« マリポーサ博物館 | トップページ | ヨセミテ滝 »

2009/10/09

ヨセミテ渓谷(Yosemite Vally from Tunnel View Point)

マリポーサで小休憩したあと、我々一行の専用バスは140号線を更に進み、クリアリングハウス、エル・ポータルを経て、ヨセミテ国立公園に入りました。
ジャイアントセコイアの林を抜け、岩石をくり抜いてつくった狭い1車線のトンネルを抜けると、急に目の前が開け、広い谷が遠望できるところに出ました。その谷の形状を眺望すると、ヨセミテ渓谷は日本の渓谷によく見られるV字谷ではなく、アルプスの山中でよく見られる、鍋底形をしたU字谷ではありませんか。
このことは、ヨセミテ渓谷がかつて氷河の削剥作用をうけたということを物語っています。帰国後、文献を調べて見ると、ヨセミテ渓谷は、やはり氷河時代(洪積世の時代)に氷河の削剥作用を受けた谷であることを知り、納得しました。

Ta01090926sft01yosemitecisco243001
↑ トンネル・ビュウ・ポイントから眺めたヨセミテ渓谷(写 2009/09/26)

Ta01090927sft01ayosemite07001
↑ ヨセミテ渓谷の遠望。 左の山は「エル・キャピタン」、中央の三角形をした尖った山は「ハーフ・ドーム」 手前右の山の谷間に見られる滝は「ブライダルベール滝」(落差189m)

Ta01090926sft01yosemitecisco246001
↑ ロッククライミングのメッカ、「エル・キャピタン」。 

Ta01090926sft01yosemitecisco286001
↑ ハーフ・ドーム。 ドームを半分に切ったような形をした山で、垂直に近い急斜面の壁面は、氷河時代に氷河によって削られたためであるという。

Ta01090926sft01yosemitecisco270001
↑ブライダルベール滝(濃い黒い陰の部分。あとで拡大写真を掲載します)。 落ちてくる滝の水が風に煽られて、ちょうど花嫁さんのベールが翻っているように見える。落差189m。

Ta01090926sft01yosemitecisco272001
↑ 岩石をくり抜いてつくられたトンネル。大型バス1台がやっと通れるくらいの狭いトンネルです。

|

« マリポーサ博物館 | トップページ | ヨセミテ滝 »

旅行・地域」カテゴリの記事

自然」カテゴリの記事

コメント

おはようございます、
日本では味わえない風景を居ながらに楽しませていただきました(感謝

投稿: mico | 2009/10/10 05:56

mico さん、お早うございます。
アメリカ大陸の雄大な景色に接して、自然を堪能してきました。アメリカもこのところようやく落ち着きを取り戻してきて、訪れる観光客もやや増えてきたそうです。

投稿: ぴょんぴょん | 2009/10/10 07:43

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65909/46441900

この記事へのトラックバック一覧です: ヨセミテ渓谷(Yosemite Vally from Tunnel View Point):

« マリポーサ博物館 | トップページ | ヨセミテ滝 »