« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

2009年7月の記事

2009/07/31

カケスのお食事

菜園の収穫も終り、畑作業も一段落したので、久しぶりの2泊旅行に出かけました。行き先は、前から行きたいと思っていた奥塩原の元湯温泉です。温泉を堪能し、赤川渓谷遊歩道を散策し、野鳥たちと会ったりしてレフレッシュしました。

Ta01090728s01shizenokushiobara07700
↑ 赤川渓谷の遊歩道でカケスに会いました。 朝のお食事はケムシのようです。

To01090730s01kakesuokushiobara00100

To01090730s01kakesuokushiobara00200

To01090730s01kakesuokushiobara00300

To01090730s01kakesuokushiobara00400

To01090730s01kakesuokushiobara00500

↑ 群れで来て、忙しくお食事をして、次の場所へと去っていきました。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2009/07/28

ホソヘリカメムシ

サトイモの葉にホソヘリカメムシが止まっていました。が、このホソヘリカメムシ、どうやらお隣のインゲンかエダマメの畝から遊びに来たようです。

Ha0109071401hosoherikamemushi002002

↑ ホソヘリカメムシ。 インゲンやエダマメ(大豆)に飛来して被害を与える大敵です。サトイモの葉に止まっていましたが、お隣の畦に植えてあるインゲンやエダマメから、たまたま飛んできて止まったのかな~と思っています。
このカメムシ、体が細くて、カニ足のがに股で踏ん張っている姿が面白いですね。

今日から2日ほど、旅行に出かけますので、ブログを休みます。ご返事遅れますのでご容赦ください。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009/07/27

ササゲ(大角豆)

裏の畑でササゲの花が次から次へと咲いて実をつけ、いつの間にか大きくなっていました。

Ha0109071101sasage005002
↑ 咲き始めの頃のササゲの花。 茎が角張っているので「大角豆」と書き、「ささげ」と読ませています。このササゲを茨城県では、「コクトリ」と呼ぶ人もいます。なぜ、コクトリと呼ぶのかは、地元の人に聞いても判りませんでした。(写 2009/07/11)

Ha0109071201sasage001002 Ha0109071201sasage002002

↑ 莢が上を向いて、物をささげるような手の形に似ているため「ささげ」と呼ばれるようになったという説が有力であるが、莢を牙に見立てて、「細々牙」としたという説もある。(写 2009/07/11)

Ha0109072701sasage004002
↑ 花が咲いて2週間くらい経つと、実はこの程度の大きさになります。(写 2009/07/27)

ササゲはお赤飯を炊くとき、アズキの代わりによく使われます。これはアズキは煮ると皮が破れやすいのに対してササゲは破れにくい性質を持つため、江戸時代の武士階級の人達は、皮の破れは~縁起の悪い「切腹」を想起させるので、これを嫌って、アズキの代わりにササゲを用いたという。この風習が、江戸の一般の人たちにも広まり今日に至ったと云う。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2009/07/26

モンキチョウの吸水

もう花の最盛期が過ぎてしまったわが家の庭のマツバギクにモンキチョウがやってきました。花に止まって吸蜜するのかと思ったら、花が終わった花柄に止まって一生懸命、口吻を動かしていました。
ありゃ~蜜を探しているのではないのかな~と思ったら、やがてひらひらと地面の上に降り、吸水しはじめました。

Ko01090714s01monkichou007002
↑ モンキチョウが花ではなく、花の終わった花柄に止まり、口吻の先を動かして何か探りはじめました。

Ko01090714s01monkichou019002
↑ やがて、地面に降りて「吸水」し始めました。

Ko01090714s01monkichou012002
↑ 吸水の目的は、身体を冷却させるためという説とミネラル分を補給するためという説があります。
キチョウの集団吸水はよく見られるようですが、「モンキチョウは数の多いチョウであるが、吸水する姿はあまり見たことが無い」と昆虫写真家の海野和男氏は「小諸日記」で述べられています。


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009/07/25

ヤマハギ→コマツナギと訂正させていただきます

萩の花は、秋の山野を彩る「秋の七草」の一つとして、万葉の時代から知られていますが、ここ「雪入ふれあいの里公園」では、ヤマハギがもう咲き出していました。

micoさん、waiwaiさんの御教示により、この花は「コマツナギ」の花であることが判りました。どうも有難うございます。表題だけ、訂正させていただいて、以下は旧文そのままにしておきます。

