« ウインター・クレマチスとトケイソウ | トップページ | ボケの果実酒 »

2009/10/27

ザクロ

菜園脇のザクロ(柘榴)が赤く色づきました。この赤くなった果皮の内部には、甘酸っぱい果肉に包まれた無数の種子が詰まっている。沢山の種子を内臓することから、古代の人は、この果物を子孫繁栄、ひいては国家繁栄のシンボルとして尊んだ。

Ha01a091017s02zakuro05002
↑ ようやく赤く色づいたザクロの実(10月17日撮影)。
ザクロ:ザクロ科ザクロ属。 落葉小高木。 原産地:西南アジア(イラン~北インド)

Ha01b090607s01zakuro001002 Ha01c090607s01zakuro003002

↑ 左:開花(写 2009/06/07) 右:咲いた直後の花びらはしわしわです。
横長のビーンズのようなつぼみが次第に膨らんで、先端が裂けてる。その裂け口から薄いしわしわになった花弁(花びら)が出てきます。花弁は普通6枚であるが、5~7枚くらいの範囲で変動する。
つぼみの期間は長いが、花の寿命は短かく、2~3日の間に、花びらが次々と落ちてなくなってしまう。

Ha01f090607s01zakuro004002

↑花弁が落ちると、6個の三角形の山をもつガク(顎)の内部にはぎっしりと詰まった蘂がみえます(写 2009/06/07)。
かつて、ヨーロッパで、王位につく儀式(戴冠式)のときに、頭上の冠せられた王冠は、このザクロ花を模してつくられたものであるたという。

Ha01h090905s01zakuro01002 Ha01i091017s02zakuro07002

↑ 左:花が咲き終わって約3カ月後のザクロの実(写 2009/09/05)
   右:同4カ月+α後のザクロの実(写 2009/10/17)

|

« ウインター・クレマチスとトケイソウ | トップページ | ボケの果実酒 »

果実」カテゴリの記事

果樹」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

ザクロの蕾から結実まで楽しませていただき
いろいろ勉強になりました。

投稿: mico | 2009/10/27 12:39

mico さん、今日は
今年も、このザクロ熟しても誰も食べる人はいないと思います。で、今年は、口が開いたら、試食しようかと思っています。

投稿: ぴょんぴょん | 2009/10/27 14:45

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65909/46585922

この記事へのトラックバック一覧です: ザクロ:

« ウインター・クレマチスとトケイソウ | トップページ | ボケの果実酒 »