« サシバ?ツミ?それともハヤブサ?チョウゲンボウかな? | トップページ | ヤマボウシ(山法師)の実 »

2009/09/09

収穫の秋:稲刈りが始まりました。

ここ数日晴天が続き、ここ筑波山麓の水田地帯は稲穂が黄金の波を打ち稲刈りの時期となりました。
昨日、ハヤブサらしき鳥が飛んでいた、蓮沼川流域の水田地帯も稲刈りが始まりました。


Ha03090907s01inekari
↑ 稲刈りが始まり増した。刈り取りから脱穀まで全自動です。

Ha01090907s01inekari
↑ 背後の山は筑波山です。

Ha05090907s01inekari
↑ 脱穀した籾は、直ちに小形トラックに乗せた収納容器に移し替えられて、家に運ばれます。


|

« サシバ?ツミ?それともハヤブサ?チョウゲンボウかな? | トップページ | ヤマボウシ(山法師)の実 »

自然」カテゴリの記事

コメント

おはようございます。
昔と比べて稲刈りも楽になりましたね。
はざかけの風景が懐かしいです。

投稿: mico | 2009/09/10 06:12

ここら辺でもまだ田んぼが残っていろ所があります。
実際は売りたくても売れないのだそうです。(国か市の方針?)
ほとんどは刈った稲は天日干していますが、たまーに機械干しする人もいるようでした。
そちらではみんな機械干しなんですか?
味が違うといいますね。

投稿: ryoi | 2009/09/10 13:46

mico さん、今晩は
戦後の水稲栽培の機械化の進歩は眼を見張るものがありますね。3反歩くらいの水田の稲を以前は、数人の人が鎌で稲刈りし、これを束ねてはざ掛け(こちらでは、おだ掛けと言っています)をして乾燥し、その後、脱穀をして籾米を作るのに4~5日かかりますが、今では夫婦2人で半日で出きます。このため、あの昔懐かしい”はざかけ”の風景は見られなくなりました。

投稿: ぴょんぴょん | 2009/09/10 22:11

ryoi さん、今晩は
この辺(霞ヶ浦流域)の水田は、平坦地で区画整理も進んでおり、田植え、稲狩は殆ど機械化されています。
稲刈りも稔り具合とお天気の状態を見計らって、小型コンバインを使い、稲刈りから脱穀まで一気に行います。従って、田んぼにははざがけ(おだがけ)は見あたりません。稲わらは刻まれて田んぼに撒かれてしまうので、かって簡単に手に入った稲藁は、今は貴重品扱いです。籾は、通風乾燥機にかけて、籾米で保存したり、籾すり機を通して玄米にして保存したりしています。労働力はかからなくなったのですが、農機具購入費・維持管理費が大きな負担になるようです。
味のことについはよく分かりませんが、機械作業を効率的にするため、イモチにかかって倒伏しないよう注意したり、登熟状態をきちっと見極めて稲刈り日を決め、籾は常温通風乾燥させるなど、気を配ってしているそうです。


投稿: ぴょんぴょん | 2009/09/11 00:31

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65909/46166003

この記事へのトラックバック一覧です: 収穫の秋:稲刈りが始まりました。:

« サシバ?ツミ?それともハヤブサ?チョウゲンボウかな? | トップページ | ヤマボウシ(山法師)の実 »