Ha01090719s01yamahagi005002
↑ これから本格的な夏に入ろうというのに、里山ではもう萩(ヤマハギ)の花が咲き始めていました。長い花序がすっくと立っています(写 2009/07/19)

Ha01090719s01yamahagi001002
↑ 葉は3出複葉で、花序は基部につく葉の長さに等しいか、それよりも長い。類似のマルバハギは、葉が丸く、かつ花序の長さが、基部の葉よりも短い。

Ha01090719s01yamahagi009002
↑ ヤマハギは枝葉や花は枝垂れない。これに対して、ミヤギノハギは枝葉や花が枝垂れる。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2009/07/24

キアゲハが羽化しました

今朝、虫篭の中を覗いたら、7月11日に蛹化した2匹のキアゲハの蛹が、予定どうり7月23日の夕刻から7月24日の朝までに羽化をし終て了しました。羽化の進行して行く様子は、写真には撮れ無かったが、心配した寄生蜂による被害も受けず2匹とも立派な蝶になったのでほっとしました。部屋を閉め切って、籠から蝶を放ち、写真を撮った後、窓を開けて外の世界へと旅たたせました。

Ko0109072401kiagehauka042002
↑ 羽化した直後のキアゲハA:蛹化してから13日で羽化しました。(写 2009/07/24)

Ko0109072401kiagehauka008003 Ko0109072401kiagehauka011002

↑ キアゲハA:「今日は!元気で羽化しておめでとう!!」

Ko0109072401kiagehauka018002

↑ キアゲハBも元気に羽化しましたが、虫篭が狭かったので、尾をちょっと欠損してしまいました。

Ko0109072401kiagehauka091002_2 Ko0109072401kiagehauka082003_2

↑ 蛹の抜け殻です。 左:蛹A  右:蛹B


| | コメント (7) | トラックバック (0)

2009/07/23

ホオジロ

前回と同じ、「雪入ふれあいの里公園」の散歩道です。ウグイスの声があちらこちらで聞こえるので、1羽くらい顔を出してくれないものかとただずんで待ってみましたが、5分や10分ではなかなか姿を見せてくれません。連れもいることだし、そろそろ引き上げようかと思っていたら、代わりにホオジロさんが、慰め顔で姿を現してくれました。
このホオジロさん、若鳥でしょうか、人がいても逃げないで、興味深そうに近づいて、すぐそばの草に止まってくれました。

To01090719s01hohjiro004002
↑ 「雪入ふれあいの里公園」のホオジロ(写 2009/07/19)

To01090719s01hohjiro006002
↑ あごの白い髭が印象的です。

To01090719s01hohjiro009002
↑ こちらを向いた顔は、やはりちょっと厳しい顔付きですね。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/07/22

ニイニイゼミとザリガニ

梅雨明け直後の7月19日の「かすみが浦市・雪入ふれあいの里公園」では、ニイニイゼミが賑やかに合唱していました。家族連れの入園者もかなりいて、親子で昆虫の観察や、ザリガニ釣りなどを楽しんでいました。

Ko0109071901niiniizeemi003002
↑ ニイニイゼミ:桜の並木で沢山鳴いていました。(写 2009/07/19 ふれあいの里公園)

Ko0109071901niiniizeemi012002
↑ 固まって3匹いました。 ニイニイゼミの体の色模様が、桜の幹の肌色に似ているので、よほど注意してみないと見落としてしまいます。


Ko0109071901zarigani003002 Ko0109071901zarigani001002

↑ ザリガニ釣りを体験する家族連れ。 ザリガニは何匹釣っても良いのですが、お持ち帰りは1匹にして、あとはもとの水に返すことになっています。釣竿と餌(スルメ)は公園の「ネーtチャーセンター」で貸してくれます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009/07/21

オオウラギンスジヒョウモン?

