« 菜園の菊が満開です(2) | トップページ | カリフラワー&ブロッコリー:冬野菜の初収穫です »

2009/11/10

イヌホオズキ

キクの花咲く庭の片隅に、ひっそりと隠れるようにしてイヌホオズキが黒紫色の実をつけていました。

Ha01091105s01inuhohzuki13002
↑ イヌホオズキの完熟果実。完熟すると黒紫色になります。
イヌホオズキ:ナス科ナス属。 1年草。 原産地:南アメリガ。 花期:8~10月。
全草に有毒成分ソラニンを含むそうです。したがって、果実は食べない方が賢明。しかし鳥は食べても平気のようです。

Ha01091105s01inuhohzuki10002 Ha01091105s01inuhohzuki08002

↑ イヌホオズキの葉と緑色の未熟な果実。果序は総状。 

Ha01091110s01ainuhohzukitane03001

↑ イヌホオズキの種子。 沢山の種子が入っているが球状顆粒は見られない。よく似たオオイヌホオズキやアメリカホオズキには粒状顆粒が含まれているので、この粒状顆粒の有無で区別が出来る。
 

Ha01091110s01ainuhohzukitane04002

↑ イヌホオズキの種子の拡大図。 種子の直径約2mmm。

|

« 菜園の菊が満開です(2) | トップページ | カリフラワー&ブロッコリー:冬野菜の初収穫です »

ガーデニング」カテゴリの記事

果実」カテゴリの記事

野草」カテゴリの記事

コメント

イヌホウズキいろいろ勉強になりました。
探究心に感動です(尊敬

投稿: mico | 2009/11/11 06:49

あれまあ、なんとタイムリーな…。
イヌホオズキ類の見分けで迷っていたところです。
そうか、こういうチェックポイントもあるんですね。
葉も萼も、なかなか決定的ではなくて困ってました。
さっそくチェック、と思ったら、残念、雨になってしまいましたね。

あ、生姜糖、マネして作ってみました。
ザラメがなくて、手元にあった三温糖でやったら、
白い粉がふかずにベタベタになりました(泣)。

投稿: はた衛門 | 2009/11/11 07:17

mico さん、今晩は。
赤い実のハナナスを見て、吃驚しましたが、こちらは黒紫色のイヌホオズキです。どちらもナス科なのですね。
でも、野菜のナスのように、気楽に食べることは出来ないので、気をつけないといけませんね。

投稿: ぴょんぴょん | 2009/11/11 18:46

はた衛門 さん、今晩は。
イヌホオズキは見慣れた野草と思ったら、そっくりさんがいて、判別が難しいことを知りました。
果実の中身の種子や顆粒が品種を判別する決め手になるとは、イヌホオズキに出会うまで知りませんでした。
生姜糖は、最後の砂糖の白い粉をふかすところが難しいですね。私も以前、普通の砂糖でやって、鼈甲飴のようにしてしまった経験があります。ザラメはちょっと値段が高いですけれど、リベンジしてみてください。ひたすらかき回して、無我の境に入った頃に、突然白い粉が噴出します(o^-^o)。

投稿: ぴょんぴょん | 2009/11/11 19:24

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65909/46728629

この記事へのトラックバック一覧です: イヌホオズキ:

« 菜園の菊が満開です(2) | トップページ | カリフラワー&ブロッコリー:冬野菜の初収穫です »