« アスパラの実が赤く色づきました | トップページ | ガマ(蒲)の花・穂 »

2009/08/17

ツマグロヒョウモンが羽化しました。

8月11日から12日にかけて蛹化したツマグロヒョウモン3個体が羽化しはじめました。一番手の固体Aは、昨日16日の朝に羽化を完了しました。固体Aはオスで、餌として西瓜を与えました。2番手の個体Bは、今朝羽化を完了しました。個体Bもオスでした。最後の個体Cは17日朝10時頃までは、まだ蛹でしたが、17時に虫籠を覗いた時は、既に羽化が完了していました。この個体Cは待望のメスでした。写真を撮ったあと、明日解放することにしました。

Ko01090817s01atsumagurohyoumon007_2 Ko01090817s01btsumagurohyoumon026_3

↑ 左:ツマグロヒョウモン♂個体A:裏翅を見せたところ。8月16日朝に羽化完了。蛹化完了から羽化完了までの日数:5日。(写2009/08/17朝)  
右:ツマグロヒョウモン♂個体B裏翅を見せたところ:。8月17日朝に羽化完了。蛹化完了から羽化完了までの日数:6日。(写2009/08/17朝) 

Ko01090817s01btsumagurohyoumon065_2
↑ ツマグロヒョウモン♂個体B:表翅を見せたところ。8月17日に朝羽化完了。(写2009/08/17朝)

Ko01090817s01dtsumagurohyoumon08200 Ko01090817s01ctsumagurohyoumon076_2

↑ 左:ツマグロヒョウモン個体Bの蛹の抜け殻。(写2009/08/17朝)  
右:ツマグロヒョウモン個体Cの蛹:17日朝の時点では、まだ蛹でした。♀の蛹は♂の蛹より黒っぽい。(写2009/08/17朝)  

Ko01090817sf2atsumaguromesu009002 Ko01090817sf2atsumaguromesu004002_2

↑ ツマグロヒョウモン♀個体C:裏翅を見せたところ。8月17日午後5時に羽化完了。蛹化完了から羽化完了までの日数:6日。(写2009/08/17 17:00)

Ko01090817sf3atsumaguromesu001002
↑ ツマグロヒョウモン♀個体C:表翅を見せたところ。8月17日午後5時に羽化完了。(写2009/08/17 17:00 )

|

« アスパラの実が赤く色づきました | トップページ | ガマ(蒲)の花・穂 »

ガーデニング」カテゴリの記事

昆虫」カテゴリの記事

コメント

羽化の成功、おめでとうございます。
自分のところでこうやって育てることができるんですね。
じつは去年、ウチの町内でこの蛹を見つけた人がいて、誰もツマグロヒョウモンのことを知らなくて、「金の蛹だ! 新種だ! 大発見だ!」と
大騒ぎしたのでした。
でも、蛹の抜け殻までは誰も注目しませんでした。
抜け殻でもあの金色は光っていますか?

投稿: はた衛門 | 2009/08/18 07:35

無事羽化、おめでとうございます。
メスの方はあでやかですね^^
でももしかしたら、チョウの目には、オスの方が派手に見えているのかも知れませんね。
私はまだ、幼虫も蛹も見たことがありません。
うちにもタチツボスミレは沢山あるのですが・・・
毎日念入りに見回りをしているカナヘビのせいかも?

投稿: kyara-mama | 2009/08/18 08:23

ツマグロヒョウモンの雄と雌の羽化が観られて良かったですね。
傷一つない翅が綺麗ですね。

投稿: mico | 2009/08/18 10:44

はた衛門 さん、今晩は
ご存知かと思いますが、ツマグロヒョウモンは南方系の蝶々で、ここ10数年の間に、少しづつ北上して、現在関東の北部あたりまできているとのことです。
したがって、関東に住んでいる人たちにとっては珍しいので、見つけられたら大騒ぎされるかも知れませんね。
蛹は薄暗いところで見ると、足の先にあたるとんがったところが金色に輝いて、本当に神秘的に見えます。どうして、このように光のかは、不勉強で、判りません。
しかし、この光ったところは、抜け殻になると、何事もなかったかのように、光らなくなっています。どうして、このようになったのか、これも謎です。

投稿: ぴょんぴょん | 2009/08/18 19:14

kyara-mama さん、今晩は
野鳥は、オスの方が綺麗なのが多いのに、ツマグロヒョウモンは、逆にメスの方がきれいに見えますね。
何か、理由があるのでしょうね。
タチツボスミレもツマグロヒョウモンの食草になりますね。とすれば、卵を産み付けれれる可能性はありますね。でも、自然のままだと、カナヘビや野鳥の餌食となる危険性も大いにありますね。我が家の鉢植えのパンジーで孵ったツマグロヒョウモンの幼虫は、ひょっとするとラッキーだったかも知れませんね。

投稿: ぴょんぴょん | 2009/08/18 19:35

mico さん、今晩は
気候温暖化の影響もあるかと思いますが、ガーデニングが盛んになり、ツマグロヒョウモンの食草となるパンジーやビオラなどが、各地の庭や公園などに植えつけられたことが、ツマグロヒョウモンの繁殖を助けたかも知れませんね。

投稿: ぴょんぴょん | 2009/08/18 19:53

みな完全な形で羽化できて良かったですね、おめでとうございますsign01
♂・♀ 両方の蛹も 一緒に見られて 参考になりますね。
蛹が光るんですか~、面白いですね、神秘的で不思議な感じがします。
メスのほうが派手なので私も不思議でしたが、
メスは毒のある蝶のカバマダラに擬態して身を守っているようですね。

投稿: zucca | 2009/08/19 21:18

ツマグロヒョウモンの 羽化おめでとうございます♪
雄も雌も綺麗に誕生しましたネ
うちの庭のスミレも、綺麗に葉だけ食べられていました。
黒とオレンジの幼虫も見かけたのですが、いつの間にかいなくなっていました。
蛹になるときは、別の場所に移動するのですネ
もしかしたら、鳥のエサになってしまったのかも知れませんが・・・
蝶も鳥も歓迎なのですが、自然界も厳しいですねぇ

投稿: orenge | 2009/08/20 00:19

zucca さん、今晩は
< メスは毒のある蝶のカバマダラに擬態して身を守っているようですね

そうですか、カバマダラに擬態していたのですか、蛹がチョっと黒っぽかったので、不気味に見えたのですが、色々身を守るために考えているのですね。コメントどうも有難うございました。

投稿: ぴょんぴょん | 2009/08/26 21:36

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65909/45954185

この記事へのトラックバック一覧です: ツマグロヒョウモンが羽化しました。:

« アスパラの実が赤く色づきました | トップページ | ガマ(蒲)の花・穂 »