« リチャードソン・ジリス(Richardson's ground squirrel) | トップページ | キビタキの女の子 »

2009/10/14

空から見たシエラ・ネバダ山脈

ヨセミテの観光を終り、再びサンフランシスコに帰って、翌日(9月27日)、飛行機でサンフランシスコからラスベガスへと飛びました。飛行時間は約1時間30分です。途中、機内からところどころ雪に覆われたシエラ・ネバダ山脈の山々とデスバレーの荒涼たる乾燥地形を眺望しました。

Ta01090927sft01lostovegasair27003
↑ 空から見たシエラ・ネバダ山脈。ところどころ雪氷に覆われています。(写 2009/09/27)

Ta01090927sft01lostovegasair11001
↑ シエラ・ネバダとは、「雪に覆われた(ネバダ)」、「山々(シエラ)」という意味のスペイン語で、この地に来たスペイン人が、母国イベリア半島の南部にあるシエラネバダ山脈と同じ様に山々に白い雪が積もっていたので、シエラ・ネバダと呼んだのが、山脈名になった。この結果、スペインとアメリカ合衆国の別個の山脈に同じ山脈名が与えられてしまった。

Ta01090927sft01lostovegasair07001
↑ 融雪水はダムによって貯水されています。

Ta01090927sft01lostovegasair65001
↑ 海岸側から内陸部(東方)へ行くと、次第に乾燥してきます。地層が西落ちの傾斜構造となっていて、東斜面が急崖となっていることが分かります。合衆国本土の最高峰(ホイットニー山。標高4418m)が、北米大陸の背骨と言われているロッキー山脈ではなくて、このシエラ・ネバダ山脈にあることは興味深いことです。

|

« リチャードソン・ジリス(Richardson's ground squirrel) | トップページ | キビタキの女の子 »

旅行・地域」カテゴリの記事

自然」カテゴリの記事

コメント

おはようございます、
居ながらにしてアメリカ旅行を楽しませていただいています。

投稿: mico | 2009/10/15 05:49

mico さん、お早うございます。
地図で見るとそれほど感じませんが、やはりアメリカは広いですね。ラスベガスへは飛行機で移動しました。

投稿: ぴょんぴょん | 2009/10/16 11:49

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65909/46484443

この記事へのトラックバック一覧です: 空から見たシエラ・ネバダ山脈:

« リチャードソン・ジリス(Richardson's ground squirrel) | トップページ | キビタキの女の子 »