« タンポポの花とカワラヒワ | トップページ | ガクアジサイ(萼紫陽花) »

2009/06/11

ハナショウブ(花菖蒲)

昨日(6月10日)、気象庁は「関東甲信、北陸、東北南部で梅雨入りしたとみられる」と発表した。いよいよ入梅かと思ったが、昨日のこちら(関東東北部)の天気は曇り空で、あまり”梅雨入り”という実感は湧かなかった。しかし、今朝、起きて庭を眺めると、こぬかのような雨が音も無く降っており、花や若葉が雨滴にぬれて光っていました。やはり、梅雨入りしたのです。と、思ってラジオのスイッチをひねると、この雨は午後には止み、晴れ間がでて、あとは当分”梅雨の中休み”が続くでしょうとの気象情報のニュース。なんとまあ、めまぐるしく変わるお天気ですね~
昨日の夕方、久しぶりに近隣の公園を散歩しました。池のほとりはハナショウブ(花菖蒲)が満開でした。

Ha01090610s00hanasyoubu03002002
↑ 梅雨入りを知らせてくれる花菖蒲( 2009/06/10 写 )
ハナショウブ:アヤメ科アヤメ属。 多年草。 原産地:日本など東アジア
花期:6月(アヤメ類の仲間では一番開花が遅い)。


Ha01090610s01hanasyoubu01002002 Ha01090610s01hanasyoubu01006002

Ha01090610s02hanasyoubu03001002 Ha01090610s02hanasyoubu03002002

Ha01090610s04hanasyoubu05001002 Ha01090610s03hanasyoubu04002002_2

注:アヤメ、カキツバタ、ハナショウブの特徴の相違を比較してみます。

アヤメ      外被片に「縞目模様」がある。      「乾いた場所」を好む
カキツバタ    外被片に「縞目模様」がない。      「半水中や湿地」を好む
          外被片に「白い斑紋」がある
ハナショウブ  外被片に「縞目模様」がない
          外被片に「黄色い斑紋」がある。     「湿ったところ」をむ。


|

« タンポポの花とカワラヒワ | トップページ | ガクアジサイ(萼紫陽花) »

自然」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

こんばんは
今年は花菖蒲を撮りそびれていて
こちらで楽しませていただきました。
アヤメ科の相違、勉強になりました(感謝

投稿: mico | 2009/06/11 18:54

西日本が入梅したと思ったら、あっという間に関東も入梅でしたね。こちらも、あまり、梅雨らしくない天気が続きそうです。
ハナショウブ、目も覚めるようなあでやかな紫です。
花の色や、模様が沢山で楽しめますね。白や、ピンクもとてもきれいです。
この3種はいつも相違点が分からなくて困ります。

投稿: ジュリジュリ | 2009/06/11 22:15

mico さん、お早うございます
そういえば、今年は、micoさんの撮られた奈良・大阪のハナショウブは見ていませんでしたね。梅雨入りしたばかりなので、まだ、そちらでも咲いているかも知れませんね。そちらは伊勢花菖蒲が有名ですね。

投稿: ぴょんぴょん | 2009/06/12 08:33

ジュリジュリ さん、お早うございます。
ハナショウブの咲く時期となりました。
ハナショウブで有名な菖蒲園や水性植物園などがありますが、今年は身近にある近隣公園の花菖蒲の花を楽しみました。以外と綺麗に咲いているので再発見です。

投稿: ぴょんぴょん | 2009/06/12 08:37

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65909/45303808

この記事へのトラックバック一覧です: ハナショウブ(花菖蒲):

« タンポポの花とカワラヒワ | トップページ | ガクアジサイ(萼紫陽花) »