« ツミの子育て | トップページ | ホオジロ:「一筆啓上つかまつり候」 »

2009/07/07

キアゲハの幼虫の脱皮

庭の片隅に植えてあったパセリに、いつの間にかキアゲハが卵を産みつけたようです。7月1日に気がついたときは、4齢幼虫くらいにまで成長していました。その4齢幼虫が5日になって静かになったと思ったら脱皮をして鮮やかな緑色の身体にオレンジ色の斑点をつけた黒帯の縞模様の艶姿に変身し、5齢幼虫になりました。

Ko01090701s01kiagehaayouchyu007003
↑ パセリに棲みついたキアゲハの4齢幼虫A。この時代は腹部の真ん中辺が白っぽい。(写 2009/07/01)

Ko01090705s01kiagehaayouchyu003002
↑ 4齢幼虫Aから5齢幼虫Aへと脱皮しました(写 2009/07/05)

Ko01090705s01kiagehaayoucyu001002
↑ ちょっと驚かせてごめんね。 驚くと頭と胸の間からオレンジ色の「臭角」を出します(写 2009/07/05)

Ko01090706s01kiagehaayouchyu008002
↑ キアゲハの5齢幼虫A。脱皮後、見る見るうちに緑色の身体に変身し、大きくなりました。これから、あと5~6日後にサナギになるかな~と思っています(写 2009/07/06)。

Ko01090706s01kiagehabyouchyu010002
↑ キアゲハの5齢幼虫B。 4齢幼虫のときは3匹いたのですが、そのうち1匹は突然消えてなくなってしまい、2匹A、Bが5齢幼虫になりました。


|

« ツミの子育て | トップページ | ホオジロ:「一筆啓上つかまつり候」 »

ガーデニング」カテゴリの記事

昆虫」カテゴリの記事

コメント

よく観察されていますね。
理科の授業を受けているようです。
さなぎから羽化の様子も見てみたいです。

投稿: mico | 2009/07/07 09:27

キアゲハは幼虫からしてカラフルですね。

北側のベランダのグレープフルーツにはクロアガハが東側のベランダのミカンの木にはナミアゲハが、不思議に棲み分けて十数年、一昨年2鉢とも庭に下ろしたら、外敵が多いせいか小さい幼虫のうちに消えてしまいます。

投稿: ryoi | 2009/07/07 10:59

mico さん、今晩は
わが家の庭の片隅に植えたパセリにキアゲハが毎年卵を産みつけます。
このパセリは今の時期は、開花~結実期なので、葉は食用には利用していません。したがって、キアゲハの幼虫は、パセリを食べ放題で、パセリの繁みは理科教室に変わりました(o^-^o)

投稿: ぴょんぴょん | 2009/07/07 20:11

ryoi さん、今晩は
僅かな種類の蝶々しか見ていませんが、蝶々の観察を通して昆虫の世界を見ると、昆虫の世界も熾烈な生存競争が繰り広げられているように見えますね。庭の1株のパセリには、もっと沢山のキアゲハの卵が産みつけられていると思われるのですが、私が見ている限り、現在まで5齢幼虫にたどりついたのは僅か2匹のみです。

投稿: ぴょんぴょん | 2009/07/07 22:30

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65909/45561744

この記事へのトラックバック一覧です: キアゲハの幼虫の脱皮:

« ツミの子育て | トップページ | ホオジロ:「一筆啓上つかまつり候」 »