« クレマチス:ザ・プレジデントとミゼット・ブルー、附;雀の雛 | トップページ | クレマチス・テキセンシス・パゴダ »

2009/05/14

ムラサキツユクサ、 キジと犬 

ムラサキツユクサは朝が一番の見ごろです。朝露に濡れて、ムラサキツユクサが一番生き生きとしているときです。

Ha0109051201murasakitsuyukusa000403
↑ ムラサキツユクサのしべ:仙人の髭のようにもじゃもじゃです(撮影 2009/05/12)

Ha0109051201murasakitsuyukusa002002 Ha0109051201pinkmtsuyukusa009002

↑ 花びらの色がやや赤味がかったものもあります。

Ha0109051201shiromtsuyukusa008002 Ha0109051201shiromtsuyukusa005002

↑ 白花のムラサキツユクサも咲きました。

清々しい朝のムラサキツユクサに接すると、つい春をたたえる次の詞を口ずさみたくなります。
「春はあけぼの、ようよう白くなり行く山ぎわは、すこし明りて紫だちたる雲の細くたなびきたる」 (清少納言「枕草子)


番外編:「愛鳥週間」第3弾:動画(スライドショー)「キジと犬」

To0109050901inutokiji004002
↑ 草むらにキジのオスが姿を現しました(撮影 2009/05/09)。

To0109050901inutokiji030002_2 To0109050901inutokiji036002

↑ キジが草むらの中に頭を引っ込めました。何かあったのかなと思ったら、犬を連れた散歩の人が近づいたので身を隠したのでした。散歩の人はキジに気がつかないでそのまま通り過ぎ、何事も起こりませんでした。

「時は春、日は朝(あした)、朝は七時、片岡に露みちて、揚雲雀名乗りいで、カタツムリ枝に這い、神そらに知ろしめす、 すべて世は事もなし」 (ロバート・ブラウニング 「春の朝(あした)」 上田敏 訳)

「愛鳥週間」 5月10日~16日:勿論、愛犬家は散歩をするとき、愛犬の手綱はしっかり握って、糞を始末するしゃべるとポリ袋は用意していることと思います。


 

|

« クレマチス:ザ・プレジデントとミゼット・ブルー、附;雀の雛 | トップページ | クレマチス・テキセンシス・パゴダ »

ガーデニング」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

野鳥」カテゴリの記事

コメント

ムラサキツユクサ アップの写真が特にステキです。
淡い色がいいですね~。
東西の春の歌 ステキです。

雉さん、ワンコに見つからなくて良かったですね~。
大きな雉が、繁みに身を潜めてやり過ごす様子はちょっと愉快です(雉には申し訳ないですけれど)
また 見せてくださいね~。
愛鳥週間 今年は全然 鳥に縁のない散歩です。

投稿: zucca | 2009/05/14 22:17

zucca さん、お早うございます
ムラサキツユクサのひげもじゃ、理科の実験を思い出しますね。
キジさんも棲み場所に苦労しているようです。雄はワンちゃんを警戒し、猫ギャングを撃退しなければならないので大変です。

投稿: ぴょんぴょん | 2009/05/15 07:17

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65909/45007561

この記事へのトラックバック一覧です: ムラサキツユクサ、 キジと犬 :

« クレマチス:ザ・プレジデントとミゼット・ブルー、附;雀の雛 | トップページ | クレマチス・テキセンシス・パゴダ »