連休の一日、娘夫婦が東京から遊びに来たので、これ幸いと、一度訪ねてみたかった、かすみが浦市の「ふれあいの里」行きに誘いました。「ふれあいの里」では、ウグイスの鳴き声があちこちで聞こえ、ニイニイ蝉が賑やかに合唱していました。月の池、風の池、花の池、鳥の池と2時間近く散策して、自然を楽しんできました。帰りは、真壁町「鴨亭」の名物鴨料理で、ドライバーをしてくれた娘夫婦をねぎらい、季節の味覚を楽しみました。


Ko0109071901ohuraginsujihyoumon0020
↑ 個体A:オオウラギンスジヒョウモンと思うのですが、お判りの方、ご教示願えれば幸甚です。

Ko0109071901ohuraginsujihyoumon0030
↑ 個体B:個体Aとは違います。こちらもオオウラギンスジヒョウモンと思うのですが、なかなか裏翅を見せてくれません。

Ko0109071901ohuraginsujihyoumon0060
↑ 個体C:これは新種?と思ったのですが、よく見ると・・・・後翅がちぎれて欠損しているのです。

Ko0109071901ohuraginsujihyoumon0040
↑ 個体C:翅を縦にたたんでいるとき、鳥に襲われて、後翅をちぎられたのでしょうか。後翅の左右が対照的にちぎれて欠損しているのです。これも、オオウラギンスジヒョウモンと思われますが。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009/07/20

サルスベリ

夏の花、サルスベリが咲きだしました。気象庁さる7月14日、「関東・甲信地方は梅雨明けしたとみられる」と発表しました。今年は、平年より6日も早い梅雨明けとなりました。いよいよ、本格的な夏の到来でしょうか。

Ha0109071501sarusuberi002002

↑ わが家の常連の赤花のサルスベリが咲き出しました。昨年とほぼ同じ時期(2008/07/15 UPの開花となりました。

Ha0109071501sarusuberi003002 Ha0109071501sarusuberi005002

↑ サルスベリ:別名 「百日紅」 


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/07/17

〆て壱萬壱千拾両です

マンリョウ、センリョウ、ジュウリョウ(ヤブコウジ)が咲きました。ただし、開花の順は、ジュウリョウ(ヤブコウジ)、センリョウ、マンリョウで、マンリョウが一番最後です。そして、掲載はセンリョウ、マンリョウ、ジュウリョウの順にします。ちょっとややこしいですね。

Ha0109071501senryou_005002
↑ センリョウ:花は小さい。左方にハナグモ(?)の足先が見えます。比較してみてください。花は大分咲き進んでいます。(写 2009/07/15)

Ha0109071501manryou004002
↑ マンリョウ:花が咲き始めました。(写 2009/07/15)

Ha0109060301yabukouji003002
↑ ジュウリョウ:一番先に咲き始め、もう花は散ってしまいました。(ヤブコウジ)(写 2009/06/03)

Ha0109071501manryou001002 Ha0109060301yabukouji001002

↑ 左: マンリョウ(写 2009/07/15)  右:ジュウリョウ(ヤブコウジ)(写 2009/06/03)

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2009/07/16

ツミの母親:スズメをゲット

いつも散歩に行く、お馴染みの公園の松ノ木にツミの雌が止まりました。 足元に何か押さえつけているものがあります。写真を撮ってよく見たら、どうやらスズメのようでした。スズメツミの犠牲になったようです。

To01090709s01tsumiesatori001003
↑ ツミの母親が足に何かを抱えて松の木に止まりました。(写 2009/07/09)

To01090709s01tsumiesatori021003
↑ 捕まえた獲物はスズメのようです。 オス(父親)が捕まえてメス(母親)
に渡したのかは、見ていないので判りません。

To01090709s01tsumiesatori056003
↑ その後、この子供(若鳥)が飛んできましたが、母親は餌をこの場では与えず逃げてしまいました。
追いかけさせて、飛びの練習をさせるためにそうしているのでしょうか?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009/07/15

スペクトラ(ツルバラ)の2番花が咲きだしました。

5月に1番花を咲かせたツルバラ「スペクトラ」が2番花を咲かせてくれました。 

To01090712s01baraspectra006001
↑ スペクトラ2番花が咲きました。咲きはじめ、花は黄色ですが、次第にオレンジ色に変化します。(写 2009/07/12)

To01090714s01baraspectra001001
↑ 開花2日後のスペクトラ。そして、次第に茜色に遷り変わります。(写 2009/07/14)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009/07/14

ツミの幼鳥:飛びの練習

巣を出たツミの幼鳥が、近くの枝に止まって羽ばたきをしたり、枝から枝へと呼び移って、「飛び」の練習をしていました。
一番上のお姉さんは、かなり上手に飛べますが、それでも、ようやく、飛べるようになったという程度でした。

