« ミセバヤが咲き始めました | トップページ | ヤブラン(藪蘭) »

2009/09/12

ヒガンバナ(彼岸花)

もうすぐお彼岸(中日は9月23日)です。田んぼの畦にヒガンバナ(彼岸花)が咲き始めました。日当たりが良いせいか、早い開花です。

Ha01090911s01bhiganbana004002
↑田んぼの畦に咲いた彼岸花(写 2009/09/11)。
ヒガンバナ:ヒガンバナ科ヒガンバナ属(クロンキスト系ではユリ科)。 多年草(球根植物)。
原産地:中国。 花期:9月~10月。 別名:マンジュシャゲ(曼珠沙華)

Ha01090911s01bhiganbana001002
↑ 水田の畦畔や墓地などに多く見られる。赤い花でよく目立つが、全草有毒なので要注意。 花期は比較的長く1昨年は10月15日にUPしています。

墓地などに多く見られるのは、かつて土葬が行われていたとき、遺体をネズミやモグラなどが掘り起こして墓を荒らすのを防ぐため、ネズミやモグラにとって有毒なヒガンバナを植えつけたのが各地の墓地に広まったと言われています。同様に、畦畔に穴を開けて水田の水を漏水さるモグラやネズミを追い払う目的でヒガンバナが植えられたと言う。全草有毒であるが、特に毒性の強い部分は鱗茎で、毒性の主成分はアルカロイド(リコリン)である。
「毒変じて薬となす」で、鱗茎からは、利尿・去痰の効果があると言われる生薬「石蒜(せきさん)」がつくられる。

|

« ミセバヤが咲き始めました | トップページ | ヤブラン(藪蘭) »

」カテゴリの記事

野草」カテゴリの記事

コメント

ヒガンバナの季節ですね。
我が家の鉢植えのヒガンバナは花茎があがってきたばかり、
開花が待ち遠しくなりました。

投稿: mico | 2009/09/12 16:53

mico さん、今晩は
近くの水田の畦で、ヒガンバナが咲いているのを見つけました。ヒガンバナは種ができないので、鳥が運んでくれず、人間が移植しなければ、遠くへの迅速な繁殖は困難のようですね。

投稿: ぴょんぴょん | 2009/09/12 17:43

今日、白花をUPしたばかりです♪
赤花は、行方不明です(^^ゞ
以前母から、「彼岸花は庭に植えてはいけない」と言われました。
有毒な花だから・・・だったのですネ
今は、鉢植えにしています。
でも、季節を教えてくれるお花ですネ 
後ほど、TBさせていただきます。


投稿: orenge | 2009/09/13 00:07

orenge さん、お早うございます
「赤い花なら曼珠沙華・・・」と唄われているように、彼岸花は赤色ばかりかと思っていましたら、白花の彼岸花もあるのですね。
色々と交配して新品種がつくられたのかと思いますが、
花の世界の品種改良の進歩には目を見張るものがありますね。
TB有り難うございます。結構です。
こちらも、TBさせていただきますので、どうぞよろしくお願いします。

投稿: ぴょんぴょん | 2009/09/13 09:54

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65909/46189623

この記事へのトラックバック一覧です: ヒガンバナ(彼岸花):

» 白花 彼岸花 [Orenge]
9/11  1輪咲きだしました。  紅白で植えた球根ですが、白花だけが咲きだしま [続きを読む]

受信: 2009/09/15 02:36

« ミセバヤが咲き始めました | トップページ | ヤブラン(藪蘭) »