウモンがそうだとは知りませんでした。
この蝶きれいですよね。
いるとつい撮ってしまいます。
逃げないし撮りやすいし。

投稿: ryoi | 2009/05/26 18:38

mico さん、お早うございます
ツマグロヒョウモンは関西方面は早くから知られていた蝶のようですね。この蝶の分布の北上は、地球温暖化の影響も少しはあるようですが、食草のスミレ類、特にパンジーやビオラなどの園芸種の栽培が盛んになったので、その影響が強いとと言われていますね。

投稿: ぴょんぴょん | 2009/05/27 10:01

zucca さん、お早うございます。
うわさに聞いていたツマグロヒョウモン、ついにわが家の近くにも、姿を現しました。
でも、パンジーの片づけが、ちょっと遅れますね~(泣笑い)

投稿: ぴょんぴょん | 2009/05/27 10:07

ryoi さん、お早うございます。
いよいよ、昆虫の季節になりましたね。
ツマグロヒョウモンに続いて蛾も出没するようになりました。そのうちにUPしようと思っています。

投稿: ぴょんぴょん | 2009/05/27 10:10

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65909/45132262

この記事へのトラックバック一覧です: ツマグロヒョウモンの♀が現れました:

« ホオジロ | トップページ | スカシユリ »