To01090626s04tsumitobirensyu003002
↑ 3羽の雛のうちの一番上のお姉さんかこれくらいの大きさになりました(2009/06/26 写)

To01090626s04tsumitobirensyu004002
↑ 一生懸命羽ばたいて”飛び”の練習をしていました。まだ自力では餌を捕ることはできないようです。

 スライド・ショー : ツミの幼鳥の「飛び」の練習

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2009/07/13

ツマグロヒョウモン:雌は綺麗ですね

ツマグロヒョウモンのためにと思って残しておいたパンジーを昨日片付けて、マリーゴールドに植え替えたばかりのところに、なんとまあ、久しぶりのツマグロヒョウモンの雌が、ひょっこりわが家の庭を訪れてくれました。パンジーは無くなってしまったが、セイヨウノコギリソウは今満開です。かなり長い間、この子は、このセイヨウノコギリソウでお食事をして帰って行きました。


Ko01090712s01tsumagurohyoumon015002

Ko01090712s01tsumagurohyoumon0340_2 Ko01090712s01tsumagurohyoumon032002

Ko01090712s01tsumagurohyoumon035002 Ko01090712s01tsumagurohyoumon045002

Ko01090712s01tsumagurohyoumon047002

長い間、花から花へと舞い、目を楽しませてくれました(写 2009/07/12 )。


| | コメント (6) | トラックバック (0)

2009/07/12

キアゲハの蛹化

7月5日に5齢幼虫(2009/07/07 UP)になったキアゲハの幼虫が11日に蛹化し始めました。5齢幼虫になってからちょうど6日目に蛹になりました。

Ko0109071102kiagehayb001003「糸かけ」が終り、「前蛹」が終了したキアゲハの 幼虫。
(2009/07/11 08:20 写)
この後、背中が割れて、蛹化が始まりました。

Ko0109071101kiagehaya003002 Ko0109071102kiagehayb004002

↑ 糸かけが終わった幼虫(2009/07/11 08:21 写)   左:前蛹A  右:前蛹B  
前蛹Aには、小さなハエのような虫(害虫?)がたかっていました。

Ko01090712aa1kiagehasanagi003003 Ko01090712b01kiagehasanagi003002

↑ 蛹化が完成しました(2009/07/12 10:25 写) 左:蛹A  右:蛹B 
次の、「羽化」の予定日は、13日後の7月24日頃と考えています。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009/07/11

アオダイショウ(青大将)

近隣公園の池の畔で大きなアオダイショウ(青大将)に会いました。が、その眼を見てびっくりです。この蛇は、「ジャノメ(蛇の目、蛇の眼)」と言われているように、二重丸のまん丸の眼ではなく、薄い青色一色のプラスチックカバーを被せたような眼をしており、虹彩や瞳孔が見えません

Do01090703s01aodaisyou002002
↑ 全長2mはあろうかと思われるアオダイシヨウが日向ぼっこをしていました。

Do01090703s01aodaisyou007002
↑ よく見ると、眼が濁った「薄青色」をしています。これで、見えるのでしょうかね~?

Do01090703s01aodaisyou004002
↑ 家に帰り、調べてみたら、脱皮前には、このような、濁った薄青色の眼になるそうです。この写真を撮影した日(7月3日)から、2~3日経って、この蛇が脱皮したということを、後日、公園の管理人さんから聞きました。管理人さんは、その抜け殻を大切にとってあるそうです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009/07/09

ツミの幼鳥:羽ばたきの練習

ツミの雛が大分大きくなり、巣から離れて短い距離ですが飛び回れるようになりました。

To01090626s01tsumitsugai030002
↑ ツミの幼鳥:全部で3羽のようです。手前の2羽がメスで姉妹、奥の1羽は末っ子で、はにかみやです。オスのようですが、未確認です(写 2009/067/26)。

To01090626s01tsumitsugai005002
↑ 親子かと思ったら、姉妹のようです。ツミは孵化後約25日で巣立ちするそうです。あっという間に大きくなります。

To01090626s01tsumitsugai031002
↑ この子が一番末っ子のようです。はにかみ王子かな? なかなか出てきません。

スライド・ショー:「ツミ(幼鳥)の羽ばたき練習」

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009/07/08

ホオジロ:「一筆啓上つかまつり候」

今年の梅雨は例年より雨日数が多いように思われます。晴れの天気があまりありません。
昨夜来の雨が止んだ朝,久方ぶりの「川辺の散歩道」で、ホオジロさんに会いました。まだ、花の咲かないセイダカアワダチソウの葉先に止まって、大きな口を開けて「一筆啓上つかまつり候」と、元気一杯さえずっていました。

