« トケイソウ(時計草)本年第2回目が開花 | トップページ | アオメアブ(青目虻) »

2009/08/12

ツマグロヒョウモン:幼虫と蛹

冬の間、花壇を飾ってくれたパンジーは、春を過ぎても綺麗に花をさかせて目を楽しませてくれたが、さすがに夏の暑さには抗しきれず、少々へたってしまい、お後のマリーゴールドに席を譲って引退しました。でも、鉢植えのパンジーは、元気だったので、日陰に置いてやると、また綺麗な花を咲かせてくれました。
そうしたら、そこへツマグロヒョウモンがやってきて、しばらく舞ったあと、そのパンジーの葉に卵を産み付けて帰って行きました。そうです、パンジーは野草のスミレと同じスミレ科の植物なので、ツマグロヒョウモンの食草なのです。鉢のパンジーは、もう十分花を咲かせて楽しませてくれたので、卵から孵った幼虫には、こころよく食餌をさせてあげました。

Ko01090804s01atsumagurohyoumon00900
↑ 「前蛹」になる直前のツマグロヒョウモンの幼虫(5齢幼虫?)。同じくらいの大きさの幼虫が他に2匹、合計3匹いました。これらの幼虫が、蛹化の場所を求めて、パンジーの鉢を離れ動きだしたので、外敵の防御と観察をしたいということで、虫篭に引越しを願いました。(写 2009/08/04)

Ko01090804s01atsumagurohyoumon01400 Ko01090808s01tsumagurohyoumon004002

↑ 左:ツマグロヒョウモンの食草となった鉢植えのパンジー 右:同じパンジーの鉢には、やや小さい3~4齢くらいの幼虫がまだ2匹いました。

Ko01090811s01tsumagurohyoumon006003
↑ 蛹化を完了したツマグロヒョウモンの幼虫。8月11日、最初の1匹が蛹化を完了し、他の2匹は前蛹を完了しました。

Ko01090811s01tsumagurohyoumon004002
↑ 8月12日、3匹の幼虫がすべて蛹となりました。蛹化が終わり10日くらい経つと羽化が始まるようです。
無事に羽化できることを楽しみにしています。


|

« トケイソウ(時計草)本年第2回目が開花 | トップページ | アオメアブ(青目虻) »

ガーデニング」カテゴリの記事

昆虫」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65909/45903980

この記事へのトラックバック一覧です: ツマグロヒョウモン:幼虫と蛹:

« トケイソウ(時計草)本年第2回目が開花 | トップページ | アオメアブ(青目虻) »