« ユウマダラエダシャク、ウメエダシャク | トップページ | モナルダ »

2009/06/19

ギボウシ

ギボウシ(擬宝珠)が咲き出しました。昨年( 2008/06/23 UP よりちょっと早い開花です。 何で、「擬宝珠」などという、難しい名前にしたの?と思われる方は、花の咲く前の”つぼみ”をご覧ください。この"つぼみ"が「擬宝珠」に似ていることから、「ギボウシ」と名づけられました。「擬宝珠」とは何ですか?と問われる方は、最後の欄をお読みください。ご存知の方は、もちろん読み飛ばして結構です。

Ha01090615s01giboushi008002
↑ 咲いた直後のギボウシの花( 2009/06/15 写)

Ha0109061701giboushi015002_3
↑ 仏具の「宝珠」に似た形をしている”つぼみ”。”つぼみ”は、もう少し丁寧に言うと「包葉に包まれた若い花序」だそうです。

Ha0109061701giboushi024002 Ha0109061701giboushi029002

↑ 花茎は長く、花は下から順に上へと咲き進みます。

Ha0109061701giboushi005002
↑ 葉は”斑入り”で、花の無いときでも、楽しめます。

メモ:仏教の世界では、「病苦を除き、意のままに欲するものが出る」という「如意宝珠」あるいは、たんに「宝珠」と呼ばれる丸い玉が存在すると信じられていました。この宝珠は、病苦や災厄を取り除くというような不思議な力を持っているので、常に炎が立っていました。この火焔の立つ宝珠を模してつくったものを「擬宝珠」と呼び、仏具として使われるようになりました。これが、さらに一般社会にも広まり、魔よけの力を持つものとして、橋の欄干などに飾られるようになりました。
京都に行くと、四条大橋や五条大橋の欄干が、この「擬宝珠」で飾られているのを見ることが出来ます。

|

« ユウマダラエダシャク、ウメエダシャク | トップページ | モナルダ »

ガーデニング」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

おはようございます、
我が家のギボウシも咲きだしました。
斑入りの葉の立派な株ですね。

投稿: mico | 2009/06/19 08:45

mico さん、お早うございます。
ギボウシは、半日陰でもよく育つので我が家の常連となっています。年々、株が少しづつ大きくなって行きます。

投稿: ぴょんぴょん | 2009/06/19 09:47

大きな株に成長していますネ♪
やはり地植えの方が、立派な株になりますねぇ
花茎もいっぱい出てる様子eye
我が家のも同じ種類だと思いますが、開花はもうちょっとです。

投稿: orenge | 2009/06/20 02:24

orenge さん、今日は。
ギボウシ、今年も咲いてくれました。
1日花ですが、次から次へと咲いてくれるので嬉しいですね。
orenge さんのお家のも、咲いてくれるのを待っていますよ~

投稿: ぴょんぴょん | 2009/06/20 12:56

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65909/45384563

この記事へのトラックバック一覧です: ギボウシ:

« ユウマダラエダシャク、ウメエダシャク | トップページ | モナルダ »