To0109063001hohjiro002002
↑ 雨上がりの朝、身体はまだ濡れていますが、元気一杯、大声をあげて囀っていました(写 2009/06/30)

To0109063001hohjiro013002

To0109063001hohjiro010002

ホオジロ:スズメ目ホオジロ科。 種子島~屋久島以北の日本に、留鳥として分布している。
「さえずり」が複雑で、次に示すように、人によって色々な聞きなしがされている。
「一筆啓上つかまつり候」、「源平つつじ 白つつじ」、「札幌ラーメン 味噌ラーメン」
さて、あなたは、どのように聞こえますか。私には、「ツッピー ツピー ツチリチ」と聞こえます。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2009/07/07

キアゲハの幼虫の脱皮

庭の片隅に植えてあったパセリに、いつの間にかキアゲハが卵を産みつけたようです。7月1日に気がついたときは、4齢幼虫くらいにまで成長していました。その4齢幼虫が5日になって静かになったと思ったら脱皮をして鮮やかな緑色の身体にオレンジ色の斑点をつけた黒帯の縞模様の艶姿に変身し、5齢幼虫になりました。

Ko01090701s01kiagehaayouchyu007003
↑ パセリに棲みついたキアゲハの4齢幼虫A。この時代は腹部の真ん中辺が白っぽい。(写 2009/07/01)

Ko01090705s01kiagehaayouchyu003002
↑ 4齢幼虫Aから5齢幼虫Aへと脱皮しました(写 2009/07/05)

Ko01090705s01kiagehaayoucyu001002
↑ ちょっと驚かせてごめんね。 驚くと頭と胸の間からオレンジ色の「臭角」を出します(写 2009/07/05)

Ko01090706s01kiagehaayouchyu008002
↑ キアゲハの5齢幼虫A。脱皮後、見る見るうちに緑色の身体に変身し、大きくなりました。これから、あと5~6日後にサナギになるかな~と思っています(写 2009/07/06)。

Ko01090706s01kiagehabyouchyu010002
↑ キアゲハの5齢幼虫B。 4齢幼虫のときは3匹いたのですが、そのうち1匹は突然消えてなくなってしまい、2匹A、Bが5齢幼虫になりました。


| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009/07/06

ツミの子育て

わが家から、自転車で数分のところで、ツミが営巣し、子育てをしているとは知りませんでした。そっと、見守ってあげようと考えました。

To01090616s01tsumimesu114003
↑ 先日出合ったツミと同じと思われるツミの雌に、また出会いました。今度は、通信ケーブルに止まって、あたりを睥睨していました。雄の姿は見当たりませんでした(写 2009/06/16 )

To01090619s01tsumihina001003
↑ よくツミに会うなと不思議に思い、あたりを見まわすと、ツミが近くの松の木に巣をつくり、子育てをしていました。 巣の中に3羽の雛~幼鳥がおり、そのうち2羽はだいぶ大きくなっていました。残りの1羽は、はっきり確認できませんが、まだ雛と呼んだ方がいいようなうぶ毛に包まれた姿でして巣の中にいました(写 2009/06/19 )。

To01090619s01tsumihina004003
↑ やがて幼鳥Aが巣から外に出ました。

To01090619s01tsumihina031003
↑ そのすぐ後、幼鳥Bも巣の外に出ました。


| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009/07/05

トウモロコシ:野菜の収穫(2)

トウモロコシは今年も「ピーター・コーン」(早生)を栽培しました。種まきは4月20日に行い、64株を育てました。6月9日に、雄穂が出てきたので、アワノメイガ防御のために、スミチオン1000倍溶液を散布しました。果実の絹糸が褐色になってきたので、明日天気がよければ収穫しようと思っています。

Ha0109070501morokoshi004002 Ha0109070501morokoshi006002

↑ 収穫間近いトウモロコシ。播種後、72日経ちました。極早生の収穫適期は播種後82日とされていますが、今年は出来が良く、収穫は少し早くなりそうです(写 200/07/05)

