« ツミ(雀鷹) | トップページ | ボケとブルーベリー »

2009/06/15

キジバトの営巣

前回と同じ公園で、オナガやツミの写真を撮り終わり、何気なく園内の芝生に目を向けたら、1羽のキジバトが木の枝を咥えて、近くの木の繁みにもぐり込むのを目撃しました。巣造りをしているのかも知れないと思って、目を凝らして繁みの中をみると、想像したとおり、その木の繁みの中に、半ば完成した巣があり、もう1羽のメスらしきキジバトが、その巣の中にいました。 
小型とはいえ、猛禽類に属するツミの縄張り領域内にキジバトが巣造りをして、卵や雛がツミに襲われないかと心配しましたが、ブログでの検索や文献などを参照すると、ツミに卵や雛が襲われる危険性よりも、ツミがカラスなどの外敵を追う払ってくれる利益の方がはるかに大きいようで、キジバトはツミの”縄張り圏内”に営巣することにより、安全を確保しているようです。

To01090613s01kijibatoeisou013002
↑ ツミの縄張り圏内で営巣を始めたキジバト( 2009/06/13 写)

To01090613s01kijibatoeisou144002
↑ 巣のすぐ近くの公園の芝地に落ちている木の枝を咥えました。巣材にするつもりです。

To01090613s01kijibatoeisou154002
↑ 巣に帰り、メス(と思う)に枯れ枝を渡しました。

To01090613s01kijibatoeisou059002
↑ 枯れ枝を受け取ったメスは上手に枯れ枝を並べて巣づくりに余念がありませんでした。もうすぐ巣は完成です。


|

« ツミ(雀鷹) | トップページ | ボケとブルーベリー »

野鳥」カテゴリの記事

コメント

めずらしい場面に出合えましたね。
連携で巣作り、感動しました。
雛の誕生も楽しみですね。

投稿: mico | 2009/06/15 19:56

mico さん、お早うございます。
カラスの襲撃に備えて、ツミ、オナガ、キジバトの対カラス安全保障機構が結成されているようです。
この陣営は、最前列にキジバトが営巣し、カラスが来るといち早く警戒の声をあげます。これに呼応して高所に営巣したオナガガ騒ぎ立てます。この警戒警報に気がついたツミが梢の隙間から飛び出し、狙いをつけて外敵カラスを邀撃し、撃退するという作戦になっているようです。対象は、カラスのみならず人間も外敵とみなせば、恐れることなく急降下して攻撃してくるので、要注意です。

投稿: ぴょんぴょん | 2009/06/16 09:26

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65909/45345483

この記事へのトラックバック一覧です: キジバトの営巣:

« ツミ(雀鷹) | トップページ | ボケとブルーベリー »