« ウラナミシジミ(裏波小灰) | トップページ | 秋のアメリカ西海岸の旅(2) »

2009/10/03

秋のアメリカ西海岸の旅(1)

「西海岸人気3都市と2大世界遺産巡り」というツアーに参加して、秋のアメリカ西海岸の自然を堪能してきました。3大都市とは、サンフランシスコ、ラスベガス、ロスアンジェルスの3市で、2大世界遺産はヨセミテ国立公園とグランドキャニオンです。 
旅行は9月25日から10月1日の7日間で、大事故・大事件にも遭わず、無事帰国しました。
往きは、東京(成田空港)17:10発、ボーイング777に約9時間乗って、サンフランシスコ現地時間10:30に到着。着後、第1日目はツアーの専用観光バスに乗って市内見学。見学コースは、ゴールデン・ゲートブリッジ、ケーブルカーの体験乗車。その後、フィシャーマンズ・ワーフに行き、そこで、いろいろなお土産店、飲食店などなどを眺めたり、買い物したりした後、土地の名物サワードの昼食となりました。

Ta01090925sft01sfcisco28002_3
↑朝方の金門橋: ゴールデン・ゲートブリッジ(金門橋)は、海霧で橋の頂部だけしか見えませんでした(写2009/09/25)。

Ta01090925sft01sfcisco126002_2
↑ 橋の袂からでは、濃い霧で橋は全然見えません。皆さんがっかり! 夏から秋の間は乾期で、内陸部では雨は殆ど降らないが、海岸部は毎朝”海霧”が発生するという。この海霧は午前中だけで、大抵は午後になると次第に晴れ渡って行くそうです。

Ta01090925sft01sfcisco32502
↑ この海霧は、湾内の冷たい海水面上を、水蒸気を含んだ暖かい空気が吹き抜ける時、空気が冷やされて水滴が発生し、霧となるためだそうです。湾の冷たい海水の起源は、アラスカ方面から南下してきた寒流が、ここに流れ込んできたもので、この寒流は、さらに西海岸沿いに南下してロスアンジェルス沖まで達するとのことである。

Ta01090925sft01sfcisco43002
↑フィシャーマンズ・ワーフ39号埠頭のヨットハーバー内に沢山のアザラシが」いました。海水は冷たいので、海で泳ぐ人はおりません。冷たくて心臓麻痺を起こす恐れが有るからです。

Ta01090925sft01sfcisco43502
↑ このアザラシの群は、南下する寒流とともにやってきたそうです。

Ta01090926sft01yosemitecisco484002
↑ 夕方の金門橋遠望:朝方、立ちこめていた海霧は夕方には無くなっていました。霧が陸地に流れ込んでも、夏季は雨が殆ど無いので内陸部(ラスベガス周辺)は雨が降らず乾燥しています(人口200万人のラスベガスの水はフーバーダムから給水されています)。海岸沿いのサンフランシスコは、この寒流のお陰で涼しい夏が過ごせるのだということを知りました。

Ta01090925sft01sfcisco125002
↑ バスの胴体に、上↑のような金門橋の絵が描かれていました。ガイドさんが、「こういう姿で金門橋が架けられているのですよ」と、慰め顔で説明してくれました。

|

« ウラナミシジミ(裏波小灰) | トップページ | 秋のアメリカ西海岸の旅(2) »

動物」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

自然」カテゴリの記事

コメント

お帰りなさい
いろいろ楽しまれたようですね。
アザラシの群れに驚きました。
朝焼けが綺麗です。

投稿: mico | 2009/10/03 09:56

お帰りなさい。
盛りだくさんのツアーだったようですね、これからも楽しみにしていますhappy01
やっぱり霧のサンフランシスコでしたね~。
それでも寒流の恵みも・・・アザラシ すごい数ですね~。
霧が晴れた後の眺めは素晴らしいですね♪

投稿: zucca | 2009/10/03 13:07

mico さん、今晩は
サンフランシスコにアザラシが沢山いるとは思いませんでした。海水が冷たいので、海岸は夏でも涼しかったです。

投稿: ぴょんぴょん | 2009/10/03 23:46

zucca さん、今晩は
歌に唄われていた霧が実感できました。
霧が低いところを漂っているさまが面白かったです。

投稿: ぴょんぴょん | 2009/10/03 23:56

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65909/46376438

この記事へのトラックバック一覧です: 秋のアメリカ西海岸の旅(1):

« ウラナミシジミ(裏波小灰) | トップページ | 秋のアメリカ西海岸の旅(2) »