Ha0109060901morokosikaika001002 Ha0109060901morokosikaika012002_2

↑ 出穂:4月20日に種播きしたあと、50日で穂が出ました(写 2009/06/09) 


補足:収穫間近な「畑のナスとトマト」 (昨日のナスとトマトの補足写真です)。

Ha01090705s01nasusenryou2002002 Ha01090705s01mizunasu002002 Ha01090705s01naganasu002002

↑ 左:千両2号 中:水なす 右:長なす(写 2009/07/05)


Ha01090705s01momotarotomato003002 Ha01090705s01ohmiyatomato005002 Ha01090705s01reikatomato005002

↑ 左:桃太郎 中:大宮 左:麗夏(写 2009/07/05)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009/07/04

キュウリ、ナス、トマト:野菜の収穫(1)

このところの断続的に降り続く雨のおかげで、菜園の野菜の成長が著しく加速しました。夏の野菜の御三家、キュウリ、ナス、トマトがどんどん生長しています。

Ha01090629s01yasai003002
↑ 菜園の収穫:キュウリ、ナス、トマト。今年はキュウリの当たり年のようで、沢山採れました。ナスは今が食べ頃です。トマトは、この日は1個しか取れなかったが、これからが、本格的な収穫期となります。(写 2009/05/29)。

この日(6月29日)の収穫は次の通り:キュウリ「フシナリ」2株:収穫7本、「夏すずみ」2株:収穫6本。 ナス「ナガナス」1株:収穫2本、「千両2号」1株:収穫2本。 トマト「大宮」1株:収穫1個。


Ha01090609s01kyuri008002 Ha01090609s01kyuri012002_2


Ha01090609s01kyuri025002
↑ 収穫全盛期の春植キュウリ(品種:「節成り」「夏すずみ」(写 2009/06/09 )

Ha01090629s01nasuhatake005002
↑ ナスは4種類の品種「水ナス」1株、「長ナス」1株、「千両2号」2株、「米ナス」1株を植えました。


| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009/07/03

フウロソウ、グラジオラス

わが家の古いお友達、フウロソウとグラジオラスが今年も咲いてくれました。

Ha0109070101fuhrosou002002
↑ フウロソウ。 よく見ると、花の中にハナグモが隠れていました。

Ha0109070101gladiolus002002 Ha0109070101gladiolus004002

↑ わが家では、オレンジのグラジオラスが真っ先に咲きだします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009/07/02

カイツブリ(若鳥?)

ばしゃんと大きな水音がしました、何者かと思って振り返り水面を見ると、幾重にも広がった大きな波紋の輪の真ん中に、栗色の小さい水鳥が後ろ向きに浮かんでいました。


To01090628s01kaitsuburi001002
↑ カイツブリのように見えますが、遠くて後ろ姿なので定かではありません。


To01090628s01kaitsuburi003002
↑ 泳ぎだした姿を見ると、頬から首にかけて色が黒っぽく、カイツブリの若鳥のように見えます。

To01090628s01kaitsuburi005002
↑ この後、すぐに水の中にもぐり込んでしまいました。何処に行ったのかなと、かなりの時間水面を見つめたが、何処を探しても水面に浮かび上がった姿を見つけることはできませんでした。派手な着水をして人を驚かせ、忍者のように姿を消してしまいました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009/07/01

ハグロトンボを捕らえたセンダイムシクイ(?)

前回UPした初撮りの夏鳥「コチドリ」に出会ったすぐ近くの林の脇で、これまた初見・初撮りの「センダイムシクイ」と思われる鳥さんに出会いました。

To01090629s01mushikuikana005002
↑ 何か動く気配がしたと思ったら、左手の薄暗い林から、一羽の小鳥がハグロトンボを咥えて飛び出してきました。
小鳥は白い眉斑(眉紋)がよく目立ち、夏鳥の「センダイムシクイ」のように見えますが、横姿なので決め手の”灰緑色の頭央線」が確認できません。

To01090629s01mushikuikana010002
↑ 木の切り株に止まり、捕らえたハグロトンボを咥えなおしました。その場で、獲物を食べてしまうのかと思ったら、食べません。

To01090629s01mushikuikana019002
↑ 木株で体勢を整えて、右側の川原の草地へと飛んで行きました。近くに巣があって、雛のために持って行くのでしょうか? と、すると渡りの途中ではなくて、ここで営巣しているのかな?

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »