« ケイトウ(鶏頭) | トップページ | タマスダレ(ゼフィランサス) »

2009/09/01

シコンノボタン(紫紺野牡丹)

今日は「防災の日」。昨日、関東に接近した台風11号は、幸いにも上陸して直撃することなく銚子沖で進路を変え、太平洋上を東北東へと去って行きました。台風一過の今朝の庭は、風雨で若干の鉢物や地植の草花が倒れていましたが、たいした被害はなくほっとしました。
先日、一番花を咲かせたシコンノボタンがしばらく間をおいて今朝2番花を咲かせてくれました。

Ha01090901s01shikonnobotan001002
↑ 今年のシコンノボタン(写 2009/09/09)
シコンノボタン:ノボタン科ティボウキナ(シコンノボタン)属。 常緑低木(半耐寒性)。 原産地:中南米

Ha01090901s01shikonnobotan018002_2
↑ つぼみ。花期:7月~11月。 

Ha01090901s01shikonnobotan010002_2
↑ 1日花ですが最低温度15℃以上の環境下では周年開花する。

Ha01090901s01shikonnobotan009002_2
↑ 別名:スパイダーフラワー。 オシベが蜘蛛の足に似ています。このためスパイダーフラワーとも呼ばれる。

Ha01090901s01shikonnobotan003002_2
↑ 半耐寒性で、日本では冬に落葉することが多い。わが家では鉢植えで育てており、冬は屋内に取り入れます。春4月末に戸外に出し、このとき伸びすぎた枝を切り戻し、余分な枝を剪定して仕立てます。

 

 

|

« ケイトウ(鶏頭) | トップページ | タマスダレ(ゼフィランサス) »

ガーデニング」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

台風が大過なく過ぎて何よりでしたね。
シコンノボタンを育ててみたいですが
冬の管理が難しそうで諦めています。

投稿: mico | 2009/09/01 12:57

mico さん、今晩は
シコンノボタンが今年も綺麗に咲いてくれました。
シコンノボタン、秋に枝を切り戻して越冬させる方法と、枝を切り落とさないでできるだけ葉をつけたままで越冬させ、春になって芽が出てから、その芽を確認して剪定する方法をやりましたが、後者の方法が枯らすような失敗もなく、かつ早く花芽が形成できました。

投稿: ぴょんぴょん | 2009/09/01 20:20

シコンノボタン、今夏初めて買いました。
蕾が1個、咲きそうだったのに落ちてしまったので、あわてて一日中日が当たる所に移しました。
越冬後、伸びすぎた枝の剪定ですね。

投稿: ryoi | 2009/09/02 09:00

ryoi さん、お早うございます。
シコンノボタン、購入しましたか。これからが楽しみですね。蕾が落ちてしまいましたか。でも、日の当る暖かいところに置けば、11月の晩秋まで次々と蕾がついて花を咲かせると思いますので、蜂が乾いたら水をやり、可愛がってやってください。

投稿: ぴょんぴょん | 2009/09/02 11:16

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65909/46087073

この記事へのトラックバック一覧です: シコンノボタン(紫紺野牡丹):

« ケイトウ(鶏頭) | トップページ | タマスダレ(ゼフィランサス) »