« イヌマキの果実 | トップページ | ヒメアカタテハ、ツマグロヒョウモンの♂とイチモンジセセリ »

2009/10/20

コンニャク玉の収穫

2008年6月27日に植えつけた2年生のコンニャク芋を、昨日(10月18日)掘りあげました。植えつけた時は、種イモ総数11個、全重量500gでしたが、堀上げた全重量は、今年できた「生子」を含めて、16.05kgありました。コンニャク植えつけ後の重量増加率は1年4か月で32倍です。はじめてコンニャクを栽培した私にとって、これは大出来かと思いました。
参考:2008年の生育状態クリック→10月12日UP)及び11月のためし掘りクリック→11月15日UP)。

Has0109101801konnyakugr19002
↑ 植え付けたなかで、最も大きく育ったコンニャクイモです。 重量約50gの種芋(2年生)が重量:2.5kgになりました。 (定植日:2008年6月27日、収穫日:2009年10月18日)

Has0209101801konnyakugr03003
↑ 2008年6月27に定植した種イモ(2年生、11個、全重量500g)が、収穫時(2009年10月18日)には、総重量12.67kgになりました(ただし収穫時には1個欠で10個のみ)。
この10個のイモはコンニャクつくりに使おうと思っています。あとのイモは、また畑に植えようと思っていますが、全部は植えきれません。

Has0309101902ckigo2yl5920g02002 Has0409101902bkigo2ym5510g03002

↑ 2008年秋にできた生子が育ったもの(2年生のうち大きいもの)です。
  左:5個 全重量920g、 1個当たり平均重量184g  右:5個 全重量510g、1個当たり平均重量102g 

Has0509101902akigo2ys19650g03002 Has0609101901akigo1ytama38400g02002

↑ 左:2008年秋にできた生子が育ったもの(2年生のうち小さいもの)です。 19個 全重量650g 1個当たり平均重量34g 
   右:今年採れた生子(1年生)。 38個 全重量400g 1個当たり平均重量10g


Has0709101901akigo1yl23700g04003

↑ 今年採れた生子(1年生)。23個 全重量700g 1個当たり平均重量30g

   


|

« イヌマキの果実 | トップページ | ヒメアカタテハ、ツマグロヒョウモンの♂とイチモンジセセリ »

家庭菜園」カテゴリの記事

コメント

ずいぶん大きく育ちましたね。
手作りコンニャクに挑戦なさるんですか。
紫斑のコンニャクとは比べものにならない美味しさでしょうね。

投稿: mico | 2009/10/20 13:04

すご~。いいな、いいなあ。
次はコンニャク製造の記録ですかね~。

コンニャクの花を狙っているんですが、一度「遅かりし」を
やって、そのあと、ご縁がありません。

ぴょんぴょんさんはもう撮影済みでしたか?

投稿: はた衛門 | 2009/10/20 21:39

わぁ~♪
すごい!!
大きなコンニャク玉が、ゴロゴロと大収穫ですネ
コンニャクも、いっぱい出来ますねぇ
いいなぁ~♪
生子もすごい量ですねぇ
我が家は、今年はそのままにしておきます(^^ゞ
もう、消えて無くなってるかも・・・(>_<)

投稿: orenge | 2009/10/21 00:42

mico さん、今日は
コンニャク栽培、どうにか収穫まで漕ぎ付けました。
これから、自家製のコンニャクをつくろうと思っています。うまく出来るかどうか、少々不安ですが、出来たら、またお披露目します。

投稿: ぴょんぴょん | 2009/10/21 14:40

はた衛門 さん、今日は
コンニャク栽培、管理の手間はあまりからなかったのですが、栽培が1年半の長丁場でなので、気が抜けませんした。
今度は、手作りコンニャクへの挑戦です。うまく出来たらお慰みというところでしょうか。

コンニャクの花、聞くところによりますと、3年以上の古玉でないと、花は咲かないとか。大抵は、3~4年で収穫してしまうので、花の咲くのを見るのは大変向くかしくなるのかな~と思います。
私も、わが菜園のコンニャクではまだ花の咲くのを見ていません。
近所で咲いているのを見ましたが、その時は写真機を持っておらず、写真に撮ったのは花が終わった後の種が出来た頃になってしまいました。

投稿: ぴょんぴょん | 2009/10/21 15:02

orenge さん、今日は
ようやく、コンニャク芋の収穫に漕ぎ付けました。
コンニャクは、葉を折ったら、もう新しい葉は出ないとか、傷をつけたらそこから菌が入って全滅してしまうとか、大変デリケートな作物であるといわれましたので、栽培にはちょっと気を使いました。
orenge さんのお家のコンニャクイモ、来年の収穫を楽しみにしています。

投稿: ぴょんぴょん | 2009/10/21 15:12

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65909/46527077

この記事へのトラックバック一覧です: コンニャク玉の収穫:

« イヌマキの果実 | トップページ | ヒメアカタテハ、ツマグロヒョウモンの♂とイチモンジセセリ »