« ガクアジサイ(萼紫陽花) | トップページ | ツミ(雀鷹) »

2009/06/13

オナガ(尾長)

子供の頃に比べると、オナガ(尾長)に出会う機会が少なくなったように思われる。昨日、買い物の帰り、久しぶりに近隣公園に寄ってみると、あの懐かしいオナガの声が聞こえてくるではありませんか。公園に群れでいるようです。しかし、時刻は既に午後6時を過ぎて薄暗くなりかけていました。オナガの姿をチラッと確認したので、明日、改めて出かけることにして、この日はそのまま帰宅しました。
今朝、早起きして、鳥見兼散策ということで、改めて近隣公園に出かけ、久しぶりのオナガの群れに会ってきました。

To01090613s01onaga132002
↑ 綺麗な後ろ姿を見せてくれたオナガ:鳴き声は悪声ですがバックシャンですね( 2009/06/13 写)
背中は灰色で、翼は青色、尾は長く、その先端が白い。雌雄同色なので雌雄を見分けるのは難しい。

To01090613s01onaga019002
↑ ケヤキの木の梢で群れていました。 顔頭部は過眼線から頭部にかけて黒く、過眼線から下面は白い。

To01090613s01onaga035002
↑ 尾がながいてすね~

To01090613s01onaga085002
↑ 朝のお食事(1): 食べ物は雑食性で、昆虫、果実、鳥の卵、時には雛も食べるそうですが、ここではケヤキの葉を食べていました。

To01090613s01onaga099002
↑ 朝のお食事(2):ケヤキの若葉を1枚ちぎり取って食べました。
 
オナガ:スズメ目カラス科
メモ : オナガはかつて、日本の本州と九州にかけて広く分布していたが、次第に減少してその分布域を狭めており、その減少が心配される鳥類の一つです。オナガの分布域は、現在では、日本海側は石川県以北、内陸部では長野県以北、太平洋岸側は神奈川県以北の地域に限られているようです。
 

|

« ガクアジサイ(萼紫陽花) | トップページ | ツミ(雀鷹) »

野鳥」カテゴリの記事

コメント

オナガ初めてです、
綺麗な小鳥ですね。
環境が悪くなったんでしょうね。
数が減っているのは残念です。

投稿: mico | 2009/06/14 09:43

あららー、オナガが減っているとは気づきませんでした。
けっこう、ギャーギャーという鳴き声を聞いている気がしていましたが。
北に追いやられているところをみると、
これも温暖化の悪影響ですかね。

投稿: はた衛門 | 2009/06/14 11:33

mico さん、今日は。
オナガは、関西方面ではもう見られなくなったと思います。いつも高い木の梢にいて、たまにしか地上に降りてこないので、写真の撮りづらい鳥の一つです。
警戒心が強く、人が来たり、外敵が来たりするとギャーギャー鳴き騒ぎまが、そのブルーの姿はダンディです。

投稿: ぴょんぴょん | 2009/06/14 15:58

はた衛門 さん、今日は、
志木のほうにもオナガはよく飛んで来るかと思います。
機嫌の良いときには、グーィ グーィと鳴くので、遠くからでもオナガ来たとわかりますね。
日本の南西方面からオナガの数が少なくなるのは、地球温暖化と関係があるかもしてませんが、本当の因果関係は、まだ???のような気がします。
偏見と誤解の誹りを免れませんが、私は、カラスの増加がカケスを減少させているのではないかと推測しています。
カラスはカケスの巣を見つけると、時には集団で巣を襲い、卵やヒナを食べるので、このため、次第にカケスの数が少なくなってしまったのではないかと考えています。


投稿: ぴょんぴょん | 2009/06/14 16:30

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65909/45327498

この記事へのトラックバック一覧です: オナガ(尾長):

« ガクアジサイ(萼紫陽花) | トップページ | ツミ(雀鷹) »