« キアゲハの幼虫の脱皮 | トップページ | ツミの幼鳥:羽ばたきの練習 »

2009/07/08

ホオジロ:「一筆啓上つかまつり候」

今年の梅雨は例年より雨日数が多いように思われます。晴れの天気があまりありません。
昨夜来の雨が止んだ朝,久方ぶりの「川辺の散歩道」で、ホオジロさんに会いました。まだ、花の咲かないセイダカアワダチソウの葉先に止まって、大きな口を開けて「一筆啓上つかまつり候」と、元気一杯さえずっていました。

To0109063001hohjiro002002
↑ 雨上がりの朝、身体はまだ濡れていますが、元気一杯、大声をあげて囀っていました(写 2009/06/30)

To0109063001hohjiro013002

To0109063001hohjiro010002

ホオジロ:スズメ目ホオジロ科。 種子島~屋久島以北の日本に、留鳥として分布している。
「さえずり」が複雑で、次に示すように、人によって色々な聞きなしがされている。
「一筆啓上つかまつり候」、「源平つつじ 白つつじ」、「札幌ラーメン 味噌ラーメン」
さて、あなたは、どのように聞こえますか。私には、「ツッピー ツピー ツチリチ」と聞こえます。

|

« キアゲハの幼虫の脱皮 | トップページ | ツミの幼鳥:羽ばたきの練習 »

野草」カテゴリの記事

野鳥」カテゴリの記事

コメント

いろいろな小鳥に出合える散歩コースが羨ましいです。
撮影の上手さに脱帽、
さえずりが聞こえてきそうです。

投稿: mico | 2009/07/08 08:30

mico さん、今日は。
ホオジロさん、冬の間はすぐ草むらの中に逃げ込まれてしまいましたが、今の時期は恋の季節でしょうか、それとも領域確保の宣言でしょうか、オスのホオジロが草の上に出て、盛んにアピールしていました。

投稿: ぴょんぴょん | 2009/07/08 10:12

おはようございます。
ホオジロのさえずる姿がいいですね~。
正面顔は迫力ありますね!

私もホオジロの囀りを聞いたことがあります。
大人しい冬の姿からは想像できない元気一杯の声で鳴いていますよね~。

投稿: zucca | 2009/07/09 09:23

zucca さん、今晩は
冬の間は、すぐ草の中に逃げ込まれてしまいましたが、今の時期は、オスは草の中に隠れるようでは、女の子に見捨てられてしまうのですね。

投稿: ぴょんぴょん | 2009/07/09 19:42

あ、毎朝聞こえる「ツッピー!」はホオジロだったんだ。
ありがとうございます。紹介してくださったいろいろな聞こえ方、札幌ラーメン以外(笑)は「うん、なるほど」です。
かなりな大声なので、きっと遠くにいるのでしょうね。

投稿: はた衛門 | 2009/07/12 08:18

はた衛門 さん、お早うございます。
はた衛門 さんにも、「ツッピー ツッピー」と聞こえますか。わが家では、「ツッピー」はホオジロの代名詞となっており、「ツッピーが来たよ」、「ツッピーが鳴いているよ」と言ったりしています。

投稿: ぴょんぴょん | 2009/07/13 09:12

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65909/45571206

この記事へのトラックバック一覧です: ホオジロ:「一筆啓上つかまつり候」:

« キアゲハの幼虫の脱皮 | トップページ | ツミの幼鳥:羽ばたきの練習 »